ニコン:希望退職1000人募集、特損480億円-半導体装置で赤字

ニコン、国内で希望退職1000人 半導体装置が不振 | Reuters

赤字出してからリストラに踏み切る経営者は無能だといわれても仕方がないが雇用を考えて粘るのは個人的には日本らしくて好感が持てる。

60億の赤字で480億の特損出さなきゃ420億の黒字見込みだったわけなので赤字をギリに抑えた最後の選択だったのかもしれない。

翌年から200億の固定費が削減できるので2.5年で回収なら悪くない。

経営間違えば1000人どころか1万人が路頭に迷うわけなので早め早めの対応が必要で経営者もわかっちゃいるが愛着がある会社であればあるほど着手できないのかも

最終的に売り上げ落ちてテコ入れしても利益が出ない事業を切り捨てるのは欧米化し始めているが今の欧米の経営者ならもっと価値があった時に事業売却しているだろうしできないのは日本人の限界。

社員側に目を向けると1000人の希望退職準備に480億の特損出すらしいので単純に割り算すれば一人当たり4800万を準備している。

実際は終了する事業の処理などがありそれよりも少ないだろうが最近の流れに則って雇用年数に応じて最大給与24ヶ月分の積み増し金を用意しそうな感じ。(ただの予想)

映像は詳しくないのだがスマホやアクションカメラやウェラブル機器などで海外のメーカーに映像の技術者は引っ張りだこのような気もする。

希望退職って平等に扱う必要があるので優秀な人材が流出して使い物にならない人が居座るケースが多いから、経営側も優秀な人材だけ引き止めに入るので引き止められた人は俺は外でもいけるぞと自信をもって割増退職金もらってやめるのが吉かも。

逆に技術者、営業職以外はできるだけ減らしたいだろうし潰しが効かない職の人は辞めたら非正規人生が待っているので割増あっても居座り続けるのが吉でしょう。

これから経営側も被雇用者も大変でしょうが頑張ってください。

11/9追記

そして優秀な人材を希望退職(割り増し付き自己都合退職)で辞めさせた会社は人材流出でどうしようもなくなり恥も外聞もなく再雇用をすることになる。。。

シャープ、退職社員のカムバック制度 技術者を対象 :日本経済新聞

シャープとパナソニックの退職された社員さんと故はあって少し交流があったのだがやっぱみなさん優秀な方ばかりで人としても確かで一流企業の名のもとでもそうそうあれだけの人を集められないだろうと感じた。

関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Close your account?

Your account will be closed and all data will be permanently deleted and cannot be recovered. Are you sure?

Are you sure?

By disagreeing you will no longer have access to our site and will be logged out.