ソニー社員退職強要からの自殺の件でひとこと

スポンサーリンク

軽度身体障害者を退職強要したところ自殺した件で思うこと。

身体障害者の人を雇うことは企業としての勤め。

余裕があるうちは社会貢献として適度に雇うが余裕がなくなってくると退職に追い込むのはどこの会社にでもあるのだろうか。

特に腕を切断してしまったとか足が動かないとか視覚的に身体障害を持っている人に対しては人は優しくなれるものの精神疾患は見た目で分からないから人によっては強く当たることになる。

勤めている会社でも身体障害者の方を結構な比率で雇っているがやってもらうのは健常者と同じ業務内容。

出先には行けないのは仕方がないが内勤者と本当に同じ仕事を任せている。

給与もリアルに健常者、障害者の差別はない。

なので残念ながら健常者と同じコミュニケーション能力がない精神疾患を持つ人は雇用していない。
全ての社員に同じように仕事をやってもらうことが方針なので仕方がない。

障害者の受け皿としては選別してしまう分弱いが能力さえあればすべてを平等に扱うところは進んでいるのかもしれない。

オフィスのドアが開けにくいから工夫したシステムにしたりバリアフリー化は当然している。

困っていたら助け合うし、そんなことにいちいちお礼も言わないし期待もしない。

会社は障害者を受け入れているなんてアピールすらしていない。

もちろん残業だってやってもらうし、失敗すれば普通に怒る。

変な遠慮はない。

このニュースを見なければ一緒に働いている人を身体障害者だと忘れていたほど。

もちろん成果がでなければほかの人同様に辞めてもらうことになる事も伝えているが管理職だけが知っていることだが実態は希望退職の対象の優先度からは低くなる、もしくは外れている。

自社をひどい会社だと思っていたが、身障者に対する対応は正しい気がする。
ソニーの場合、もし戦力外やローパフォーマーでいいと社会貢献のつもりで雇っているんだったら会社が潰れる最後の最後まで責任を取るべき。

持て余していじめて辞めさせようとするぐらいなら最初から雇うべきではない。

それが企業の責任だ。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする