退職したら世界一周が夢

スポンサーリンク

自分が20代の頃、50代の人はよくそんなことをいってた気がする。

最近は旅行といったら一ヶ所の長期滞在が人気だし、周りでもそんなことを口走る人もいなくなった。

でも退職したら世界一周の夢を持っている人はいると思う。

そこで真面目に現実的な世界一周を考えてみた。

クイーンエリザベス号など豪華客船で世界一周だとリアルに1千万以上かかり非現実的なので却下。

何度か聞いた記憶があるのがピースボートという単語。

40代以上のみなさんも聞いたことはあるのではないだろうか?

NGOが運営している客船の激安世界一周旅行。

80万円台で行けた気がする。

80年代に開始していて今でもやっているかと調べてみればあった。

ピースボートホームページ

直近が94回「セーヌ川北極圏をゆく世界一周」で一番安い4人相部屋が129万円也。

すごい94回も開催しているのか。
以前よりかなり値上がりしているが23カ国も廻るしこれなら一生の思い出として手が出せる。

でも、若い頃ならいざ知らず、相部屋は嫌だな。

シングルルームだと300万円になる。

さすがに高い。

もしこの世界一周ツアーをLCCの航空会社&ホテルでやってみたらどうなるのだろう?

そこでエクスペディアで同じ日程でいくらかかるか調べて行程表にしてみた。

世界一周

船と違って寄港ではなく空港着なので都市は全て国際空港がある町になる。

相部屋は嫌なのでホステル、ドミトリーは避けてちゃんとしたホテルで安めなところを選んでいる。

ピースボートの船だと朝着夜出発で陸に丸1日も滞在できないが飛行機ならあっという間なので各地に長期滞在できて遊びたい放題だ。

残念なことにニカラグアからエルサルバドルの便が見つからなかったのでピースボートの完コピーは出来なかった。

でもほぼ同じ旅程が196万円で行けることがわかった。

見ておわかりの通り日程をコピーした都合でバミューダ諸島に7泊とハワイに14泊の滞在費だけで全体の半分近い旅費がかかっている。

ここを短縮するか削って宿泊費の安い地域に振り替えれば120万円で回ることができそうだ。

それにエクスペディアでは往復運賃+ホテル代で計算しているので復路のチケットは捨てていく前提なので復路分をキャンセルとか最初からなしにできれば更に安くなる。

これだけ遊べる日程でピースボートの相部屋より安い。

もちろんピースボートの中で色々な人と仲良くなるかもしれないし船内のイベントで思い出も作れるかもしれないが自分の都合でふらふらと遊べる空の旅だって悪くない。

この経路でいく必要はないが、いつかは世界一周旅行と夢にみている人であればピースボートやエクスペディアで企画する世界一周を検討してみてはいかがだろう。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする