移住先アンケートをみて

スポンサーリンク

首都圏50〜65歳721人を対象に移住に関するアンケートがあった。

首都圏だけだが母数があるのでそれなりのデータになっているはず。

移住するとすればで聞いた結果、国内が51.0%、海外が19.4%、特になしが29.6%。

妥当なところだ。

海外のランキング

出典 エキサイト

アメリカ 35.7%

カナダ 7.9%

オーストラリア6.4%

マレーシア6.4%

タイ 5.0%

韓国 3.6%

もうこれはただのイメージでしかない。

アメリカでリタイアメントビザは発行していないし永住権の条件はかなり厳しい。

アメリカの企業に勤めるか転勤でアメリカに行ってワーキングビザを取る以外に移住は難しそうだ。

カナダは1年半の観光ビザが取れるがリタイアメントビザはない。

毎年往復する余裕があれば住めないこともないか。

オーストラリアは退職後の移住に55歳以上で4000万〜6000万円の資産があることが前提。

一般的に年金生活を考えている人には敷居は高い。

タイは約1000万円の預金、マレーシアは1600万円の預金と一定の収入の組み合わせで10年間のリタイアメントビザが取れる。

タイには50歳以上の条件がありマレーシアは年齢制限はないが50歳以上であれば1000万円強の預金でビザが取れる。

この中で現実的な移住先としてはカナダ、タイ、マレーシアだろう。

次に国内

出典 エキサイト

東京 20.9%

沖縄 12.0%

神奈川 8.4%

北海道 7.3% 

長野 5.2%

東京と答えているのは関東周辺の人だろう。

金と東京に家さえ持っていれば正しい選択だと思う。

この調査からわかるのは移住に対して意識高い人はかなり少ないという事だろうか。

それにしてもせっかく地球の歩き方と指差しを貯まっていた楽天ポイントで買ったのにいつ行けるのだろう…

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする