相続についてのお尋ねが届く

スポンサーリンク

父親が亡くなりちょうど5ヶ月で相続についてのお尋ねが先ほど届いた。

相続金など葬儀費用を控除したらじゃんけんでもらう人決めようかと冗談でいっていた雀の涙なので2分で書き終えて提出してしまった。

任意提出だが税務署に要らぬ嫌疑をかけられる必要はない。

提出してから調べてみると何も亡くなった遺族全てに送っているわけでないようで過去の所得税の確定申告書状況や、勤め先からの給料額、不動産譲渡の申告を鑑みて決めているらしい。

更に「相続についてのお尋ね」に加えて「相続税の申請書」も送られている場合は税務署がほぼ相続税があると判断した遺族になる。

申請書は送られてこなかったがチェックシートは同封されていた。

申告が必要と疑われているのか?

相続税控除額 = 3000万円 + ( 600万円 x 相続人数)

なのでこの1/10も資産は残っておらず何をどう間違えればそうなるのかがわからない。

逆に遺族が見つけていない資産を税務署が把握してくれたのではないかとポジティブに考えることにした。

もしどこかにある隠し財産をロックオンしてくれるなら税金なんか耳を揃えて支払うので是非教えて欲しい(笑

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする