FitbitがPebbleを食べちゃった

スポンサーリンク

押入れ探したらPebbleもFitbitも出てきた(笑

なんでも出てくるうちの押入れ。

どれだけ変なガジェットに散在してきたか理解していただけただろうか。


Fitbitの腕バンドの部分は行方不明で本体と充電器が残ってた。

Pebbleは充電したら普通に動いたし箱もある♪( ´θ`)ノ

Apple Watchは買う気がなかったがPebbleは欲しかったので買ってあった。

FitbitがPebbleの一部資産を買収、Pebbleは事業終了へ

スマートウォッチ事業が終わってしまうのは残念。
PebbleはクラウドファンディングのKickstarterで資金を集めた中でも特に成功を収めた企業の一つでもありスマートウォッチの雄でもあった。

Apple Watchより前に発売され当初はかなり順調だったがApple Watchでさえそのうちラインナップから消えそうな状況でネームバリューもなく苦戦していたのだろう。

とうとう買収されることになった。

相手はFitbitというヘルスウォッチ作ってる会社。

少し前までダイエットしていて使っていた。

簡単にいえば腕時計型万歩計。

万歩計をスマホと連動させているだけで価格は同じくらい。

Pebbleより大したことはできないが目的が明確になっている分結構売れている。

Pebbleの魅力はスマホと連動させて通知させたり、ウォッチフェイスをユーザーが作ったのや自分が作ったのに変えられたりみんなが作ったアプリを使え、防水になってたりと自由度が高くバッテリーが1週間程度持ちスマートウォッチの中ではよくできた時計だった。

Apple Watchや他のスマートウォッチは精々2日で最初は1日程度しか持たない。

時計で1日しかバッテリーが持たないなんてダメ。

だから液晶を捨ててe-paperを採用したPebbleに期待してた。

でもスマートウォッチそのものが伸びない。

これはApple Watch 発売当初から絶対消えるガジェットだとTwitterでいい続けてた(笑


来年にはそろそろAppleも諦めるだろう。

Pebbleは最初スマホに連動させてメールの頭の部分を表示させて便利に使っていたがゴムバンドが夏に蒸れてシャレにならないのでいつの間につけるのをやめていた。

買収ニュースで探してみたら押入れに入っていたわけだ。

買った当初はフォーラムとか見て回っており、かなりコアなファンがいる時計なのでみんな残念がっているはず。

すでにPebble.comでは販売中止しているがアマゾンでまだ転売業者の在庫が少し残っているので購入して保管しておくと退職する頃退職金代わりに高値で売れるかも。

投資は自己責任でね。

それとも10〜20年後にはめて周りに自慢するのも楽しそう。

ただしその頃にはウォッチフェイスもアプリも見あたらないだろうから今のうちにダウンロードしまくってDVDにでも焼いて一緒に眠らせておくのが吉。

また無理矢理なニュースだった。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする