19年働くと丸1年休んでいい計算になった

スポンサーリンク

みなさん年次有給休暇(年休)を消化しきれているだろうか?

自分の場合は年度期限になると毎年13日捨てている。

これはほぼ毎年変化がない。

年休は与えられた年に使わなくても翌年に持ち越せる。

但し、翌年使いきれないと消えて無くなる。

年休の時効だ。

企業によっては就業規則などに記載があって年休を買い取ってくれるところもあるらしい。

しかし勤めてる会社に買い取り制度はない。

時効で消える会社も周りには多い。

どこもサクサク年休が消えていく。

毎年13日ずつ年休を捨てていくと19年目で247日となり平日が2016年だと247日でちょうど同じになる。

これって1年間まるっと休暇を取れるわけだ。

もしくは19年前から現在の平均年収分を会社に贈与した事になる。

自分は仕事嫌いなので仕事好きな人は休日出勤と代休取得で年休も取れずもっと捨てているだろう。

以前、とある誰でも知ってる大企業に勤めてる知り合いが十数年間のサービス残業時間を手帳に書き留めていて、何を思ったか突然会社にサービス残業全額請求してすったもんだあった末に貰ったと聞いた。

周りでも有名なクレーマーで知人ではあるが決して友人ではない。

請求する方もする方で図太い人だが会社も会社でよく支払ったものだと感心した。

下手な退職金より多かったらしい。

その後役職についていて自分と同じくらいのポジションまで昇進している。

そこは労組が強い会社だから出来たのだろう。

普通の会社でそんな騒ぎを起こせばもし差額を貰えても理由をつけて会社から叩き出されるのがオチ。

とあるこれも有名な企業でそこの社員と深夜まで仕事をしていて帰るときに自社ビルを指してあのビル俺達のサービス残業で建ったんだよと愚痴を聞いた。

バブル期に比べれば残業も減っているし代休までが消えていくことは無くなったが相変わらず年休は消えていくしサービス残業は僅かに減っているだけ。

これがムカついて会社や上司の意向無視して改善活動を3年かけて実残業時間をかなり減らすことに成功した。

なんとか人間らしい生活がおくれるようにできたと思う。

これが社員に対する唯一の貢献。

ただ自分が辞めるとケアする人もいなくなるので徐々に実残業が増えていって元に戻ってしまうのだろう。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする