なぜ仕事を辞めたのに眼精疲労になったか?

スポンサーリンク

仕事柄パソコンを眺めている時間が長かった。

1日最低5時間。

35歳を超えたあたりから数年に1回眼精疲労で眼科に行ってた。

歳を取るたびその頻度が上がってくる。

退職前の年次有給休暇で仕事をしていないしパソコン眺めていないのに目の奥が痛い。

痛みが肩まで降りてきている。

かなりキツめの眼精疲労になった。

毎回痛くなるのは右目。

利き目だからだろう。

今回も同じだった。

おかしいなぁ。

パソコンほとんど見なくなったのに。

じっくりと考えてみればその代わりにiPadかスマホをパソコン以上に眺めていることに気づく。

動画ならましだがブラウザなどで文字を読んでいる時間が長い。

下手をすると調べ物から思いついてまた別の調べ物を延々と続け5時間ブラウザで文字を読んでいることもある。

スマホはもちろんiPadもmini4なのでパソコンより文字が小さい。

これはいかん。

仕事だとパソコンばかりではなく時間の半分は打ち合わせをしているので仕事辞めた方が液晶で文字を眺めている時間が長くなっている。

そして老眼が少しずつ悪化しているので一層眼を酷使してしまったようだ。

とりあえず痛み止めにカロナールを服用して昔足を挫いた時に処方されたロキソニンゲル1%を肩に塗り込んだ。

あくまで対処療法だがこのロキソニンゲル1%の効果は素晴らしい。

肩こりくらいなら確実に消える。

アマゾンには更にきついボルタレンゲルも売っている。

ロキソニンゲル無くなったらこれを買うつもり。

ただあくまで痛みを消しているだけなので常用はNG。

ロキソニンの服用は胃に悪いのでやめたがゲルならOKという自分の中のルール。

これでもまだ痛みが頑固に残っているので目薬を薬局買いにいくか眼科に行くか迷っていた。

自分の場合目薬なら参天製薬のこれ一択。

5mlの小さなボトルに小分けされていて使い切りなので防腐剤入ってないし、眼科で処方された目薬と同じピント調節機能改善薬が入っている。

眼精疲労までいかず眼疲労の場合はこの目薬使っていた。

ただ今回は頑固そうなのでいつものように近くに出来た眼科でミオピンとビタミン剤を処方して貰いに行った。

「目の奥が痛くて眼精疲労ぽいので痛みが改善する目薬下さい!」

しかし診察の結果はドライアイ。

「え、ドライアイ?いわれたことないんですが?老化ですか?」

医師曰く老化ではなく環境や気候、天候によって云々。(よく聞いてなかった 笑)

実際に画像で角膜に傷があるのを見せてもらった。

間違いはないようだ。

処方されたのがステロイドのフルオメトロンとドライアイのジグアス。


うーん、ステロイド剤って…眼に炎症なんてないぞ、筋性眼精疲労のはずだけど。。

普通はネオスチグミンのミオピンとビタミン剤だろー、と思いつつ角膜に傷があるのは間違いないからしばらく点眼してみるか。

仕方がないので明日も痛みが引かなかったら参天製薬のひとみストレッチを買ってこよう。

根本的な対策は老眼鏡とスマホ使う時間を減らすことだな。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする