クラウドマイニングで仮想通貨は稼げるのか? 試してみた

スポンサーリンク

仮想通貨はファンダメンタルが読めないので手を出しずらい投資だ。

乱高下しているし、いつ終了するかわからないのでおススメ出来ない。

でも30万円まで仮想通貨の最大シェアを持つビットコインが上昇したので小遣い稼ぎに1BTCだけ手を出して数万稼いで逃げようと思ったらすぐに25万まで下げた^^;

赤線で手を出して途中で投げて下がる途中で買い戻したのでなんとかトントン。

いま仮想通貨ブームだが以前もバブルになって弾けているので今回もまた数十分の一まで落ちるかもしれないし、煽っている人々がいうように1BTCが1000万円まで上昇するかもしれない。

それは神のみぞ知る。

前回のバブルと違うのは大企業も参加していること。

少しは期待できるが不安材料が出れば一気に下がるのは同じ。

分裂問題やらハードフォーク問題でリスクを十二分に孕んでいる。。

仮想通貨はロマンなので大金を投入するのは危険だ。

あくまで少額投機狙いでとりあえずビットコインはこのまま放置して追いかけずにもし1/10にでも急落したら少しだけナンピンする。

そしてあろうことかクラウドマイニングにも手を出してしまった^^;

そこでクラウドマイニングに関する経験を記載しておく。

  1. 1.仮想通貨のマイニングとは?
  2. 2.クラウドマイニング
  3. 3.どれだけ投資したか?
  4. 4.イーサリアムのマイニング実績は?
  5. 5.ジェネシスマイニングの投資の手続き
  6. 6.ウォレットの作り方
  7. 7.マイニング実績の確認方法

1.仮想通貨のマイニングとは?

俗にいう仮想通貨の採掘。

P2Pの仕組みを利用することで簡単に送受信でき、決済手数料も極めて安価なことから、ネット決済ツールとして日増しに存在感を強める仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」について、一体どのようなもの

ざっくりいえば仮想通貨は銀行のデータセンターが管理しているわけではないので誰かがそれを肩代わりしていこう、みんなのコンピューターでやりましょう。

そして通貨を発行するオーナー(政府)はいないので処理を手伝ってくれた中でクイズに答えて当たったコンピューターに少しだけコインを振り分けるね、というのが採掘。

流通量と一定期間に配布される量は決まっているので採掘するライバルが増えれば増えるほど入手できるコインは減る。

だから単純に上昇相場で儲かるわけでもない。

高速なグラフィックボード積んだパソコンや専用機を使って採掘する人が多いようだが、専用のパソコン組んだり海外から専用機を輸入するのはとても面倒だ。

パソコンが趣味でなきゃやってられない。

最速パソコンを組むのが趣味のベンチマーカーなら嬉々としてやるんじゃないかと思うが自分にそんな趣味はない。

それに電気代とハッシュレート調整して黒字にするのも奥が深くて大変そう。

夏に向けて高温になるグラフィックボードを冷却するために部屋全体の冷却対策など相当気合いをいれないとできない。

2.クラウドマイニング

そこで金だけ払って会社に採掘を丸投げするのがクラウドマイニング。

電気代の安い国にデータセンターを作ってその中でサーバーを貸して支払った能力分を採掘出来る。

既にマイニングソフトも設定されており支払いをすれば採掘を勝手に開始してくれる。

少し前だったら確実に赤字だったが今のレートなら黒字化できるようになった。

ただしあくまで2017/6/20現在のバブルなレートで黒字なので安定した投資を目指している人は手を出してはいけない。

それにマイニング会社はレンタルサーバー&ソフトの実装&サーバー運用(まさにクラウド)をしているだけなのでどれだけ採掘できるかを保証してくれるわけでもない。

クラウドマイニング会社は大半が詐欺で資金だけ集めて倒産して消えているらしい。

こういったビジネスが横行するので仮想通貨はうさん臭くなる。

3.どれだけ投資したか?

それでも例えば0.7円が30万円に跳ね上がる世界はロマンなので約1ビットコイン分を投資してみることにした。

投資先のクラウドマイニングはジェネシス・マイニングを使う。

この会社あちこちのブログで紹介されているので安全かと思いきや自身は数千円とか少しだけ投資してアフィリエイト目的のブロガーさんの掲載が多いだけの模様。

皆がやってるからといって安全なサービスと勘違いしない方がいいね。

自分はロマンを追いかけてイーサリアムの採掘に2年間の契約でハッシュパワー100MH/sを2715.05ドル(30.7万円)投資してみた。


もし100MH/sの能力を出すなら最新のグラフィックボード4枚積んだパソコンが必要になる。

CPU能力落として電源高キャパでGTX1080を4枚入れて安いデスクトップで構成しても30万円強になっちゃう。

日本の電気代が1kw/h=27円で最低500wかかるとして2年間で22万円なので52万円。

2年後にパソコン売り払って15万円で売れても投資が37万円なので実機よりクラウドの方が少し安いか。

ただ実機なら通貨のレートが下がって儲けが出ないならやめることができるけどクラウドは先払いなのでそうはいかない。

本当はイーサリアムでなく別の仮想通貨にしたかったのだけれどクラウドマイニングも人気化しているようでイーサリアムかビットコインしかジェネシスマイニングのクラウドサーバーの在庫が残っていなかった。

おそらく原資も回収できないだろうが10倍に化けないとも限らないのがこの世界なので1/3も戻ってこないリスクを許容できる余裕が必要だ。

4.イーサリアムのマイニング実績は?

イーサリアムに100MH/sパワーは具体的にどれだけ稼げるかといえば実際の採掘結果がこの通り。

2日間の実績が約0.05 ETH / 日 でイーサリアムの1ETHのレートが4万円だとすれば1日で2000円の収益になる。

送金手数料無視すれば153日で投資分が回収できて残りの約1年半は利益になる計算。

捕らぬ狸の皮算用で仮想通貨バブルが弾けないこととライバルが増えないことと、この会社が潰れないことが前提だ。

5.ジェネシスマイニングの投資の手続き

ここまで警告して手を出す奇特な人もそれ程いないと思うがせっかくなのでクラウドマイニングの投資を手順化しておく。

まずジェネシスマイニングのURLへいきサインアップボタンを押す。


メールアドレスやパスワードを設定してサインアップを完了させる。

そしてメニューからマイニングを始めるを選択する。


次にどの通貨をマイニングするかを選び、スライドゲージを動かしてどれだけのハッシュレートを購入するか決める。

(購入時点ではビットコイン、イーサリアム、Moneroしか選べなかった。)

自分はイーサリアム100MH/sを購入した。


下の方にスクロールして支払い方法を決める。

クレジットカードか仮想通貨での支払いを決めて続行する。

なおクレジットカードを選択した場合は約30日間採掘した仮想通貨を自分のウォレットに入れることはできない。

要は約30日間換金できない。


次にプロモーションコードはebn1hKを入力してもらうと3%ディスカウントされる。

コード入力後検証ボタンを押す。


あとはクレジットカードの情報入力すれば完了。

最後の認証は1分くらいかかるので気長に待とう。

完了すれば下記の重要な注意事項の通り採掘が始まる。

開始時間にもよるが最初の採掘結果が出るまで36時間程かかるのでメッセージの通り辛抱強く待ってみよう。

くどいがクレジットカードの支払いだと約30日間換金ができない。

あとスマホで利用が増えているJaxxは使わないほうがいい。

気軽に使えるので便利なのだが送信料がびっくりするくらい高い。

途中までBTCのウォレットに設定してマイニングの保管先にしていたがスマホが壊れたら怖いので別のウォレットに移したら送信料が4000円以上かかった。

更に数千円は端数で取り出すこともできなくなるので結果約1万円が消えた。

まだジェネシスマイニングが紹介しているウォレットの方が安い。

6.ウォレットの作り方

次に自分のウォレット(電子財布)の作り方と設定方法。

ウォレットに仮想通貨を保存し換金などの操作をするので大切なものだ。

メニューからマイアカウントの設定を選択する。

マイアカウントからウォレットを選択する。

仮想通貨が色々あるので自分がマイニングを選択した通貨を見つける。

該当の「こちらをクリック」をクリックする。

例ではEhter(イーサリアム)のマイニングにしたので赤矢印の「こちらをクリック」をクリックする。


すると該当のウォレットサービスにジャンプするので任意のパスワードを入力して自分のウォレットを作成する。

やることはパスワードを入れるとアドレスと秘密鍵(プライベートキー)が生成されるのでしっかり控えておこう。

分からなくなると二度と自分のウォレットが操作できなくなりコインを取り出すこともできない。

アドレスはメールアドレスのようなものなので他人に知られても問題ないが秘密鍵は絶対公開してはいけない。

そして先ほど作ったウォレットの自分のアドレスをマイニングする通貨の枠に入力して保存ボタンを押せば完了。

(サンプルは作者のウォレットのアドレスなので間違えてそのまま入力しないでね)

あとスマホでシェアのあるJAXXをウォレットにするのはやめたほうがいい。

送信料が異常に高い。

BTCのウォレットにJAXXを使用していたのだがスマホが壊れたら取り出せなくなるのが怖いので別のサーバー型のウォレットに移したのだが送信料に4000円と端数の一部が送信できなくて1万円近くが消えた。。。

まだジェネシスマイニングがこちらをクリックで紹介しているウォレットの方が良心的な送信料になっている。

7.マイニング実績の確認方法

マイニング実績の確認はメニューから注文状況で確認できる。


こんな感じで残高と履歴が表示される。


胡散臭くても仮想通貨が話題になってマイニングのサーバー増設も追いついていないのか売り切れ続出なので万一始めるなら早い方がいいだろう。

但し仮想通貨は株式投資の配当のように何も生み出すものがない投機であることを理解して余裕ある資金で、下手をすればほとんど消えること覚悟で自己責任で投資して欲しい。

タイトルの稼げるのか?の答え

ジェネシスマイニングで30万円投資後1ヶ月経った結果><
約1ヶ月前にジェネシスマイニングに30万円投資した。仮想通貨をクラウドのサーバー使って採掘する投資だ。ジェネシスマイ...
スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする