マレーシアへ行くのにどの空港から出発すると安い?

スポンサーリンク

バンコクに続き、日本からマレーシアへ行くためにどの空港からフライトすると安く往復できるか調査してみた。

航空会社は閑散期や繁忙期やタイミングで価格がまちまちなので特定の日程で比較した。

調査日も同じ2017/7/5(水)-7/12(水)の往復で国際空港は6箇所あるもののクアラルンプール空港のみとした。

空港は乗客数トップ10としている。

各空港の往復航空券の安値トップ3の会社を並べた。

今回もエクスペディアスカイスキャナーを利用する。

安い順で並べると中部、関西、成田・羽田となる。

中部のベトナム航空の27252円はいくら何でも安すぎるとベトナム航空のサイトで同じ価格でチケットを取れるか調べたが存在していないしスカイスキャナーで予約を少し進めてみるとチケットがないと途中でエラーした。

ネット旅行代理店もまだ完全ではないようだ。

従って正しくは関西、成田・羽田、福岡の順で安い。

バンコクと比べると地方からクアラルンプール行きは直行便でなくLCC+FSC(Full Service Carrier)、LCC+LCCの組み合わせで一旦成田か羽田にLCCで飛び、その後LCCかFSCでクアラルンプールへ飛ぶルートが多いようだ。

鹿児島のピーチとエアアジアの乗り換えで43586円なのでかなりお得感がある。

もちろん直行便でこの価格だともっと嬉しいだろう。

FSCとしてはベトナム航空がクアラルンプールバンコクも安い便が多い。

特に成田・羽田の便などLCCに迫る勢いだ。

LCCが無理でFSCの席の広さ(シートピッチ)が重要でベトナム航空の就航がある空港ならエクスペディアやスカイスキャナーなどネット代理店など使わずに同航空のHPから直接安い日程を探して予約してもいいくらい。

トップ3の空港で就航しているエアアジアの最安値のレンジが2万円後半から3万円前半なのでバンコクより数千円高い。

この時期だと押し並べて4万円前後でクアラルンプールまで行くことができる。

バンコク便が安かった新千歳と那覇はクアラルンプール便については高めになっている。

関空で時期を選べばクアラルンプールに3万円弱、バンコクに2万円強で往復できるのでバンコク・クアラルンプールに冬(向こうの乾季)半移住するなら大阪や和歌山を日本の拠点にするのがよさそう。

関空-バンコクはタイエアアジアとスクートが安い便を販売しているのでいいが、関空-クアラルンプールはタイエアアジアだけなので、もしタイエアアジアが撤収すると他の空港と相場が変わらなくなってしまうリスクはある。

国内拠点の半移住候補地の札幌、仙台、福岡で各空港からフライトした場合の旅費を考えると福岡がバンコクもクアラルンプールどちらにも安いので有利だとわかった。

6/28 追記

スカイスキャナー使ってもっと簡単にどこの空港から出発したら安いか調べる方法があった。


出発地を日本、目的地をクアラルンプール、出発日を月全体にすれば簡単にその月で一番安くフライト出来る空港順でランキングにしてくれる。

8月の航空料金が安いのは関西、札幌、福岡、東京、中部の順。

逆も出来て出発日を8月全体、出発地日を関西にして目的地を何も入れずに全ての場所にすれば「8月に関西からいける国内、海外のどこでもいいから安い航空料金順」が表示されるので定年退職者が日程を限定せずどこでもいいから安い海外に行きたい時に使える。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする