退職日前日

スポンサーリンク

明日退職なのでもれなく会社の退職処理をしなければならない。

最後の退職の挨拶メールしてPCと関連品、携帯電話、入館カード、鍵、保険証返却は準備済み。

いまは自分でも驚くほど平常心でいる。

既に年次有給休暇消化に入って2ヶ月近いしここ半月は仕事に関する相談も来なくなったので退職した状態となんら変わらないからということもあるが一番の理由は会社に未練がないからだろう。

10年前であればまだやり甲斐のある会社だったが今の社内にそんな仕事はない。

経営状態が悪くないようにIRをうまく出す会社で未だに時価総額はクソ高い。

一方内情は管理職の大半がこの会社あと何年もつだろう?とすら考えている。

離職率も極端に高くなり経営層の離脱も著しい。

このあたりを面白おかしく書けば取材もやってきそうだが恩こそあれ憎しみで辞めるわけではないし社会人の最低限のルールなので退職エントリのように社名を明かす気はない。

それに残してきた部下やお世話になった同僚・先輩も多くいるので会社の行く末は心配している。

兎にも角にも頑張ろうという気が起きない会社になってしまったのが退職日前日になんとも感じない理由だろう。

退職金(CB)は一時金にしてDCは指定の管理会社に任せるのでリスクは事前回避済み。

健康保険組合の任意継続はあるがまさか2年や3年で潰れる事はないだろう。

今の意識は7月のタイ旅行や未定のマレーシア旅行でその先にある半移住計画や直近は離職票を受け取った後の失業保険の申請や国民年金の受付に向いているし投資した途端に弱くなった仮想通貨の方が気になる。

そういえば6月は不整脈が日に1、2回しか起きていないか気がつかなくなっている。

5月は何も感じていないと思っていたがそれでも退職に関するストレスが蓄積していたと今更気がつく。

気がついていないストレスというのもあるので明日の最終日で何か心境に変化があるかもしれない。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする