台風直撃のなか任意継続健康保険証到着

スポンサーリンク

台風の中郵便局の配達員が勤めていた会社の健康保険組合の任意継続健康保険証を届けてくれた。

ニュースを観ながら夕方台風直撃なので後任の部長は早期帰宅の指示を出したかな?とか21時には台風抜けるから帰れなかった人は風が止むまで会社に待機させて返せばいいかなどと対応を頭で巡らせてしまった。

職業病かまだ気持ちが完全に無職になっていないようだ。

それか昔の映画の台風クラブじゃ無いけれど台風が来るとテンションが上がってしまう性格のためか。

次に出勤・帰宅に台風直撃したら「会社勤めは大変だなぁ」とニュース観ながら他人事のように思えるようになるだろう。

さて到着した任意継続健康保険証だがパッと見はこれまでの健康保険証と同じ色、同じ柄だった。

会社名の透かしも入っているし保険者番号もそのままだ。

違うのが記号・番号の番号が変更されており事業所名称が任意継続被保険者になっている。

これで病気になっても一安心。

早めに欲しい旨を健康保険組合に連絡したのが効いたようで予定より1日早く届き海外旅行前に間に合って助かった。

任意継続の健康保険証のスケジュール
健康保険は健康保険組合の任意継続に決めて5月下旬には申請した。組合に申請処理を進めてくれているかといつ頃届くかを確認してみた。処...

保険組合の処理は安定している。

届いたのは保険証の他に任意継続の資格取得通知書、納付方法の説明、任意継続の説明、住所変更届などの申請書、振込依頼書が同封されていた。

振込依頼書をみると7月の納付期限が7/14になっており毎月1枚で来年3月分まであった。

8月以降は別の月中で納付期限が決まっていた。

任意継続は毎月の前払いか後払いかと思っていたが月中が期限だとは思わなかった。

もちろん加入している保険組合によって違うのだろう。

納付期限に遅れると即退会なので守らないといけないし、忘れそうなので年内分は全て支払っておくことにしよう。

どうせ収入はないので待っていたって仕方がない。

と思ったが普通の振り込みなので何月分の納付ってわかるんだろうか?

それに振込者氏名からどの保険が振り込まれているのか調べているのかと思ったら振込者氏名の後に保険証番号を入力するように説明があった。

でも何月分かを記入する指示はないのでまとめて支払うのは無理っぽい。

これは退職前に任意継続の申し込み時に年間前納・半年前納・毎月支払いを選択することになっており途中で支払いやめて国民健康保険に切り替えるつもりだったので毎月支払いにしたので仕方がない。

年内残月は6ヶ月だったので半年前納で問題なかったがもしもの時に毎月払いの方が対応が取りやすいと決めた。

だから期限を忘れないように毎月のカレンダーに任意継続支払いのリマインダーを入れておこう。

まずは7月分をネット銀行から振り込んでおこう。

あと離職票は海外旅行中に届いてもいいように郵便局には不在届を出しておいた。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする