タイ旅行記 五日目

スポンサーリンク

本日はアユタヤ遺跡へいく。

同行者のリクエスト。

移住と無関係なアユタヤの観光プランを考えるのは面倒なのでオプショナルツアーに参加した。

現地で探すツアーはグーグルのSEOが重要だ。

「アユタヤ オプショナルツアー」で検索してベルトラで予約したが同じようなツアーがHIS、JTB、パンダバス(現地ツアー会社)と並んでいる。

一応HISとJTBは内容を確認しベルトラの方がコスパがよさそうだと判断した。

しかし後に4番目のパンダバスを見てみると同じ旅程のオプショナルツアーがあり、ベルトラの案内にもパンダバスが主催している記載あり。

価格差は100バーツなのでそれだけ紹介料取っている。

グーグルのSEOだけでベルトラは100バーツ稼いだわけだ。

ポイントは日本語が不便な海外サイトの商品やサービスをわかりやすく紹介してオリジナルよりSEOで上に並べて紹介料を貰う。

アフィリエイトそのものだった。

前日から体調が悪く睡眠も大して取れていない。

徒歩とBTSで30分かけてチットロム駅そばのインターコンチネンタルホテルの敷地にあるプレジデントタワーへ到着。

集合場所にはすでに二組来ていた。

結構きれいな女性ペアがいたのでテンション上がったが違うツアーだった。

現地添乗員が4名いたので4種類のツアーがあるようだ。

その内わかったのはパタヤコースとアユタヤ一日コースと参加したアユタヤ半日コースだった。

予約時に宿泊ホテルや連絡先を入力させ迎えができるような宣伝文句だがバスの移動線上のホテル以外は無理のようだ。

今回の参加者は9名。

おっさん、おばさんのみ 笑

乗り物はマイクロバス。

9名では仕方がない。

7:15にプレジデントタワー出発。

添乗員さんがツアーの内容を説明してくれている。

ポイントは象に乗ったらチップを20バーツ払ってあげてねだった。

頑張って説明してくれているので好感がもてる。

ただボキャブラリーの問題で理解するのに想像力が必要。

だからタイで人脈が作れればパンダバスのような現地大手ではなくニッチな領域で金払いがいい日本人相手のツアー会社を興すのも面白そうで敷居も高くなさそう。

ツアーの男性比率から留学している日本人の大学生、特に女性を添乗員のバイトで雇えると人気が出そうだ。

本気ならフリーの添乗員、バス会社、タクシー会社、ホテルレストランをプール化してネットで客と結び安いコストでツアーを提供できれば面白い。

コンダクターを人手でなくネットで完結させる。

プラットフォームは例えばバイトルのシステムをベースにするのがいいか。
でも不労所得のレベルではないので却下。

などとくだらないことを考えている内にアユタヤ到着。

マイクロバスは乗り心地がどうかと思ったが、バンコクとパタヤの往復で使った高速バスより良いくらい。

逆にバスの乗り心地悪すぎ。

最初の観光地はワットヤイチャイモンコン。

涅槃像とでっかい塔があり昇るとき降りるときが特に危険。

怪我とかではなくスリが一番多い場所らしい。

リュックサックも前に掛けるように看板があった。

観光客スリってこの国では捕まるリスクが少なそうなのでいい商売かもしれない。。。

次が象乗り。

アユタヤエレファントパレスに到着してすぐに乗れた。

初めて象に乗ったが感動も何もない。

年のせいだろうか。

予想より高く感じたのと象の鞍が不安定で少し怖かった。

次はワットプラシーサンペットとワットマハタートを巡る。

暑さで記憶も定かでないため以下省略。

添乗員さんの話を聞いてもよくわからなかったがアユタヤ遺跡のほとんどの石像の頭がない理由。

ググるとビルマに攻め込まれたときに壊されたらしい。

8時過ぎに最初の観光地に着き12時前に最後の地を後にして13時頃チットロムに戻ってきた。

ここまでで1400バーツなら充分行く価値がある。

何せ交通機関を気にしなくていいのが助かる。

プラス300バーツでランチが付いていた。

このランチはいらない。

アユタヤで食べられると勘違いしてランチをつけてしまった。

しかし他の参加者はよくチェックしたようで誰もランチのオプションをつけていなかった。

チットロムを歩いていてしばらくしたらまたお腹が差し込んできてトイレに駆け込む。

チットロム駅周辺は百貨店や大型スーパーが乱立しているので用を足すには困らない。

マクドナルドに入って少し休憩。

100円コーヒーは見当たらずカフェラテ一杯85バーツと日本と違って高級店になっている。

伊勢丹に寄ってフードコートに隣接する日用品店でお土産を買ってアマリンプラザのアマラというマッサージ店でフットマッサージを受ける。

1時間で300バーツ。

今回の旅行のマッサージはここが一番うまかった。

ただマッサージは個人依存なので当たり外れがあるらしい。

<卑猥な描写はありませんが不快に思う方もいるでしょうからこの先女性は読まないでください>

一旦ホテルに戻り晩はナナプラザに行く予定にしていたのでゴーゴーバーのお作法をネットの情報の受け売りで同行者に説明して現地へ行く。

相場も同行者に説明する。

(テーマ違いなので詳しいことはその手のサイトに行って調べよう)

手持ちを聞いたらバーツも円も大してもっていなかったので飲むだけだと理解した。

女の子席に呼んで奢るくらいならいいけど絶対酒を飲むだけにして!と念のため釘を刺した。

そして店内に入るとルックスは思った以上で日本人観光客がおしかけてくるのもわからないでもない。

見学だけで飲んで帰るつもりなので選ぶのも我慢してママお任せで呼んでもらった女の子と適当に会話していた。

英語は全くだめでタイ語と若干の日本語と身振り手振りでコミュニケーション。

横の同行者も同様にママにつけてもらった女性と飲んでいた。

酒2杯くらい飲んだところで付いた女性の口車に乗せられたのか相談もなく同行者がペイパー払ってお持ち帰りとママから告げられ自分はどうするか迫られる。

はあ?

見た目は付いていたのはうーんという感じで本人も歳が歳なのでまさかそんな暴挙に出るとは想定外だった。

もうお土産代しか持ってないしどうする気だろう?

さすがに店以外でカード支払いなんてできないよな。

自分が酒代全部出したほど。

支払いどうするつもりなのか切れ気味で聞いたら払わなきゃいいとか寝ぼけたこと言ってる。。

日本だってそんなことしたらやばいのに海外でやったらどうなると思ってるんだ。

放っておいて警察あたりに突き出されたのをブログネタにするのも面白いかと思ったが火の粉が降りかかるのもたまんないと付いていた女性つれ出して4人で出てタクシー乗る選択肢しか思い当たらない。

ほかにタイプが何人かいたので同行者をホテルに一旦返してもう一度来ようかどうしようかと考えていた矢先なので台無しだ。

救いは付いた子が逆じゃなかったこと。

自分についてたのはタイプじゃないけど街中では見当たらないロリ系美人。

目を離すと店を出る準備している間に他の店員にも酒を奢るは残り少ない金をチップで渡すは終いに全員自席に寄ってきて収拾がつかなくなるので切れそうになりながら全て断った。

金がないのに大名遊び。

この人酔っ払うと頭のネジが取れるらしい。

日本円使えるの確認しタクシーに乗ってる間に支払い計算して立て替えてあげた。

財布の日本円も全部使ってギリギリ足りた。

ひとり旅にするべきだったと反省しきり。

次回は絶対ひとり旅にする。

教訓として想定外に可愛い子がいるので不用意に近づくと破産する。

でも快楽に溺れ金失って破綻してもいいか。

それか年間200万位稼いで毎日遊ぶか。

そうすればへへへへ、よだれが 笑

いかん、誘惑に脳が溶け始めていた。

翌日酔いが覚め自分の行動にショックで無口になった同行者から将来の自分を投影しているようだった。

移住してもこのようなお店のないエリアに住まないといけない。

タイに移住して堕ちて路上生活のブログになってしまう。

読者は面白いけど駄目だ。

コメントでどなたかがタイではまらないように忠告してくれたのをなめていた。

退職後タイで少しリッチに節約生活と考えている同胞の方は夜遊びだけはやめておきましょう。

 6、7日目に続く

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りすがり より:

    おーらさん 旅行中にすいません。
    失業したら 7日以内にハローワークに行って
    失業認定する認識でした。
    失業保険認定の延長は無事終わられたのでしょうか?

    その辺のところが聞きたいです。

    旅行中のところすいません。気が向いたら教えてくださいませ。

    • ohrat より:

      まだ正式にハローワークには行っていません。
      記憶されている7日間というのはおそらく待機期間ですね。
      特に7日以内に行かないとダメとかなかったはずですし、離職票到着に2週間くらい
      かかる会社もあります。
      自己都合退職の場合は初回にハローワークに行き受給資格を決定してから7日間が
      待機期間、その後3ヶ月間が給付制限期間がありその間ちゃんと就職活動の継続で
      6ヶ月間支給されます。
      そして受給期間は退職日翌日から1年間ですから極端にいえば2ヶ月位放置しても
      間に合うと認識しています。
      ただハローワーク職員さんからなぜ来るのが遅かったか聞かれるとは思いますが。
      会社都合退職は1年間支給されるのでできるだけ早く行かないと失業保険を
      もらい損ねますね。

      詳しい方いらっしゃったら補足いただけると助かります。