福岡・香港旅行記 3日目 〜 両替で失敗

スポンサーリンク

宿屋のベッドはきつい。

細すぎて寝返りが打てないので腰が痛くなる。

それに蒸し暑さでエアコンをガンガンかけるので喉が痛くなり忘れかけていた風邪がぶり返しそう。

あとアマゾンでチャイナモバイルのSIMに飛んできていた中国語のSNSを翻訳にかけるとベースは48MB/dayのプリペイドだった。

低速では無制限に使えるようだ。

昨日のつながったりつながらなかったりもそのせいだ。

こちらの相場で1500円するSIMがアマゾンで650円で買える理由がよくわからなかったがスペック詐欺なら合点がいく。

グーグルマップ程度のデータ通信はできそうなのでスマホはこのままでタブレットは野良WiFiにつないで情報の検索をする。

野良は危険だがメールの更新を止めて検索以外しなければいい。

朝7時に行動開始。

まず朝粥店から。

チェーンらしい海皇粥に行ってみる。

店の名前がついた一番高い粥を頼んだ。

これで35ドルなので約500円。

ピーナッツ、肉団子、魚、鶏肉、小さなエビ、カニカマなどが入っておいしい。

味付けは塩に生姜に鶏のダシかな。

粥店を出て両替のレートがいいといわれている重慶マンションに向かう。


宿泊しているのが右下の方の青い線の北角駅で重慶マンションがあるのは赤い線の下の方の尖沙咀駅にある。

オクトパスがあるのでMRTで切符を買わなくていいのが楽だ。

両替したらスタバでも探そう。

北角駅ではなく少し遠い隣の炮台山駅まで歩いたが道はゴミだらけ。

朝は特に目立って汚い。

香港人も根っこは中華民族だ。

人通りは夜と違い少ない。

8時頃はまだ通勤時間ではないのか。

MRTも昨日の夕方のラッシュの半分もいない。

西の金環駅まで移動して乗り換えて香港島から九龍島に移動して尖沙咀駅へ到着。

すぐに重慶マンションに到着。

あまり何も考えず女性が並んでいる両替屋で交換したが空港よりレートが悪かった。

中国人だったので国毎に重慶マンション内の両替屋はレートが違いそう。

もしくは観光客嵌めるさくらなのか。。。

人が並んでいた店なので円のレートもいい両替屋と勘違いした。

店の後ろ側の左下に日本の円レートがあるので一つづつ確認して出来るだけ高いところで替えた方がいい。

空港の両替と違いあえて分かりにくい位置にレートを掲示している気がする。

両替ミスのショックから重慶マンションはさくっと見学してMRTで油麻地駅へ移動。

香港は10時出社なのかな。

9時過ぎに電車が込みだしてきたしお粥屋に行列もできている。

約1時間目的のフカヒレ屋を探したが移転したようで情報が足りず見つからないのでコースを変更した。

これから計画を作るのも大変なのでググって見つけたブロガーさんのルートを参考にして歩くことにした

香港観光の定番、スターフェリーとビクトリアピークへの行き方を説明します。香港で3時間程度の空き時間があれば、ペニンシュラホテル、ネイザンロード、スターフェリー、ビクトリアピークという香港のおすすめ観光地を一気に廻れます。交通機関(バス、タクシー)や徒歩での行き方、地図、所要時間をまとめました。

沙咀の街を周ってビクトリアピークを目指す。

苛つくのはスマホのGPSがデタラメでどこ歩いているかわからなくなる。

どこを歩いているか地図と実際のビルなどを確認しながらフェリー乗り場に到着。

フェリーに乗る前に海港城という立派な建物があった。

立地最高なのでさぞや香港島の眺めがいいだろうと入ってみたらでっかいブランドショップで眺めを楽しむ施設ではなかった。

時計ならロレックスは当然でIWCやオーディマピゲなど名だたる時計ショップが並んでいるのでブランド好きなら嬉しい場所だ。

オクトパス使ってスターフェリーに乗って中環へ移動。

おお香港に来た〜って感じだ。

中環に着くとオープントップバスが並んでいた。

乗りたくなる。

また計画変更に。。

ええい乗っちゃえ。

案内しているBIGBUSのおばさんにチケットプリーズっていったら1Dayか?と聞かれシステムが全くわからないのでイェスといったら480ドル取られた。

ネットで香港島だけのコースなら280ドルで買えるようなのでネギ鴨だ。

もう観光はこれだけでいい。

イヤホンをつけると10カ国の音声ガイドが流れる。

これは助かる。

歩かなくても香港島の栄えているところをオープンバスで周って説明してくれる。

約1時間半で香港島を一周した。

例の看板ぶつかりそう、は余りなかった。

もう昼過ぎだがこれで8000円は高すぎるのでフェリーで九龍サイドの尖沙咀にまた戻った。

オープントップバスの1dayのおまけにフェリーの往復もあるのでオクトパスを使わずに済む。

480ドルで九龍ルートとスタンレールートも乗れる。

赤が香港ルート、青が九龍ルート、グリーンがスタンレールートになる。

番号がついている場所がバス停で1dayチケットを買っていると自由に乗り降りできる。

30分に1本なのでスケジュール調整しながらまわれば便利だろう。

自分の場合は開始から終点まで乗りっぱなしだった。

龍ルートのオープントップバスの開始の10番乗り場が遠かったので途中で食事をしたかったが店が見当たらない。

夜景が有名な尖沙咀ウォーターフロント・プロムナードで記念撮影している人達を横目に見つからないなぁと歩いていたら赤いBIGBUSが停まっていたのでなんとか乗れた。

バスがいなかったらどこが停留所かわからん。

乗ってしまったので昼飯は15時頃まで我慢だ。

香港ルートは一杯だったが九龍ルートはガラガラ。

出発時はアメリカかイギリスあたりの老夫婦が人組と中国人と欧州人のカップルが1組だけだった。

海沿いを走る香港側が人気のようだ。

チケットを見ていたらSKY100のフリーチケットがおまけで付いていた。

そこで14番で降りて100階建てのビルの展望台に登ってみた。

経路図ではBIGBUSのマークの右下あたりのビルだ。

SKY100の展望台の当日券はなんと168ドルもするのでオープントップバスは実質312ドルになった。\(^o^)/

入り口でレシートのようなチケットから正規の入場券に交換してもらい2階から100階までノンストップのエレベーターで上がった。

393mで世界で7番目の展望台らしい。

結構人が入っていた。

香港人か中国人の若者が多い。

外を眺めると香港の街が広がっている。

おおお素晴らしい~~

360度こんな景色なので感動する。

まるで絵画のような美しさ。

テンション上がりすぎて普段ブログ用以外に写真撮らないのに撮りまくっていた。

そしてジュースと間違えてビールを飲む。

何とこのビール53ドルなので800円以上した。

そういえば酒飲むの何ヶ月ぶりだろう。

ここはオープントップバスのおまけで訪れる事ができて本当にラッキーだった。

ただ単独で2500円払って登るかといえば無理。

何かのツアーのおまけについているなら絶対登った方がいい。

数少ないバスを20分程待ち14番乗り場から15番乗り場で降りて香港島にフェリー乗り場まで移動。

何回スターフェリーに乗っているんだ。

あとスタンレールートという香港島の南を周るルートがありSampan rideという小舟に乗るチケットも付いていたが腹が減りすぎているのでやめておく。

高いなりにいいツアーだった。

歩かなくても観光できる分タイのアユタヤツアーよりは上だ。

香港でも本土からやってくる中国人が猛威を奮っており何をするにも騒がしい。

日本人から見ても香港人と中国人の違いがひと目で分かる。

腹が減ったので店を探すがフェリー乗り場近くの飲茶のお店入り口に大行列。

マクドナルドも大混雑。

この平日にどこから湧いてくるんだ。

遅くなればなるほどフェリー周辺は混みだしてきた。

並ばずに入れそうな店はない。

くそお。

腹減った。

香港島に戻ろう。

フェリーを降りた団体に着いていくと香港駅まで連れて行ってくれた。

だが香港駅周辺はノーリサーチなので飯屋が全くわからない。

仕方がないのでMRTのアイランドラインで北角まで戻る。

北角なら飯屋はチェックしてある。

それにしてもアイランドラインのプラットフォームは遠い。

東京駅から京浜線に移動するようなもの。

そして構内は外より蒸し暑い。

北角で向かったのは昨日入れなかった功夫点心。

16時過ぎなのに半分以上客がいた。

ここで適当に約100ドル飲茶を注文して食べた。

(スマホのバッテリー切れで写真がない)

感動するほどの上手さでもなく横浜の中華街にいけばもっと美味しいお店もあるだろうがお腹いっぱいになりコスパはよかった。

なにせお茶がおいしい。

日本でも飲茶のチェーン店あれば流行りそうだ。

但し輸入するなら店員の愛想の悪さだけはやめて欲しい 笑

一旦宿に戻ってシャワーを浴びた。

バス観光といっても3時間バス乗車で5時間は交通手段の間をなんやかんや歩いていた。

シャツも汗を吸い込んでネチョネチョで堪らなかった。

さてあとはどうしよう。

SKY100に登ったしもうビクトリアピークはいいかな。

九龍城公園も通ったしあとは夜景くらいか。

本日何度も往復した尖沙咀に行くのも馬鹿らしいので男人街か女人街にしよう。

そういえばフカヒレさえ食べれていたら女人街にも行ってたのに。

オープントップバス見つけなきゃビクトリアピークに登っていたのか。

なんて考えながら横になったら疲れのせいか寝過ごした。。。

目覚めると21:30だ。

近場で飯でも食べて寝ようと歩き回った。

どこも満席。

マクドナルドですら満席になっている。

この国の人は食事が2時間ずれているのか。

朝食も遅い時間混んでいた。

でも昼食は普通の時間で更に飲茶食べるせいで夜遅いのかな。

お店は満席かほぼ空席の店のどちらか。

客なしのローカル色の強い店に入る勇気は持ち合わせていない。

もう少し待てば客も捌けるかもしれないけど待つのは面倒だ。

パンでも食べて寝よとセブンイレブンを2箇所まわるが賞味期限が3週間以上あるおそらく日本で製造したパンばかり。

わが街のメーカーのパンもあった。

サンドイッチなんか仰々しくパッキングされておりいつ作ったか見るのも怖い。

なんで香港まで来て地元のパンを食べなきゃならないとコーラだけ買ってきた。

もう寝よう。

福岡・香港旅行記 4日目 〜 ジャッキー序列は?
朝起きると自宅が恋しい。旅行でこんな気分にさせてくれる宿屋も貴重だ。風邪が治ってきたようで嗅覚も戻ってきた。すると部屋が臭う。 ...
スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする