税務署から呼び出しを受ける

スポンサーリンク

ポストをみると管轄の税務署から茶封筒が届いていた。

毎年届くe-TAXの案内通知にしては少し早い。

今年の住民税は払ったしそもそも税務署の管轄ではないので所得税の話だとはわかる。

封を開けると27年度の所得税の申告について確認したいので日時指定で来署しろというものだった。


一昨年の所得税を今更なんだろう。

但し文章は丁寧だが明らかに出署命令書だ。

なんかヤバそう。。。

だいたい税務署が数千円の税金申告漏れで出署させるとは思えない。

記載されていた収入については記憶はあった。

収入源は伏せるが10万円程の所得のはずだ。

まさか申告していなかったか。

焦って保管してある過去の確定申告の束から平成27年度分を抜き出して確認する。

あれ、申告してるぞ。

入金の証明書も添付して申告しているではないか。

偉いぞ自分と思わず褒めた 笑

ただ10万円の申告忘れ程度でこんな仰々しいマネするかな。

出署の日程が約1ヶ月先になっておりその間何の件が知らないまま過ごすのも嫌なので直近にリスケジュールして貰おうと税務署に電話した。

スケジュール変更したついでになんの件か聞いてみた。

するとやはり10万円の申告漏れではないかと疑っている。

申告書が手元にあって間違いなく申告しているので調べてみてと伝えたところ端末を叩く音があり「確かにありますね」といって誰かに確認しにいった。

ほらね、とドヤ顔。

しばらく経って税金を記入する項目が間違っていると回答。

敢えて素人向けに説明しているのかそれとも説明している人が素人なのか要領を得なかったが簡単にいえば総合課税対象だったのを分離課税で申告してしまったということだ。

累進課税なので別に収入があれば総合課税の方が高くなるのでその差額を納める必要がある。

そしてその差額がざっくり1万円らしい。

この説明をするのに5分程要した。

(なんだ1万円の話か。。)

すぐに納付しますので請求書送ってくださいと即答した。

ちなみに延滞金は不要らしい。

支払う意思からだろうか出署は不要になった。

それとも故意に総合課税を分離課税にしたとでも思っていたのかもしれない。

若しくは未納と勘違いして3万円強の追徴課税を取ろうと連絡してみたら支払っていたので仕方がないので差額を納付させてノルマにしようと考えたのかもしれない。

正確に計算をしないといけないらしくまた電話するといってその日は切れて翌々日に連絡があり修正申告書と税金の払込用紙を送ってもらう事になる。

数日後に届いたので修正申告書に氏名、住所、捺印をしてコンビニで支払いをして終了した。

税務署も今や1万円の追徴課税を調べないといけないほどなのだろうか。

10年程前に所得税の支払い数千円足りなくて電話した時は税務署からいいです、いいですと支払わなかった記憶がある。

税務署って大きな脱税には注力するが細かい税金は雑でお役所にしては効率的なところだと感心していたのでとんでもない追徴課税でもあるのかと結構ビビってしまった。

対応していた担当者がお年寄りらしく対応も下手で事務手続きを担当しているには要領を得なかった事から例の60歳以上の契約社員の最低賃金で雇って安い追徴課税のチェックでもしているのかも。

細かい税金をチェックし始めているようなので脛に傷ある皆さんは早めに修正申告してしまおう。

悪質だと延滞金込みになりかなりの額請求されるかも。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tao313 より:

    めちゃくちゃ面白い話でした。
    税金については、いろいろと気を使いますよね。しかし最近の税務署は、なかなかせこくなっていますね。

    • ohrat より:

      コメントありがとうございます。
      気がついていない申告忘れってありそうですから税務署は来年一杯までは怖いですw