年内の旅行の計画

スポンサーリンク

またタイで洪水が発生しているらしい。

出典 0テレニュース24

7月のタイ旅行でアユタヤをまわったときにガイドさんに2011年の洪水でここまで浸水していたと建物についた頭くらいの高さの水位を示すあとを何度か説明されたことを思い出した。

タイは東日本大震災でGDPからみてても破格の義援金を送ってくれた友好国である。


出典 マイナビ

タイの3倍もGDPがありながら10分の1しか義援金をくれない隣国へ旅行すら考えたくないし日本の旅行者が減少傾向にあるのも頷ける。

旅行者減少を北朝鮮のミサイルや円安を理由に挙げているニュースもあるが航空券は異常に安いのにも関わらず毎年順調に旅行者が減っているので興味がないだけだろう。

世の中金が全てではないもののやはり人間は困ったときに助けてくれる人を信頼する。

だから今度は浸水大国である日本の対策技術をタイに是非提供して欲しい。

国でも企業でもいいので是非検討を。

この歳になると例えばエルトゥールル号の100年後の恩返しのような話には泣いてしまう。

この映画は史実とずれているとかプロパガンダとか左斜めから見た酷評もあるがこのような映画制作のきっかけとなった事象であったことは事実だ。

だから困っている時に何かしてもらったらお返しをするというのは人として大切。

タイにいってボランティア活動をしてもいいのだが100%足手まといになるのでやめておいてまた楽天銀行あたりが義援金募集をしたら送りたい。

さてようやく本題、次の旅行はどうするか。

リゾート地でゆっくりしてみたい。

そこで4泊程度、いけそうな日程でアジアの島で航空費を調べてみた。

行先11月(円)12月(円)
セブ島@フィリピン3704546870
セブ島(マニラ1泊)3135362170
ペナン島6214052413
ペナン島(クアラルン1泊)4569540750
バリ島6924063240
プーケット島3623136146
ランカウイ島(シンガポ1泊)4967157681
ランカウイ島(クアラルン1泊)4622454461
海南島(上海1泊)4230352329

並べてみると一旦フィリピンのマニラに飛んでマニラから国内便でセブ島に行くのが安い。

理由は中部空港から飛んでいる数少ないLCCであるジェットスターが使えるから。

プーケットは上海空港の夜間到着便が安めに設定しているようでリーズナブルな費用で行ける。

しかしプーケット、ランカウイはタイ領土で7月にバンコク・パタヤへ行ったばかりなので別の国にしたい。

海南島(ハイナン島)は11月~12月がシーズンであるリゾートを調べていて知った。

行政特区として昔は中国のハワイと呼ばれていたらしいが最近は人気も落ちているらしい。

だから逆にねらい目とも考えた。

でも中国領土なので中国人観光客が他の観光地よりも多いはずなので無理か 笑

バリは物価もマッサージも安くてよさげでいい。

ただ火山噴火で空港閉鎖が怖いし旅行可能な日程だと6万円以下にならないので高すぎる。

残るはセブ島とペナン島になる。

ペナンは別にマレーシアに行くからセブ島にしようと一旦考えたがペナンの移住もありじゃないかということで12月出発でクアラルンプールで1泊してペナン島でゆっくりすることにした。

予約した国際線はタイでもお世話になったベトナム航空にしてクアラルンプールからペナンの国内線はLCCのエアアジアで予約した。

往路は国際線と国内線は1泊あるので大丈夫だが復路は無駄にもったいないものの念のため乗り継ぎ時間は約5時間空けた。

国内なら2時間で充分だが海外は何かあった時のリカバリーが大変だから乗り換え時間に余裕はあればあるほどいいと考えた。

宿泊はプライベートビーチやプールバーもあるのでパタヤに泊まったリゾートホテルのようなところを期待している。

計6.4万円を旅費で計上することになる。

ここ暫く出費がかさみ家計簿の集計が怖いので11月はおとなしくしていよう。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする