マレーシア旅行記4日目 ~ LinkBikeを使ってみた

6時起床。

前日夜は雷雨で土砂降り。

今朝もシトシト降っている。

食欲があまりないので朝食は少なめにした。

もう特に予定がない。

食事を終えて少しゆっくりしていると日が差してきた。

ペナンヒルのリベンジはしない。

本日はフリーの予定なのでひとりでうろつけると思ったら同行者が一緒に行動したいといいだした。

Uberがスマホにインストール出来ないので移動に困るようだ。

元々今回の旅行はタクシーかバス移動を前提にしており無料とはいえバスにも乗っているので移動は可能なはずだが一度便利で安い移動手段を知ったのでタクシーやバスは使えない。

ひとりでLinkBikeを使いたかったので妥協案を考えた。

ジョージタウンに出て同行者は貸自転車を使い自分はLinkBikeに乗ることにする。

ホテルのロビーで行き先を調べていると中国人団体が近くにやってきてあまりにうるさくて吐き気がしてきた。。。

9時半にジョージタウンのチュリア通り(Chulia St)にレンタルサイクルが点在しているという情報からその通りにあるLink Bike置き場を目的地にして車で送ってもらった。

車の中から普通のレンタルサイクルがチュリア通りにいくつもあることを確認してLinkBikeの3day passのプランをアプリ内で購入した。

4RMだった。

1day passが2RMでこの自転車の30分利用は何度使っても2RMになっている。

30分で返さずにそのまま借り続けると1時間当たり1RMの追加料金がかかる仕組み。

4時間は乗らないつもりだが2時間半では足りない気がするので3dayの4RMにした。

借りたのも返したのもこの場所だ。

Link Bike乗り場はあちこちに点在しているので好きなところに返却すればいいのだが同行者が普通のレンタルサイクルを借りているので同じ乗り場で返さないと仕方がない。

ここは10台フルで置いてあった。

アプリを立ち上げ黒い丸(その中に□があるマーク)を押してカメラを起動させ自転車をロックしている機械のトップにあるQRコードを読み込ませると機械が何かしゃべる。

マレーシア語なのか英語なのか聞き取れなかった。

アプリにOKボタンが出るので押せばロックが解除される。

あとは自転車を後ろに引き抜くだけ。

最新技術だー

これで乗れるようになった。

ちなみに1台借りている状態でもう1台借りれないか試してみたが無理だった。

カップルなどで借りようと考えている人はくれぐれも1人ずつスマホにアプリを入れて登録しておこう。

そして最初に確認したのは自転車のカギのかけ方。

見知らぬ外国でレンタルサイクルの自転車泥棒にあったらシャレにならない。

どう回しても引き抜けなくてしばらく考えて分かったのが上から刺さっているチェーンの先を外してタイヤをくぐらせて次の写真のように横の穴に押し込むと鍵が抜ける。

LOCKの方向に鍵を回すと何か起きるのかと思い込んでいたのでわからなかった。

出来ればLOCKじゃなくてinsertと書いてあればまず差し込んでみたのだが。。

同行者は店でギヤ付き自転車を借りてジョージタウンを自転車散策した。

最初はイースタン&オリエンタル ホテル。

街並み。

再度コムターへ

フェリー乗り場へもいった。

途中ペナン博物館近くのスタバに寄ってまたあちこち回りJawi House Cafeというインド系マレーシア料理のお店に入る。

Chicken Biriyani とソーダを注文した。

ビリヤニが22RMでソーダが10RMとそれなりの値段だ。

インディカ米の細長い炊き込みご飯にカレーをかけて食べる。

中にフライドチキンが埋まっていた。

埋まっているフライドチキンがおいしかった。

地鶏を揚げているのではないかと思われるほど程よい弾力とうまみがあふれていた。

日本でもめったに出会えない鶏肉だった。

但しカレーは特徴があるわけでもなく日本でも食べられそうな癖のない味だった。

細いインディカ米はうまく調理してあり日本人の口にもギリ耐えられると思われる。

その後ジョージタウンの街を疾走したのだが脱水症状になりかけて写真を撮るどころではなかった。

同行者がアプリで自転車の軌跡をログしていて総長12kmほど走ったようだ。

この国でもピカチュウは人気のようだった。

脱水症状で脇腹がつってきたので14時にUberで配車してホテルに戻った。

後でLinkBikeのメニューの履歴をチェックすると9:57に乗って13:49に返却しているので利用時間が約4時間で3day passの4RMで丁度だった。

20代や暑さに相当強くなければ自転車で移動するのはやめてバス、タクシー、Uber、レンタカーなどで移動した方がいい。

ペナンもクアラルンプール同様に車社会で人より車の方がエライ。

日本のように交通弱者優先なんて考えは全くない。

自転車も車道を走るのでいつ吹き飛ばされても仕方がない状況だし信号付きの横断歩道が少ない。

交差点は基本ロータリーになっているのでビュンビュン走っているところで道を渡るしかない。

車は人や自転車を見てもブレーキをかける気がないので気を緩めるとマジで轢かれる。

特に暑さで思考低下していると危ないのでもし乗るなら短い時間がいいだろう。

戻ったころにはまた雨が降ってきたのでホテルの部屋のバルコニーで海を見ながらビールを飲んで過ごした。

これでペナン旅行は終了。

明日はクアラルンプール経由で家に帰る。

マレーシア旅行記5日目 〜 最初で最後
最終日は帰るだけ。 最終日が一番天気がよかった。 でも暑い中の移動を考えたら曇りが多くてまだよかった。 13時頃のペナンからクアラルン...
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする