第二回タイ旅行記 10日目 〜 日本語分かるブレズ薬局

朝起きると風邪が少し悪化してた。

喉が痛くたまに咳が出る。

腰から背中が痛い。

熱はない。

手持ちは残り僅かなのどヌールスプレーと万能鎮痛剤のロキソニン。

風邪対策には心細い。

まだ動けるので今のうちに風邪薬を入手したい。

ということで総合感冒薬とトローチを入しておこう。

次の文章を準備した。

Google翻訳はかなり優秀だが長文を翻訳させると異訳することもあるので出来るだけセンテンスを短く切るのがコツだと考えている。

これを薬剤師に見せればわかってくれるだろう。

しかしググれば日本語を分かってくれる薬剤師もいるらしい。

日本語分かるブレズ薬局というのがバンコクに2店舗ある。

ひとつはプロンポンとトンローの間にあるフジスーパー4号店内の店舗だ。

駅から歩くのには遠い。

もう一軒がアソーク駅に近い。

バンコクで最初に泊まった宿泊施設の近所のようだ。

遅めの朝食がてら行ってみた。

歩いていたらスクートからアップグレードオファーの通知が飛んできた。

身体が弱っている時にアップグレードしませんか?とはいいタイミングだ。

スクートBizの最低Bidは9000円だった。

ストレッチシートで4000円程払っているため前回より少し安めなんだろう。

出来れば1万円から4000円引いた6000円だったら納得感あるので乗ったのにと思いつつエカマイ駅に到着した。

駅ビル覗いて気になっていたケンタッキーのカップケーキセットを頼んだ。

小さなカップケーキだがコーヒーとセットで49バーツと財布に優しい価格設定だ。

コーヒーは糖分たっぷりのタイコーヒー。

カップケーキはふわふわ卵の味がしておいしかった。

日本でも発売すればいいのに。

(為替の影響もあるが)タイのファーストフードは日本より割高だ。

その中でケンタくんは庶民の味方でかなり安めの設定をしている。

味くらべ+オリジナル2ピース+ドリンクが119バーツだった。

日本の半値以下。

日本のケンタくんの価格設定が高めなのでなおそう感じる。

今のところ日本より安いのはケンタくんと’かつや’だ。

2つ見つけただけでも大きな収穫だ。

アソークで降りてブレズ薬局に到着した。

奥の方に日本人がパソコンに向かって座っているのですぐわかる。

応対を見ていると薬剤師というより通訳のおじさんという感じだった。

総合感冒薬とトローチを頼んだのだがバラバラで熱、鼻、抗生物質と薬をくれて〆て430バーツ。

ググっると普通のタイ薬局で風邪薬3日分なら100〜150バーツ程度が相場なので通訳料に300バーツ取られた感じかな。

薬を調べてみた。

まずトローチが右のStrepsilsというブランドのもの。

はちみつレモン味というのは分かる。

フルルビプロフェンという日本では聞き慣れない鎮痛剤を使っている。

禁忌は潰瘍、肝障害、高血圧、血小板機能低下。

これロキソニンに近い禁忌だから似た効能があるんだろう。

トローチに鎮痛剤放り込むなんて効きそう。

安全第一の日本では見当たらないな。

お土産にいいぞ〜大量にばらまきように買って渡すと喜ばれそうだけど薬事法に引っかかるのでやめておく。

次が一番手前の抗生物質のセフロキシムだ。

日本だとクラリスロマイシンやジスロマックあたりが何も考えていない医師がとりあえずと処方する抗生物質だ。

処方された事ないけれど第二世代セフェム系の普通の抗生物質のようだ。

蕁麻疹が怖いし引き始めに抗生物質なんていらん。

次はブルーのパッケージのGOFENで解熱といってた。

中身はイブフロフェンなので日本だとまさにエスタック・イブだな。

これはロキソニンより弱そうなので飲んでおこう。

黄色いのがNASIFEDで鼻水、鼻詰まりの薬。

全成分がわからなかったがプソイドエフェドリンが含まれている

麻薬の原料らしく常用性がありそうだけど何カ国で一般販売しているし日本に帰れば手に入らないだろうから使ってもいいだろう。

そのうち鼻水垂れてくる。。

高かったが一つの経験とする。

次に風邪薬買うときはネイティブの薬局かコンビニにしよう。

風邪じゃなく別の症状なら日本語分かると助かるし割高でもこの薬局を覚えておくのはいい。

あとはプロンポン駅で移住者の人と待ち合わせ。

駅前のエンポリアムにやってきた。

中はこんな感じ。

高級ショピングセンターかな?

一本万利ってどんな意味だろうと調べてみたら少ない投資でボロ儲けすることらしい。

品がないw

トイレに入ると日本の百貨店でもあまり見ないほど綺麗で香水の匂いがする。

トイレ見にいくだけでも価値があるかも。

ぐるっと回ってみると日本であったら入りづらい程の高級店だったので自分の中では成金センターと名付けてあげた。

その後、アソークでビールを飲みながら移住者から色々情報を教えてもらう。

すでに7年近く住んでいる人だ。

これまで調べすぎたのか驚く情報はなかった。

それでもリアルな物価には敏感だ。

バンコクの住居の相場は全体に上がっており月1万バーツだとスクンビット線の端くらいじゃないと厳しくなってきたらしい。

あかすり&オイルマッサージに行きたいということで付き合った。

90分で980バーツ&チップ200バーツのお店。

バーツがなくなってきたのできびし~

まだ夕方前だが綺麗なお姉さんが担当した。

当たり前だが真っ裸で施術してもらう。

風邪ひいている上アルコール入ってるしやばくないか。。

部屋がいい温度に調整されていてお湯もぬるま湯なのでこじらせることは無かった。

あかすりは肌が弱いのでこれまで苦手だったが親の仇のようにゴシゴシではなかったので助かった。

オイルマッサージはさすがにこれが本業のお店らしいので昨日のオイルに比べて断然上手い。

以前日本で受けていたのと変わらなかった。

通いたいほどきもちいい。

ここはオイルだけでリピート確定。

店のレベルもあるけどこれは施術者次第だろう。

スペシャルありと教えられていたので、いらないといったら頭のスパを代わりにしてくれた。

昨日と今日が反対だったらと悔しがった。。。

断ったから少し時短されたかな。

アルコールとマッサージで風邪の症状が一時的に消えた感じだがすぐにまた喉が痛くなってきた。

その人の行きつけらしい中華料理でビール数杯を飲み2時間過ごして別れた。

教えてもらった情報はメモらなかったので重要なものもあったかも知れないがほとんどメモリーからデリートされてしまった。

その中で覚えていたのはこの二つ。

  • 10年ビザは取るの無理
  • ビザランが厳しくなって2回はもう無理

覚えているのはこの二つくらい。

このブログでも取り挙げた2017年発表されたタイの10年ビザの去年の取得実績はチェンマイでは0でバンコクで1件あったかどうからしい。

その人曰く新規に60歳以上の健康保険に加入するのが無理で周りでも諦めたという事だった。

ただ調べてみるとお金を払えばなんとかなりそうにも見える。

Health insurance provided by Thai company, Outpatient coverage minimum 40,000 baht, Inpatient coverage not less than 100,000 thousand baht.

出典PattayaOne

領事館公認の肩書を持つ人なので嘘は言っておらず発表された以上の何かが裏にありそれが障壁になっているのかもしれない。

もし10年を取得したよ~といわれる方がいたら教えてほしい。

10年ビザが発表された頃1年ビザがなくなると勘違いして騒がれていたが無くなっていない。

ブログで残骸消すか修正してほしいんだけど。。

10年ビザ取得を確認されたい方は自身で申請してみなければわからない。

あとビザランは3回だとか4回とか書かれているブログもあるが去年は3往復目で入国拒否の実績が多くあることを教えてくれた。(最大60日滞在迄)

2往復も通るのかはわからないので自己責任でビザランしてね。

それにしてもかなり肝臓痛めつけたけどだいじょうぶだろうか。

不敵に喉が痛みで警告を発してる。

買った風邪薬の中でアルコールが禁忌あったような、今日は薬飲むのやめよ。

エカマイに戻り駅ビル覗くとツルハがあった。

ここで風邪薬買えばよかった。

駅ビルでミネラルウォーター探したらトップバリューが入っているのを知った。

お惣菜が安く売ってる。

バンコクで高いサンドイッチも低価格で販売してた。

ここ使えばよかった。

エカマイ最後の宿泊で気がつくとは残念だ。

トップバリューのレジの支払いで財布に金がほとんどないのに気がついた。

最終日まで足りるように両替したつもりだった。

使い過ぎてる。。

帰ったら***(自主規制)以外で何にかかりすぎたか調べよう。

そういえばこの駅ビルはTime for massageらしい。

ようやく名前を覚えたぞ。

風邪が悪化しない事を祈りツナサンドとバナナ食べて水大量に飲んで寝ることにした。

明日はホテルの移動日で唯一まともなホテルに泊まる日だ。

移動した駅

11日目

関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しげ より:

    おーらさん

    毎日楽しく拝見させてもらっています。
    昨日のコメントの返事ありがとうございます。
    すでに帰国され風邪も治っているようで良かったです。^^

    ***はいくらお金あっても足りませんよね。。^^;
    田舎だとお金使わないかもしれないですが、そのぶん不便になるかもですが。。

    タイのビザは軍事政権になってどんどん厳しくなってますよねえ。
    でも、観光ビザや、ノービザ延長や隣国に空路で移動して
    過ごしてる人たちもいるので、やっぱりタイは魅力的なようでw

    ちなみにタイランドエリートビザとかもありますよ。
    http://thailandelite.rporter.co.th

    ハードルは高いですが、おーらさんなら行けるのではないでしょうか?

    これからもブログを楽しみにしております。

    • ohrat より:

      しげさん毎度コメント&心遣いありがとうございます。
      ロングスティする場所(最寄り駅)は重要ですよね。
      そのあたりもどこかでまとめるつもりです。
      色々な国に行ったわけではないですがタイは短期滞在を繰り返すのには
      ホント過ごし易いいい国なので大してお金を運んできてくれない人が多ければ
      入国が厳しくなるんでしょうね。
      エリートカードは200万バーツという数字を見たときに思考が停止して
      それ以上チェックすることをやめましたが特典は素晴らしいですよね。
      気になっているのは旅行中にチェックしていた掲示板でポツポツ売りに出ている
      2005年以前の旧条件の永年タイプのエリートカードです。
      700万円する20年の新条件だと価値は年々減っていきますが旧条件なら
      使わなくなったら買値で売れるゴルフ会員権のように扱えるのではないかと
      考えています。(再譲渡が何回に設定されているかにもよりますが)
      面白いネタをありがとうございました。どこかで検討してみたいと思います。

  2. サムライコボリ より:

    クレジットカード付帯の保険は使われなかったんですか?
    キャッシュレスだし無料だし良いところだらけなのに。
    タイで病気になったら薬局で薬を買うより、即病院に行った方が良いと思いますけど。

    • ohrat より:

      サムライコボリさんコメントありがとうございます。
      ホントその通りで病気の保険でクレジットカード2枚持っていったのでした。
      でも風邪で保険を使うという意識がありませんでした。
      病院行けばいい記事のネタになったのにw
      次回タイで風邪を引いたら使ってみます。引かないに限りますが。