自家用車をやめる条件 ~ ガッツレンタカー

以前も何度か車をやめる検討をして挫折してきた。

そして少しでもコストを下げるため長年付き合いのあった特約店社長と泣く泣く手を切りおとなの自動車保険に加入している。

東京や大阪と違い愛知だと鉄道の網羅率が低く自家用車がないと行動が狭くなって厳しい。

一方で自家用車が必須といわれている愛知でも運転をしない若い人が増えている。

同世代だと車を保有していない人は1~2割だったが若い人は5~6割が保有していない気がする。(調査をしたわけではないのであくまで個人的なイメージ)

だから車がなくても生活できるはず。

なのだが長期間乗っていると辞めるのに躊躇してしまう。

それに今はジムに通うためにも使っている。

8月頃北海道を周遊するために先日札幌にあるレンタカーの車種や価格調査をしていた。

その中で異常に安いレンタカー店を発見した。

ガッツレンタカー

24時間で2000円~という破格だ。ガッツ石松さんがイメージキャラで安すぎて怪しさ満載で詳しく調べずスルーして別のレンタカーを探していた。。

すっかり忘れていたが2018年6月10日放送のがっちりマンデーの特集で3年間で100店舗以上増やしているがっちりな企業の中に「ガッツレンタカー」が紹介された。

この会社名古屋に本社がある。

安さの秘密は不人気な低年式軽自動車を仕入れてレンタカーとして使っている。

ガッツの社員曰く10万円以下の中古もある。

ナビもオプション扱い。

土地のコストも下げるため狭い空間にギュウギュウ詰めに駐車されて車種は選べずクラス分けされた列の手前から借りていくシステムだ。

だから安くなる。

ナビなんか最近はスマホで十分だし普段使いならATだったら車種なんてどうでもよく低年式だってメンテされていて普通に走ればいいので24時間2000円は安い。

車は命を預けるので理由が分からない安さは怖いが分かれば利用したい。

よくこんなビジネスを思いついたものだ。

ガッツの社長によると元は80台の法人向けリースカーを営んでいてその法人からもういらないと80台一気に返車されたので困った挙句にこのビジネスに転換したらしい。

ピンチをチャンスに変えたエピソードだ。

店舗を増やし続けているし本社が名古屋にあるわけなので住んでいる街にやってくるかもしれない。

それなら自家用車を売ってしまおうと考えた。

現在ジム以外に車に乗るケースは突発的なものか旅行のいずれか。

突発的なものは郊外の病院と近くに駅の無いお店に行くときや田舎の方の知り合いと打ち合わせをするとき。

遠出をするといっても土岐と長島のアウトレットパークか去年だとモネの池が一番遠かった。

ジムだけは自転車で通うとか別の方法を考えないといけないが他の用途は軽自動車のレンタカーで十分だ。

緊急で使いたい事もあるが年に1度か2度あるかないかなのでその場合はタクシーでいい。

現在保有している自家用車、低年式の軽自動車に変えた場合、ガッツレンタカーが月に3回利用した場合で維持費を比較した。

今の自家用車が月あたり20481円、低年式の軽自動車に買い替えると16280円、ガッツなら7000円だ。

安い。

下手をすれば月3回も使わない可能性が高いのでもっと安くなる。

逆に長期的に必要になり1週間ガッツで借りても近所のコインパーキングとセットにして13400円で済む。

保有している自動車の減価償却分を維持費に含めればガッツは更に割安になる。

早く近所に店舗こないかな~

来週2018年6月17日放送のがっちりマンデーは電池のいらないアシスト自転車の紹介。

フリーパワー搭載自転車はググると東京やお膝元の宮崎で販売しているので欲しい人は放送前にどうぞ(笑

アマゾンでも販売しているけど自転車は店舗で買った方がいい。

折りたたみ自転車にフリーパワーどこかの大手メーカー載せてくれー


おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. パルタ7 より:

    こんばんは。
    6月10日(日)のがっちりマンデーで「ガッツレンタカー」が紹介されていましたね。なかなかうまいビジネスモデルだと思いました。首都圏では今後も業績が拡大するでしょうね。

    • ohrat より:

      コメントありがとうございます。
      普通の企業と考えが逆ですね。
      一緒に紹介されていた「いきなりステーキ」も同じですが顧客が余計だと思っている
      付加価値を削ぎ落として必要最小限で勝負するビジネスはこれからも増えていくでしょう。

  2. AE86 より:

    こんにちは。
    チョイ乗りならカーシェアという方法もあるし、しょっちゅう乗らない限りもはや自家用車を所有するメリットは無いのでしょうね。
    小生もAE86を35年間保有し続けているのですが、全く乗らないし費用倒れは目に見えています。それでも愛着があって、手放す決心ができず悩んでしまいます。
    車検、任意保険、税金で年間13万円以上かかっています。金食い虫です(笑)

    • ohrat より:

      コメントありがとうございます。
      自動車に対する考え方ですね。
      昔は無限のサスに変えたりストラトバー入れたりエアロ買ってきて自分でくっつけたり
      してその車でジムカーナーやったりF1は必ず観に行ってた車大好きでしたが
      今はただの交通手段になってしまったのでコスト重視になっています。
      AE86さんというハンドル名使われているくらいですから
      車を趣味として続けてられているようですし折角なので保管された方がいいと思います。
      あと10年経てば500万位の価値になっているのではないでしょうか。
      個人的にはリトラクタブルのトレノが高くなるような気がしています(笑

      • AE86 より:

        お返事ありがとうございます。
        1985年式の黒銀トレノGT-APEXです。
        当時、確か180万円ぐらいで購入し、それ以降、なんやかんやと維持費だけで440万円ぐらいかかっています(笑)
        駐車場代がかからないのと、屋根付き駐車場という点で、ダラダラと持ち続けています。