土用の丑の日に自動車保険更新

恐ろしく暑いので車に乗ってサイゼリアでランチ食べてドリングバーで涼もうと行ってみたら待ち行列。

サイゼで並んでどうする!と踵を返してスーパーで何か買っていくことにした。

夜はかき揚げと山芋を擦ってとろろうどんにした。

昼はどうしようかと見て回っているとウナギが山積みになっていた。

あー今日は土用の丑の日。

7月20日(札幌からの帰省後)

この店は土用の丑の日でもウナギの値段を吊り上げない庶民の味方。

それでも国産炭火焼きたてが1980円で中国産炭火焼たてが1080円なのでおいそれとは売れていかない。

あと工場で焼いた国産が1680円だった。

さすがにどれも高くて手が出ない。

でも食べたい。

でも高い。

しかし敬虔な信者を神様は見捨てることはなかった。

(無宗教だが神様は信じている)

うなぎの前で指をくわえて眺めていたら店員が追加で運んできたウナギの束の中で2枚だけなぜか半額シールが貼ってある。

古いのか?と手に取って見たが焼きたてに間違いはない。

他とラベルの違いもなさそう。

よく見ると尻尾のところが折れている。

訳アリの理由を理解しそそくさと大きい方をむんずとつかみレジへ向かった。

家に帰り札幌から持ち帰ったななつぼしでご飯を炊こうと炊飯器を見たが7年以上使っていないためうす汚い。

キッチン近くにあったので汚れが油性で拭いても拭いても落ちない。。

仕方がないのでレトルトごはんを温めてその上に切ったウナギをのせて山椒とたれをかけて食べた。

原価は640円だ。

チェーン店の牛丼屋や回る寿司屋が出している鰻丼とは比べ物にならない程うまい。

柔らかいので切れ目が雑だがこの味ならお店で1700円は取れる。

本当にいいスーパーだ。

そういえば自宅のポストに1か月分の郵便が入っていた。

その郵便物に車の任意保険の更新案内があった。

昨年に損害保険ジャパンからおとなの自動車保険に変更した。

変えた理由は費用と自転車保険だけ。

早速その継続申請をする。

昨年同様なら21040円

免許証がゴールドなら19640円だ。

次回更新でゴールドに戻るはずだが待っていたら保険が切れるのでブルーのままで継続する。

割引は10600円だ。

早割50は明日までなのでなんとギリギリ。

オプションで同乗者の補償を引き上げた。

3000万円 → 無制限

対人補償が全て無制限なのに搭乗者だけ安いのは気にいらない。

人をのせる機会は少ないもののないわけでもない。

その代わりに紙の保険証券をやめて価格を相殺した。

おとなの保険に加入している理由は「個人賠償責任特約」この一点。

俗にいう自転車傷害保険だ。

その下に「自転車傷害特約」があるがこれは自分が怪我をした時の補償なので個人的にはいらない。

必要なのは自転車でおばあさんを轢いたときの補償だ。

おばあさんを轢く場合だけに限定する必要はないがお年寄りにぶつかってしまうと場合によっては一生病院から出てこないのでとんでもない補償が必要になる。

それに住んでいる場所では条例で自転車の保険に加入が義務つけられた。

AU損保などの示談付き自転車保険だと3600~6000円する。

そして自動車ネット保険で自転車の対人傷害特約があるのはソニー損保とおとなの自動車保険だけ。

ソニーの特約は倍するのでおとなの自動車保険を選んだ。

見積価格は若干上がったがこれで申し込んだ。

自動車保険に加入していて自転車によく乗る人は「おとなの自動車保険」を検討してみましょう。

それにしても暑い。

関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mimi より:

    札幌滞在お疲れ様でした。
    どうでした?気持ちよく過ごしていただければ、札幌市民としては嬉しいです。
    このブログは、リタイヤ系にありがちな、
    ルサンチマン的な感情がないので、とても楽しく読めます。
    貴方が人生に勝ってリタイヤしたという事がよくわかります。
    これからも、愉快な無職生活期待しています。

    • ohrat より:

      コメントありがとうございます。
      札幌はおかげさまで快適に過ごせました。
      帰ってあまりの暑さで又戻りたいくらいです。
      記事の下書きが15くらいありますので当面札幌関連になります。
      人生に勝ったかはわかりませんが楽しく過ごしています^^

  2. せこいじじい より:

    2日連続で、すき家の特うな丼(1190円)を食べた
    初日はうまく、何ともなかったが
    2日目の方はあまりうまくなく
    且つ、食後、半日以上気持ちが悪くなった
    やはり中国産ウナギは信用できない
    安全第一で、今後、中国産ウナギは食べないことにする
    ウナギを食べたくなったら、かつ丼で我慢する

    • ohrat より:

      コメントありがとうございます。
      特うな丼でもダメでしたか。
      おいしい国産鰻丼が1300円位で食べられた時期が懐かしいです。
      そういえば以前くるくる寿司をどこで食べても気持ち悪くなった時期がありました。
      あれは安い魚の身を柔らかくするために変な薬を使うのが流行っていたんだと思っています。
      若い子は安くておいしい鰻丼を知らないので可哀そうですね。