10万円でなに買おう

コロナショックの給付金の内容が何転かしている。

さすかにもう一転すると批難の嵐になるので一律10万円に決まるだろう。

一律なので貰えるものは申請して頂くつもり。

さて10万円でなにを買おうか?

先日に新しいiPhone SEが発表された。

iPhone11Proと同じのSoC(クロックダウンの可能性あり)を積んだ4.7インチのiPhoneだ。

カメラ性能が微妙なだけで小さなハイエンドスマホだ。

昔IPhone6を使っており一般的な日本人なら片手で使える最大サイズなので何かしながら検索したりチェックしたりする使い方にベストバイ。

価格は64GBで約5万円なのでアンドロイド端末だとアッパーミッドレンジの価格帯だがなんでも割高なアップル製品の中ではiPadと並び珍しくコスパが高い製品だ。

それにiPhoneの特筆すべきポイントはリセールバリューになる。

このまま2~3年ケース付きで使って傷がなくSEの後継機が発売されていなければかなりの高額買い取りが期待できる。

そして買いたい。

しかし購入しても使い道がまるで見えない。

メイン機のOneplus7はスペックもサイズも気に入っており当面買い替えるつもりはない。

サブ機にするなら電子マネーとしての使い方が日常になるがApplePayとモバイルSuicaだけでは使わない。

それにせっかく国からの給付金で海外製品を買うなんて罰当たりなことはやめよう。

他に欲しいけれど自腹で買うのに躊躇するものといえばエアコン冷蔵庫だ。

寝室は一昨年の秋に壊れにくいだろうとダイキンの最安エアコンにした。

問題なのはリビングの200Vエアコンでこちらも同じ時期に修理して現在7年目だ。

こちらは前回メーカー保証を使ったのでヤマダの修理補償が2023年まで残っている。

だから次に故障して保証+自費で直すくらいなら買い替えた方がコスパがいいと判断してから買い替えるのがいい。

となると14年使っている冷蔵庫になる。

3年前にコンプレッサーがうるさくなり買い替えようか悩んで初期費用とそれ以降の電気代を天秤にかけて電気代での回収に17年かかる計算だったのでそのまま放置した。

でも最近は冷凍食品の使用頻度が高いので壊れてから買い替えるのは厳しいものがある。

できれば冷凍庫が大きくて取り出しやすい冷蔵庫が欲しい。

とりあえず冷蔵庫は候補だ。

他には電アシもいいな

パナソニック製の電動アシスト付き自転車が今年の9月で5年目に突入する。

自宅にある製品でiPad miniの次に十分元が取れているのが電アシだ。

退職してからメインの交通手段になっている。

自転車自体はシティサイクル仕様で目立たないので盗難に遭うこともなく乗り心地などにも不満はない。

しかしバッテリーがヘタってきた。

以前はパワーモードで25km以上走れたが最近は20kmを切ってしまった。

実際1回の走行で20km以上走るなんてことは滅多にないが充電の頻度が上がるのは面倒だ。

6年乗ってからと思ったがこの際買い替えもいい。

それに長距離乗れる車種にすれば自転車での行動範囲も広がるしクルマをやめるきっかけにもなる。

以前に折り畳みの電アシも考えていたがアシストなし折り畳みを買ってしまったし自宅に駐輪して買い物に使うなら折りたためない方がコスパも剛性もいい。

10万円に2~3万円追い金すれば希望の電アシが買えそうだ。

問題なのは電アシの供給だ。

最近のニュースでフレームなどの部品を中国から輸入しておりコロナのせいで供給不安で在庫切れが起きている。

買ったはいいが納期が分からないでは困る。

いまの電アシで不満なのは航続距離なのでバッテリーを追加購入するのもありだ。

それも増量した16Ahバッテリーならパワーモードで50km走れる。

電アシのモーターの耐久性が気になるが一般的な寿命は10年といわれているのでバッテリーを買い替えて乗るものもよさそうだ。

電アシのバッテリーが4万円強なので冷蔵庫に5万円くらい使える。

よし決まった。

6月くらいには給付されるかな?

それより体調不良何とかならんのか。。


おすすめ記事

ためになる記事だと思ったらシェアおねげえします

フォローする

コメント

  1. Ritaiyajiiji より:

    こんばんは~!(^^)! 少し体調は良くなられたようですね。
    ところで、先日の消毒されている件、次亜塩素酸ナトリウム0.02%(200ppm)~0.05%(500ppm)溶液の消毒液でスプレー噴霧されているのであれば、
    1、0.02%(200ppm)~0.05%(500ppm)の次亜塩素酸ナトリウム濃度の溶液に10分以上つけることにより効果がある。
    2、または、その溶液を漬けたタオル等で拭いて、そのあと水拭きも効果あり。
    3、0.02%(200ppm)~0.05%(500ppm)の次亜塩素酸ナトリウム濃度の溶液スプレーボトル噴霧は、ウィルス飛散の可能性があるため、好ましくありません。← ここ重要です。
    ※参考 https://www.city.kashiwazaki.lg.jp/kenko_fukushi_kaigo/kenko_iryo/ryukoshikkan/18984.html
    ・次亜塩素酸ナトリウムでのスプレー噴霧は、10分の漬けおきがないため、ウイルスに対しての死滅効果はありません。かえって、飛散(拡散)するため危険です。
    宅配便の箱に噴霧するような間違った使い方は、かえって危険ですよ。参考まで・・・。

    • ohrat より:

      コメントありがとうございます
      確かに噴霧はウィルスが四散して危険かもしれませんね
      中国から輸入した郵便物はアルコール噴霧していたのでよかったかもしれませんが普通の買い物のパッケージは全部次亜塩素酸水の噴霧だったので。
      アルコール噴霧は病院で手の消毒に使っているので大丈夫でしょう。