函館旅行記3日目 〜 マックスバリューの休憩所

函館旅行記初日はこちら

体調不良で寝たり起きたりで7時過ぎにベッドを出ることができた。

ホテルの朝食は昨日に比べてせつないがこれで宿泊費込で約2千円だ。

(都民がGOTOで動き出すとさすがに2千円では泊まれないだろう)

文句を言ったらバチが当たる。

GOTO使う前提でここなら1ヶ月滞在して朝食付きで6万円で済む。

一昨年に1か月滞在した札幌琴似のマンスリーマンションより安いぞ。

今年はコロナで旅行が激減したので支出も少ないから函館で1ヶ月暮らして贅沢三昧するのもいいかも。

でも痛風になって途中で強制送還だな。

朝食は胃腸の調子が悪く生モノとか消化が悪い料理は無理なのでこれくらいでちょうどいい。

吐き気に効くドンペリドン持ってこればよかったと反省しつつ胃薬とカロナールを念のため飲んでおく。

今日の天気予報は曇りで唯一観光日和のはずだったが昨日からの雨が長引いており予報を再チェックすると昼まで降り続きそう。

ローカルニュースで近くの北斗町では避難準備情報が出てたくらい夜から朝にかけて降っていた。

残りのミッション

今日も雨風が強いのでロープウェイ止まってそうだし函館山は無理か。

この胃の調子では自由市や中島廉売いくのもなんだよなぁ。

でもイカ刺しは調子が戻ったら食べたい。

とりあえず雨が止むまで駅で時間潰そうかと9時に外に出たらなんと晴れてきた。

アポロン神に祈りを!

晴れ間と薬のおかげか体調はかなり戻ってきた。

そこで自由市場を抜けて五稜郭タワーにでも散歩してJRで戻ってくることにした。

自由市場は魚屋がいっぱい並んでる。

高級品が多いので相場はわからないけれど客がほとんどいないので大変そうだ。

少し吐き気が残っているので魚屋の匂いは厳しい。

そして道をてくてく歩いていると路面電車やってきたので千歳町駅から乗り込んだ。

乗っているのは地元の学生かと思ったらみんな一日乗車券を握りしめていたので修学旅行生らしい。

昨日も路面電車の暑さをきっかけに体調を崩したのでできれば乗りたくなかった。

でも五稜郭公園前で降りてそこからタワーまでの徒歩すらキツくなったので乗って正解。

五稜郭タワーの入場料は大人900円だ。

エレベーターが暗くなりチケットがブラックライトで浮かび上がる演出は面白い。

タワーからの写真はネット上であちこちにありそうだけど一応撮った。

念の為ジンバルカメラで撮りながらもう一周。

そして最後に肉眼でひと回りして降りた。

まだ開店前だったが五稜郭タワー内で海鮮丼がこの価格なので札幌や小樽よりはこちらの方が観光物価は安そうだ。

函館に修学旅行生徒が一杯いたのも納得できる。

タワー内の最下層もくそ暑いのでさっさと出た。

まだ10時半頃でお昼には早い。

体調は更によくなってきたので2キロ近いがJR五稜郭駅まで歩く。

一回くらいJRに乗っておこう。

大した距離でもないのに体調不良だとキツイ。

そして暑い。

気温は20度らしいが26度はあるだろ。

五稜郭駅で記念にスタンプを押してみた。

電車で函館駅に移動する。

ランチは初日に食べたどんぶり横丁市場の茶夢と同じ並びにある鮨処はこだてで函館セットA(税別1580円)にした。

ホッケは観光でことごとく外しているので回避したかったが食べようと思っていたイカ刺しとセットがあったのでチャレンジする。

男性団体客がおり混んでいたのでしばらく待った。

イカ刺しはもちろんおいしい(๑´ڡ`๑)

ホッケは脂の乗りが足りないが味はいい。

久々に食べて正解のホッケだ。

味噌汁になんの海藻かわからないけれどいっぱい入ってておいしかった。

なんだったのだろう?あおさにしては真っ黒だ。

感染防止対策はここが一番しっかりしてたかな?

味が微妙で店名を伏せた一昨日のお店も感染防止対策は万全だった。

お昼からは駅前でゆっくりして

タリーズでノートパソコン広げて投資の勉強と色々作業してマックスバリューに移動した。

そうそう、今回は旅行先のスーパーをチェックしていなかった。

スーパーはその街の物価調査にちょうどいい。

ほとんど見かけないので忘れていた。

スーパーに行けば小樽駅前の長崎屋のように地元で取れた海産物が安く売ってるんじゃないか?

フェリーで苫小牧の途中で寄港した時に寄ったイオン多賀城のように新鮮な海鮮が安く買えるはず。

口が肥えた函館市民のスーパーだから安くておいしい刺し身とか手に入りそう。

我ながら素晴らしい着眼点だと自画自賛しながらマックスバリューに入店した。

しかし生鮮食品は普通のマックスバリューだった。

残念なくらいふつう。

素人の自分が思いつくので観光客目当てのスーパーにすればかなり儲かりそうだけどその辺りは地元市場と共存共栄であえてやらないのだろう。

さすがイオン、街の行く末まで考えている戦略が半端ない(どこの回し者だ😛

生鮮食品は普通だったがお惣菜の寿司などの海鮮は安くてうまそうだった。

惣菜を横目に300円もするアイスクリームを買って、

イートインに持ち込み食べた。

このOHAYOブリュレはこの世のモノとは思えない甘さだ。

ただ大量に糖分取ったためか体調がまたよくなった。

函館市街観光で休憩所が少ないとお嘆きの方はマックスバリューでなにか買ってイートインでの休憩をオススメする。

一部の席には電源とUSBも無料WiFiもある。

下から見上げると小さく見えるがイートインはテニス1面くらいのサイズがあるのにお客さんが5人くらいしかいなかった。

さすが広大な北海道のマックスバリューだ。

無料なので文句を云うとバチが当たりそうだが難点は机が雑巾臭いこと。

しばらく居たらまた体調が悪化してきた。

マックスバリューで夕食のお弁当を買ってホテルに戻った。

ザンギは獣臭くてダメだった。

あまりいい鶏肉じゃないのに下味もつけてない。

これは地元のお店でもままあることで普通の人にはわからない嗅覚異常のせいなので普通の人なら食べられるはず。

まだ吐き気が治らない。

心残りは函館山のロープウェイだが五稜郭タワーに登ったので良しとする。

4時にはホテルに戻り読書をする。

旅行の移動や休憩中に読んでいた小説が半年がかりでようやく終わった。

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

観光はここまでにして早めに就寝した。

翌日は9時にチェックアウトして駅前のリムジンバスに乗り函館空港で2時間程時間を潰す。

この空港はお土産屋やレストランはもちろん赤ちゃんがハイハイして遊ぶ場所とか一般エリアにビジネス用机椅子があったりカードラウンジがあり規模の割にかなり充実してる。

ラウンジでゆっくりして1階のラーメン屋でランチを取って名古屋国際空港に戻った。

最終日は体調が90%まで戻る。

今回の旅行は体調不良に振り回された。

胃カメラで胃が荒れているとH2ブロッカーの胃薬を処方して貰い治療してからやってきたのが失敗だったのかも知れない。

胃液分泌が低下している状態で函館で消化しにくい生モノばかり食べて消化不良の吐きくだしになったようだ。

あと初日にグーグルの気温を信じてフリースを着たのも失敗だった。

路面電車が暑くてふらふらになり体調不良の引き金を引いた。

旅費は宿泊や食事も込みで約52000円だった。

通常だと航空運賃だけでこれくらいかかる。

ポタリングもできたしミッションの食事もできたし雨にも然程降られずに体調不良な旅行の割に満足だ😁

風に邪魔されて函館山のロープウェイに乗れなかった方が心残りか。

長期滞在して毎日海鮮を買い込んで自分で料理して生活するのもよさそう。

札幌滞在で通ったマンボウ、北海市場、ジェイアールのような海産物の激安スーパーがあるか分からないけれど海産物の物価は札幌より安いので今回宿泊したホテルのような場所と調理して食べられる場所を確保できるならまた来たい。

あと函館も旅行して気に入ってる街の福岡、仙台、松山などと並びコンパクトシティっぽいなと思ったら立地適正計画なるものを検討しているようだ。

移住計画は頓挫しているがコンパクトシティを巡って街を比較するのも面白そう。

今回もダラダラとした旅行記をご覧いただきありがとうございました。

ではまたいつかの旅行記で🤗


おすすめ記事

ためになる記事だと思ったらシェアおねげえします

フォローする

コメント

  1. スズメ7 より:

    いつも貴重な情報をありがとうございます。
    函館グルメクーポンは貰えたのでしょうか。