テレビ2台を売却した

モニターに買い替えたので地上波チューナーのついたテレビ2台を売却した。

といっても一銭にもならず運送費を取られた。

大型液晶テレビで11年前と12年前の製品なので仕方がない。

液晶テレビは製造から5年以下ならそれなりに価値があり10年以上で無価値になると言われている。

理由はメーカーの修理部品保管期間が一般的に10年だから。

本来は古いテレビの廃棄には家電量販店にブツを持ち込みリサイクル券を買ってリサイクル工場までの運送費を含めて4〜5千円を支払う。

もしくは家電量販店のネットショップでリサイクル廃棄の申込みをして引き取ってもらう。

その場合は7千円前後が相場になる。

大型液晶テレビでどちらも20kg以上ありクルマの後部座席には乗らないので自分で家電量販店まで運ぶなら軽トラをレンタカーする必要がありそう。

それなら7千円出して運んでもらった方がいい。

ただこれでは能がない。

メルカリで大型家電を売る場合にはこのサイズなら8千円程度出せば大型メルカリらくらく便で梱包して持って行ってくれる。

それを売値に乗せて赤字にならない程度で売ればいい。

でも送料差し引いて1円で売って取引後に動かないだの引き取れだのと揉めたら面倒だ。

というわけで買取業者を当たってみた。

ネットでまとめて見積もりをしてくれるサイトはいくつもありその中のひとつの「おいくら」を利用した。

この手の買取オークションみたいなのは使ったことがなかったので段取りを間違えた笑

1軒目の見積もりは商品ゼロ円+引き取り配送料3000円と連絡が来た。

それ以降しばらくどこも通知が無かったのと見積もりを出してくれたショップの注意書きに今の相場はタイミングによるという焦らせるニュアンスの文章があったためそのままチャットで買取を進めてしまった。

旅行が迫っていたのでその前に処分を終えたかった。

しかし引き取りの段取りを決めて確定する寸前に2軒目が2500円〜4000円で配送料ゼロ円という見積もりを送ってくれた。

この最低差額で5500円だ。

まだどのショップに決めるか確定ボタンを押してはいないものの先に日程決めて段取りを決めて住所まで教えてしまったのでさすがにそこで高い見積もりが来たのでやめてまた一から引き取りの段取りをするのも面倒だ。

あと社印押印の買取証明書を発行するというのにも惹かれた。

NHK解約に普通のレシートよりは買取証明があった方がスムーズに手続きができそう。

テレビ引き取りの場合NHK解約が多いだろうからどの業者も買取証明を出してくれるのかもしれないが確認するのも面倒だった。

気が短い性分は仕方がないが5500円の差なので設定した期限まで待って見積もりが出揃ってから買取ショップを選ぶべきだったと反省をした。

あと2日残っていたのでもしかすると更に高い金額提示があったかもしれない。

下手に10年越えたテレビに買値はつかないという情報が頭に入っていたのが敗因のひとつだ。

まあそれでも家電量販店で引き取ってもらってリサイクル券で7000円x2台よりはかなり安く済んだのでヨシとしよう。

ゼロ円で買い取る業者さんは電源をつけてテレビ放送が映るか確認して担いで持っていった。

当初は倉庫に置いていたが引き取り当日におそらく映る事を確認するよな〜とアンテナ線があるところまで一旦テレビを移動したのは正解だった。

これで自宅からテレビが無くなった。

あとはレコーダーを処分してNHK解約手続きだ。


おすすめ記事

ためになる記事だと思ったらシェアおねげえします

フォローする