社会保険106万円の壁

スポンサーリンク

条件の組み合わせてこれまでの130万より低い106万円で社会保険を支払う必要が出てきた。
弱者から更に金を取ろうという魂胆。

ただでさえ少ない収入が減ってしまっては壁を超えないよう106万以下に調整する人が増えるだろうし、家計に大きなダメージがおきる。

そんなに医療保険が足りていないなら大した症状もないのに暇を持て余してか病院に足繁く通っている老人の負担を引き上げて3割以上にすればいい。

本当の弱者も多少いるだろうから実績利用費用による累進負担でもいい。

これからの日本の生産には寄与しない人達だし、老人ではなくとも所得税のように所得が増えれば増えるほど高くなる累進負担にするのも一つの手だろう。

更に気になるのは厚生年金。

主婦で扶養家族としていた場合、106万稼ぐと強制加入させられ自ら支払わないといけなくなる。

そして年金受給はどうなるのか。年金は25年以上支払ってようやく受給の権利が得られる。

それ以下だともらえないという困った制度。さてこれから106万の壁で支払うようになった人達は25年以上年金を支払えるのでしょうか。

もしかして扶養家族の期間も何らかの救済措置があるかもしれないが、例えば106万円を25年間働いて年金払って65歳超えて受給されるのはおおよそ月1.2万円。

元々いま生活費が足りなくてパートで働いているんだからそんな先の年金よりいまお金が必要な人々から搾取するのは老人優遇政治の成れの果てだろう。

最近の最大勢力は道路族でも建設族でもなく老人族議員ではなかろうか。

だから若い方はどんどん選挙に行こう!

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする