サンパウロの先生は厳しそう

スポンサーリンク

サンパウロの先生の給与が上がらなくて大量に辞めている。

http://saopauloshimbun.com/サンパウロの州立校教師%E3%80%80月平均334人が退職/

日本であれば教員ほど安定している職はないかも。

昔は仕方なく教員になっていた奴が多かったがいまや声がかかるのを待っているくらい。

周りにも大手を辞めて教師になった人も何人かいる。

昔だったら絶対あり得なかった。

教員は昔ながら私学でもない限りリストラもまずないだろうし、長い間育休で休職していても普通に復帰できる今や理想に近い就職先。

昇給も年功序列で安定しているところが多いようだ。

さて今回は昇給の話題。

初任給ランキングに載っている企業であれば結構簡単に平均昇給が出せそうだ。

この4月から多くの企業が新入社員を迎えた。これから月末にかけて新社会人は一生に一度の経験をする。初任給をもらうことだ。学生時代にもアルバイトで稼いでいた人は少なくないはずだが、社会人として働いたうえ…

2015年の初任給ランキングらしいが上位に入るべき名だたる企業が載っていなかったり下の方にいたりするのでアンケートに回答した企業限定なのか賞与が反映されていないのか、大手でも新入社員の給与格差があるのか、営業職がコミッション制で安く抑えられている結果なのか何が理由かわからない。それでも指標にはなりそうだ。

名指しでシュミレーションすると企業批判になるのであえて上位にありそうな想定会社を作ってみた。

初任給 30万  平均給与 550万  平均年齢 40歳

どうだろう、見た目かなりいい会社ではないだろうか。 初年度の賞与を年間4ヶ月と想定すると年収は30x16ヶ月で年収480万になる。

平均昇給額は(550-480)/(40-22)/12で月3千2百円だ。

いい会社だろうか。

ランキング上位の企業の名誉にかけていっておけば、計算してみればもう少し昇給のいい会社がゴロゴロあるが初任給だけ見て飛びつくより平均年収と比較してどの程度昇給していく会社か見極める必要がある。

自分が入社した当時の1.5倍以上の初任給を支給しているので新入社員にとっては嬉しいだろうが昇給が抑えられている。

今の世代や40前後で自分の年収に辿り着くのは難しだろうし自分がその上の世代の年収に近づくのも難しい。

一部企業を除きベースアップなんては死後になりつつある。

これからの成長企業はもっと期待できるがさてどの業種がこれから成長していくか見極めが難しい。

退職や老後についてのブログだったがたまには初心にかえって新入社員の頃を思い出すのもいいか。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする