寝たきりを前提とした生活レベル

スポンサーリンク

以前退職時期をテーマにいつ辞めたらどの程度の生活ができるかを記事にした。

退職時期による経済レベル – 退職しよう

親父が癌になり医療費や老人ホームの費用がそれなりにかかることから、今度は自分が癌か循環器系疾患などになった場合を想定していつやめれば資金が底をつかないかを算出してみる。健常時の生活費は20万、寝たきりになって医療費は8.5万、老人ホーム費は親父の試算より少し安く15万、生活費は半分の5万とした。老人ホームの入居費が200万に設定。全体的に低めだが医療費と老人ホーム費はそれほどかぶらないのではないかといった甘い展望だ。

支出

60歳で寝たきり

20万x12ヶ月x10年 通常生活費

8.5万x12ヶ月x25年 医療費

15万x12ヶ月x25年 老人ホーム費

入居費 200万

5万x12ヶ月x 25年 生活費

合計 11,150万

65歳で寝たきり

20万x12ヶ月x15年

8.5万x12ヶ月x20年

15万x12ヶ月x20年

入居費 200万

5万x12ヶ月x20年 

合計 10,640万

70歳で寝たきり

20万x12ヶ月x20年

8.5万x12ヶ月x15年

15万x12ヶ月x15年

入居費 200万

5万x12ヶ月x15年 

合計 10,130万

実際には寝たきりになって25年生き続けるのは地獄だろうがおそらくその頃には自力で死ぬこともできないので仕方がない。50で辞めた時のプランで収支はトントンなので若干余裕がほしい事を考えても53歳まで働いた方がいいのかと思えてくる。ただ今年あたりから希望退職のオファーが減ってきているのでチャンスを逃すのも怖い。さてどうしたものか。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする