ブログ更新用にキングジムのポータブックが欲しくてたまらない

スポンサーリンク

ブログの更新はスマホかiPad mini4でやっている。

20年ほど前に通称バタフライ、THINKPAD 701Cが欲しくて仕方なかったが結構高くて手が出なかった。

どうだろう、このワクワクする合体ロボ感。

それから長い間ギミックPCが欲しかったが中々バタフライに次ぐものが出てこなかった。そこに登場したのがキングジムのポータブックである。

素晴らしいギミックだ。もちろんポメラも使っていないのに持っているので即買いのつもりだったがなにせ評判が悪かった。だから躊躇した。

しかし突然6万円したものが突然の23000円程に下がってきた。これはブログ更新用に買わなければと。

ただそこで考えた。使うシチュエーションがあるだろうか?と

平日は仕事でPC持ち歩いているのでいくら軽いといっても830gとはいえ普通のノートPCと持ち歩くと2キロを超えてしまう。

ありえない。

休日は家のPCで更新しているし外で打ち込むのはスマホかiPadの方が機動力がある。

CPUはATOM x5-Z8700で、同じCPUの中華タブレットやKangaroo PCやステックPCなど変なものをいくつも所有しているのでパフォーマンスはイメージできる。

この機種は排熱が悪いようで高負荷で減速するタイプ。軽いオンラインゲームでも無理。

PCを休日持ち歩くならオンラインゲームが出来ないのは残念感が強い。たまにゲームのためWINタブレットを持ち歩いているのでポータブックとWINタブレットとiPad mini4の3台持ちはきつい。

さらに画質もイマイチらしい。

ポータブック持ち歩いて使うとなるとスタバやその他コーヒーショップとなる。

iPad mini4にキーボードでいいだろう。

ふとギミックがあるキーボードを数年前に買っていたのを思い出した。エレコムのTK-FBP049だ。

外出先でオンラインゲームやるためにエレコムブルーツゥースキーボードでギミック付きのをLenovo miix2 8とセットで買った事をすっかり忘れててた。


これを使えばいいと引っ張り出してiPad mini4につないでこの記事を書いてみたが使える。


単4電池1本で稼働するのでエネループとか普通に使えるし17.5mmのキーピッチに235gの重さ、たためばスマホひとつ分のサイズとモバイルキーボード。

打鍵感もポメラと遜色ないし後継がなくなった理由がよく分からない程出来たキーボードだ。

便利だと自己満足してこの記事の修正にiPadの仮想キーボードに戻してみると、なぜかこっちの方が速い。

えw

iPadにキーボードつないで入力するときはカーソルの位置を変えるのに手をキーボードから画面に移さないといけないが仮想キーボードであればそのままのポジションで入力できるのではかどる。

もちろんブラインドタッチができる人なら確実にこのモバイルキーボード使った方が速い。

自分の場合は4本指で入力しているので物理キーボードの強みが半減してしまう。

でも使わないかもしれないがギミックを見せびらかすだけでも楽しい。

自分にとって使い道はそれだけだった(笑

だからTK-FBP049を数年前に押入れにいれてたのかと納得。

それでもブラインドタッチユーザーもそうだがWINタブレットの仮想キーボードは挙動がおかしく使い勝手が悪いからこのキーボードが使える。

エレコムのTK-FBP049とキングジムのポータブックのどちらも在庫限りになるので今回スルーすると二度と出てこない製品だと思うから、ギミックが気にいったら買っておこう。

自分のようにバタフライを買えなかった無念を20年抱えて生きていかないために。

そしてもう一つ外出先でオンラインゲームをやるために欲しいものがある


GPD WINだ…なんていっているときりがないな。。

AKIBA PCの記事

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする