シンガポール富裕層の移住

池上彰氏の番組でシンガポールに移住する富裕層を報じていた。

法人実効税率が日本では29.97%に対してシンガポールは17%。

個人の所得税は日本では4000万円超の税率45%に対してシンガポールは20%だ。

来年から22%に上がるもののそれでも日本よりはるかに安い。

お金持ちに優しい国。

そして日本からの永住者も増えている。

フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティの高級車でドライブするコミュニティがある。

シンガポールでは富裕層への建築ラッシュ。

8億円のマンションがある。

大物投資家のジムロジャース氏も住んでいて注目する投資先は、

『おそらくいいのはロシア、カザフスタン、コロンビア、ベトナム、北朝鮮、

今現在私はどこにも投資しないけどいい展望がある。』

そして貧富の格差について語る。

『世界には貧しい人も金持ちもたくさんいる。

それはいつの時代にも同じ。

多くの人が変えようとしてきたが変えられた人は誰もいない。

私の解決策は自信がある人に好きなだけ稼がせる。

たくさん稼ぐ人の多くはチャリティなどで誰かに与える。

大金を稼ぐのは悪いことではない。』

   

シンガポールは金持ちの国。

それを首相自ら推進している。

そして富裕層が集まる。

すると雇用を生む。

雇用を生むから経済が活性化する。

資本主義の基本だ。

そして貧困や格差の話に続く。

池上彰氏は特にどちらがいいともいわない。

いつもの進め方。

社会民主主義なのかな。

結局所得階層は事実ありそれを簡単に変える事はできず、低所得から抜け出すために勉強していい学校にいい会社に就職する。

家の所得に教育レベルは比例する。

しかしこれは日本では江戸時代から変わらぬ文化。

家柄がよければいい先生のつくこともできればいい職にもつける。

当時は農民は農民、商人は商人、士族は士族になっていたためその頃よりは自由度が上がっている。

貧乏人の子供でも例えばYoutuberになって高所得者になれるし、サラリーマンでも自力である程度は成功できる。

完全平等なんて世界はないから仕方がない。

必要なのは生活保護などのセーフティーネットだがそれを悪用する人もいたりするので監視も必要。

考えるのは必要だが何か変わるわけでもない。

上を見てもきりがないし下を眺めても意味がない。

みんな自分の生き方を進むしかない。

関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Close your account?

Your account will be closed and all data will be permanently deleted and cannot be recovered. Are you sure?

Are you sure?

By disagreeing you will no longer have access to our site and will be logged out.