胃カメラ検査の結果聞きにいったら

スポンサーリンク
10のステップで鼻から胃カメラ検査受けてみたらまさか!?
胃がかなり痛くネットで調べ年間2000人以上の胃カメラやってる県内随一の経験を誇る胃腸内科に行き、予約をして1ヶ月半程待ってようやく受けるこ...

   
胃の調子が悪く胃カメラ検査を12月に受けて食道にポリープがあるのとピロリ菌の有無を病理検査の結果が出ているようなので病院に行ってみた。

前日アバモンという睡眠導入剤を飲んでAM2時に寝て6時に起きる予定だったが無理だったようで完全に寝坊をしてしまい到着したのが診察開始の9時で病院にはすでに30人以上が待っていた。

これは時間かかるなとじっと待っていた。

この日は親の病院に行って12月分のアフラックに申請するための診断書を貰わないと行けないし親が入院してる病院も午前中で終わるので移動時間40分入れて間に合うかなと焦っていた。

土曜日午前中なんてサラリーマンが唯一会社に文句も言われず病院に行ける時間になぜ定年超えてるジジイや女子供がこんなに多いんだろう。

それにだいたいなぜ医療費三割負担と一割負担が同じ扱いなんだ。

お前ら暇なんだから平日にいけよ、それか法的になんとかしろよ、などといらいらしながら寝坊した自責を無視して待っていた。

キャンセルしようと受付に話しにいこうとした矢先にギリギリの時間で呼ばれて医師の話はマジで約30秒

  • 食道のポリープは癌化していない。
  • ピロリ菌はない。
  • 安心してください。
  • 念のため8月頃に胃カメラの再検査をしてほしい。

以上で診察料1050円也。

別に診察料が高いと言ってるわけでなくこんな内容聞くならメールで通知してくれてもいいような気がする。

ホントこの国の医療システムなんとかした方がいい。

それとポリープはガンじゃないと考えていたので驚きも安心もなかった。

それよりピロリ菌がいないとわかった事は今後の胃がんリスクがほとんどなくなったので嬉しい。

ただこの年代でピロリ菌がいないのはホントに不思議。

周りの同年代は結構ピロリ菌の除去をしているので信じられない。

それに実家は田舎で井戸使っており幼少の頃2年位はそこで過ごしているはず。

母親が潔癖症まではいかなかったがかなりの綺麗好きだったのでそのおかげなのかもしれない。

そういえば希望退職の件がヤバそう。

人事は完全に希望退職の準備を停止している。

なんともいえないのだがまさかのトランプ大統領のおかげで無くなりそうな状況。

辞める事分かってるのに今の職与えないだろうから閑職に追いやられてしまう。

まあそれはそれでいいのだが遊ばせる会社ではないので雑務で忙しくなる。

円安放置してるしメキシコに壁作ると本気らしいしあのおっさんには困ったものだ……

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする