銀行口座も増えすぎた

スポンサーリンク

去年の末にはUFJと地元の地銀の口座2つだったのが親の相続用やら知り合いの依頼とかデビット欲しいとか退職金定期用などで一気に7口座(6銀行)になってしまった。

退職金定期用に最低でもあと2つ口座を増やすので9口座になる。

当面現金を預けるためであり、退職金を1%以上で1年間運用するための銀行もある。

これだけの口座があれば1銀行1千万以下でペイオフ対策でもいいが管理が面倒である。

まだ決めたわけではないが大雑把なポートフォリオはこんな感じで考えている。

  • 現金資産 1600万円
  • ゴールド 1000万円
  • 海外不動産 2000万円
  • 海外定期 1000万円
  • 物価連動F 1000万円
  • 株式 1000万円
  • 介護保険 500万円
  • 年金保険 100万円(積み立て)
  • iDeCo 700万円(定期)

現金をそれほど持つわけではないので銀行口座は2つあれば充分だろう。

コンビニ銀行の台頭で三菱東京UFJなどメガバンクは利便性も特典も何もなくなったので空にする予定。

それにメガバンクは貧乏人に冷たいし。

メガバンクの割に融通効きそうなのでメインバンクにしようとしていた三井住友もこの前窓口で振込みをしようとしたら入り口の行員のおばさんの対応にイラっとしたので全部引き抜く。

退職金定期口座も定期が終われば引き抜くだけ。

だからメインバンクは当面地元の地銀にして札幌、仙台、福岡のいずれかに移住したらそこで新しい地銀をメインバンクにすればいい。

サブバンクと通常使用カードは住信SBIにする。

住信SBIに300万円以上預ければATM利用料が月7回無料で他銀行への振込み手数料も7回無料になる。

それにVISAデビットカードとしても使える。

元々は海外に行った時の国際キャッシュカードで手数料の安いカードということで選んだのだが使って見るとかなり便利だ。

クレカ審査落ちからのデビットカードを考えてたら…
セブンカード(JCB)のクレカでまさかの審査落ち。退職前なので少し焦っている。メールで通知後書面で届くので何か理由が書いてないか待っ...

住信SBIを推しているわけでなくATM手数料重視なら新生銀行がベスト。

コンビニATMで24時間365日無制限手数料は驚きだ。

ただ月に多くて3-4回しかATMは使うこともないし海外ATMの手数料安い住信SBIが自分にとってはベターだろう。

作った口座を解約する必要はないが最終的に7つは空にして地銀と住信SBIのみにする。

クレジットカードも同じなのだがキャッシュカードや銀行通帳を何枚も持っているだけでイラっとする。

これは何かの病気なのかもしれないな。。。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする