退職後の暇の恐怖

スポンサーリンク

先日64歳の会社OBにあって話す機会があった。

最初の部署で一緒だった先輩で当時ゴルフを教えてもらった事もある。

ゴルフ、スキー、テニス、登山、野球、車、酒、女と多趣味な人だった。

それでも今は暇でやることがないという。

ゴルフ好きだが毎日やっていたら1回1万円としてもそれだけで30万になってしまう。

でもこのOB最終年収が自分より300〜400万円はいい時代に入社して定年退職しているので遊びまくっていても1億以上の資産は持っているはず。

それでもやることがないらしい。

確かにスキーだって冬毎日滑るわけにもいかない。

登山だって毎日登るわけにもいかない。

車だって毎日ドライブに出かけていれば飽きてくる。

そして年金が少ないから節約生活になってしまい遊びに金を使わなくなる。

金持っている人ですら退職者は口を揃えて同じことをいう。

金がかからない野球もこの歳になってくるとチームを組むこともままならない。

結局週の大半やることがなくて暇をしている。

そして身近にいる今年定年退職する人も数年働くという。

経済的に問題ない人ですら働く。

怠け者の自分には理解できないが日本人は働き者だ。

以前老後の趣味を考えた。

老後の趣味はこの18選から決めよう
会社を辞めたら当面はNetflixでドラマと映画観て、Dアニメストアでアニメ観て、たまに美味しいもの食べて週2回近所と県立の図書館行き、ウィ...

しかし興味のない趣味を始めても仕方がないし長くは続かないだろう。

仕事一筋でなくとも一週間の大半を拘束されていたのがフリーになるので時間を持て余すのも仕方がない。

自分の場合はどうかといえば、休みでぼーっとしているのはテレビを見ていた時だけだったかもしれない。

今はテレビすら観ないので常に何かをしている。

家にいてもネットで何か調べているか本を読んでいるか動画配信観ているかゲームしているか何か考えているか変な画策しているかのどれか。

家で音楽を聴く習慣がないのでぼーっとすることがないのかもしれない。

先週日曜日にふと2時間ほどやることが無くなって困った。

必死にやることがないか探してしまった自分が少し怖かった。

だからなぜか用もないのにドラックストアに行った。

少し何かの精神疾患があるかもしれない。

退職すると余暇が約3倍になる。

退職直後は各種手続きで役所に行ったり気の向くまま旅行をしたり夜通し未観ドラマを一気に観たり今まで出来なかったことをするだろうけど直ぐに暇になりそう。

生活資金はいくらあっても足りないことはないので「成果を期待しない金儲けを考えて実践する亅がライフワークになるのかもしれない。

例えば簡単なところなら定期的にタイに行って国内で売れそうな製品をマーケットで仕入れてフリマかヤフオクで販売して70%捌ければ旅費も含めて黒字になりそう。

ものによっては中国や韓国製品と比べれば遥かにコスパがいいようなので狙いどころではある。

あとは仕入れのセンスがあるかないか。

少し応用して向こうの業者と国内業者をBtoBで結びつけて手数料で稼ぐことも出来そうだがここまでくると完全に業務になってしまうし会社を辞めた意味が分からなくなるので程々なのがいい。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする