もしタバコをやめていなかったら

スポンサーリンク

2002年7月に禁煙をした。

元々ヘビースモーカーで20代は仕事場も自席でタバコを吸えたこともありどんどん本数が増えていき最終的に通常3箱、飲みに行くと5箱が普通になっていた。

健康によくないのは当然だがタバコを吸っていた時代はストレス解消にはなっていたはずだ。

禁煙の理由は睡眠時無呼吸症候群の前兆で飲みに行って帰ってきて寝ていたら息ができなくなって飛び起きたため、当時無呼吸症候群など知らないのでタバコのせいにした。

それからニコチンガムと禁酒でタバコをやめることに成功している。

タバコをやめると体重が増えるとよく言われるが、数年で7-8キロ太ってしまった。

BMIは20の痩せ型からちょい太り体型になった。

体調はよくなったものの食事の量と回数が増えてLDL(悪玉コレステロール)が高くなり、腹部大動脈にプラークが出来てしまった。

血管の検査をすれば中性脂肪が増えたためか動脈硬化が実年齢以上に進んだり総合的に見てタバコをやめた事がプラスだったが微妙ではある。

それでも経済的にはかなり節約が出来ている。

当時吸っていたタバコの銘柄はマイルドセブン。

今ではメビウスと名称を変えているらしい。

メビウスの価格の推移はこのようになっている。

1977.6.1 150円

1980.4.22 180円

1983.5.1 200円

1986.5.1 220円

1997.4.1 230円

1998.12.1 250円

2003.7.1 270円

2006.7.1 300円

2010.10.1 410円

2014.4.1 430円

2016.4.1 440円         

2002年8月からこの15年間平均4箱吸い続けていたとすれば

2002.8-2003.6.31 250円x4箱     

2003.7.1-2006.6.31 270円x4箱    

2006.7.1-2010.9.30 300円x4箱   

2010.10.1-2014.4.1 410円x4箱     

2010.4.1-2014.3.31 430円x4箱     

2016.4.1-2017.5.30 440円x4箱     

ざっと864万円。

あと25年生きてメビウスが440円から値上がりしないとして4箱吸い続けていたら2470万円。。。

やめたのは正解だ。

ヘビースモーカーのみなさん、とっととタバコはやめましょう。

通説だけどヘビースモーカーってニコチンが体に滞留する時間が短い。

こまめに補給するわけで精神的に我慢もしていないので依存度が低いからやめやすいともいわれている。

実際禁煙に苦労した記憶がない。

タバコをやめてその費用でジムに通う。

これがベスト。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする