無職になって最初にしたこと? 〜 坊主にはげに遺伝子と

スポンサーリンク

7/1から無職。

ぷーたろーでもあり失業者でもある。

親の脛かじってないからニートではないよな。

海外旅行の入国手続きのOccupationではNoneになる。

でもNone(無職)にすると入れてくれないかもしれないから詐称してOFFICE WORKERだろうか。

とまあ、どうでもいいことはさておきサラリーマンが無職になって最初にやらないといけないのはこの3つ。

  • 国民年金への加入手続き
  • 国民健康保険の加入
  • 失業保険貰うために求職申込書の提出

健康保険はとりあえず国民健康保険には加入せず勤めていた会社の健康組合の任意継続使ったので新しい保険証を待てばいい。

失業保険は離職票が必要なので10日〜2週間待たないといけない。

国民年金も退職証明が必要だが退職後14日以内に加入するように提出期限が決められているので離職票を貰う前に支払う意志がある証明に役所に一度行っておいた方がいいな。

だから役所に行くこと、だけど今日は土曜日だったので行動は月曜日からになる。

やらないといけないことではなく最初にやりたかったこと、それは坊主にすることだ。


学生時代野球や柔道などやってたわけでないので坊主頭にした経験はない。

もちろん社会人で坊主にしたこともない。

数年前に若手社員や当時の部下などが坊主にしているのをみてやりたいなと思ったこともあるがこの歳になると退職を切り出すよりも勇気が必要。

仕事上坊主はさすがにという気持ちが強いのとあの人ハゲ隠しに坊主にしたなと思われるのが気に入らなかった。

でも無職になれば好きにできる。

アマゾンでバリカンも買ってある。

本当は刃先が180度回ってセルフカットがしやすいモデルが欲しかったのだが、アマゾンの在庫切れのためか7000円したので仕方なく安いのを買っておいた。

充電がない交流式は安いが浴室に新聞引いてカットして髪はゴミ箱、身体についた髪はそのままシャワーで洗い流すため充電式が必須だ。

パナソニックのバリカンとフィリップスで悩んでいたがこちらは油を差さないといけないので最終的にはフィリップスにした。

しかしどちらにもファンがいるので使ってみてわかる長所、短所があるのだろう。

坊主の人はバリカン数個持っているようなので今回のが気に入らなければフィリップス HC3412→パナソニック ER-GF80-S→フィリップス QC5572の順で買っていくことになりそうだ。

坊主を維持するために毎週理容店に通っていたら最低でも月に4000円かかるのですぐに元が取れる。

バリカン買って坊主に似合うメガネも買っていたので準備万端。

JINSで坊主に似合うメガネ買ってみた 〜カラーコントロール?
退職したら坊主にする予定。理由は2つありひとつは散髪代をケチるため。セコいと思われるかもしれないが通っているヘアサロンは1回...

さて早速セルフカット開始。

浴室に新聞をと思ったが取っていないのでゴミ袋大を切って広げた。

少し小さいが髪の毛を落とす場所を間違えなければ大丈夫だろう。

裸になり、ためらいなくいきなり横からまずは9mmで刈り始めた。

この機種は1,3,5,7,9,11・・23mmの長さで刈ることができる。

鏡を見ながら9mmは思ったより長いので7mmに変えて刈っていく。

バリカンの刃先につけるコーム(長さ調整するためのくし形で髪が直接あたる部位)に髪の毛がくっつくので定期的に落としながら刈り進める。

これは思っていたより大変だ。

髪の毛が寝ているとそこだけ長い毛が残ってしまうので手やクシで起こしながら刈り上げていく必要がある。

下から上に行ったらまた逆もやる。

30分くらいで頭を触ってみるとまだガタガタ。

長さももう少し短い方がいいと5mmに調整してそれから15分程刈って鏡を見たらいい感じ。

手で触っても滑らかになっている。

ここで身体から髪の毛を払ってゴミ袋に溜まった髪の毛を慎重にまとめてゴミ箱へ入れる。

身体はまだ髪だらけなのでシャワーで落として髪も洗う。

ここで感動。

一瞬で頭が洗える。

そしてバスタオルですぐに乾いてしまう。

この前買ったばかりのドライヤーが意味なくなってしまった。

洗面台の大きな鏡で頭を観察するとまだ1本単位の刈り残しが点在するし高さが違う箇所があるので見えるところはハサミで切って、手が届かないところはバリカンで刈る。

そして頭を洗うを3回繰り返してようやくなんとか初心者の理容師クラスの坊主ができた。

やってみてわかったのは普通の頭から坊主にするときだけは理容店に行くべきだった。

長い毛を刈るのは思ったより大変。

近所の理容店ならシャンプー、顔そりなしなら1200円で切ってくれるしQBハウスで1080円で坊主にしてもらった方が断然綺麗な仕上がりになるだろうし早い。

長さが分からなければまずは7mmにしてもらいセルフカットで5mmや3mmに調整すればよかったと反省している。

それでも坊主頭は気に入ってる。

  • 週1回はバリカン使ってメンテしないといけない
  • サングラスかけると危ない人にみえる
  • 炎天下では絶対帽子かぶらないと危険
  • 脂性だとこまめに洗うか脂取り紙使わないと頭がテカる
  • 白髪染めが無理(脱色は多分できる)
  • 頭にものが当たると怪我をしやすい
  • 汗が垂れやすい

とデメリットもあるが清潔感、洗髪時間短縮、寝る時のさっぱり感、顔が洗えるところなら頭も洗える、というメリットはかつて経験したことがないほどいい。

自分の場合はAGA治療をする気はないが毛が少ないほうがリアップやロゲインなどミノキシジル系の育毛剤が髪に付着せず直接地肌に乗りやすいので抜け毛が気になり始めた人にこそ坊主はいいと思う。

今は知らないけれど10年位前のロゲインなんて髪の毛に着くと白い粉になりフケに見えて最悪だったので坊主なら夜塗って朝サッと洗って会社や学校に行くことだってできる。

あとハゲ関連で若いうちに遺伝子検査はやっておいた方がいい気がする。

自分の場合は悲しいことに禿げやすい体質だった。


日本人の半数が禿げやすく、そのうち7.5%が高確率で禿げるようだ。

もし禿げない体質と分かれば嬉しい。

ハゲが異常に気になる人は絶対検査した方がいい。

自分の場合は多毛症みたいで抜け毛が多くても若いうちは普通だったがこれを知っていれば対策もあったはず。

購入したMycodeで3万円する。

でも若いうちならハゲの検査だけでも元が取れると思うし自分自身の設計図を知っておくのは疾病リスクを知って予防も可能になるのでいいことだ。

話が脱毛に逸れたが坊主万歳!

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする