タイ・フェスティバル 

スポンサーリンク

ちょうど一ヶ月前だが6/3(土)のタイフェス名古屋に行ってきた。

もうすぐにバンコクに半移住できそうか視察旅行に行くのでその前に情報を入手したかった。

名古屋栄に11時過ぎに着いた。

場所は久屋大通公園の久屋公園とエンゼル公園の2箇所。

2箇所といっても横断歩道でつながっている。

既にスムーズな移動ができないほど混んでいるのでブラブラ歩くことはできない。

早めに食事をと探してガイヤーン(焼き鳥)とモヤシや人参のすっぱい香草の入ったサラダのようなもの(野菜炒めが冷えていたのかわからない)とタイ米の白米使ったセットを食べた。

ガイヤーンはおいしかったがすっぱいサラダが曲者でやけに辛かった。

すっぱい味は身体に良さそうな気にさせるので嫌いではない

タイ米はやはりタイ米。

白米のまま毎日食べるのは厳しい。

あと以前も何度かタイ料理屋に行ったことがあるが、なんにでも砕いたナッツが入っている。

パッタイもそうだったし今回のすっぱいサラダにも大量に投入されていた。

タイのすっぱいのも甘いのも大丈夫でパクチーも他の香草もいけるのだがこのナッツ入りが苦手だ

避けようにも料理にくっついているので一緒に口に入ってくる。

ナッツといってもアーモンドやかぼちゃの種などは大好きなのだがピーナッツが苦手だとここ最近タイ料理を食べて気がついた。

ピーナッツを食べる機会がなかったので気が付かなかったが柿ピーは気がつくとピーナッツだけを残している。

タイ料理の多くに使っているようなので最初に覚えないといけないタイ語は「コーヒに砂糖少なくして甘くしないで」や「あまり辛くしないで」ではなく「料理にピーナッツ入れないで」のようだ。

あと試食でタイカレーを食べた。

美味しかった。

レトルトパックになっていたので買いたかったが買うなら現地の方がいいかとやめておいたくらい

ただ一番辛くないのをもらっても辛かったので辛さは覚悟しないといけない。

おいしいことはよくわかったが多くの店舗が日本で店舗を出して商売しているようなので日本人向けに味を変えていないかということ。

日本人は馬鹿舌でも味にうるさいのでそれなりに料理のレベルが上がる。

これは現地に行って確かめないとわからない。

自分の欠点の一つなのだが嗅覚が異常にいいので少しでもまずいと食べられない。

ぐるぐる会場を回りマッサージを受けてみたかったのだが相場が10分1000円と高かったのでやめておいた。

昔、日本人がやっているタイ式マッサージに通っていたのでどんなものかは知っているがタイ人がやってくれる本場のマッサージは気になっている。

これも7月のタイ旅行にとっておこう。

雑貨類も可能なら旅行の往復ついでに少量輸入業でもやろうかと目を凝らしてチェックしていたが日本に輸入してきて売れそうだと思えるものはなかった。

ハーブボールは個人的には好きだが興味持っている人はあまり居なかったし、有名人が使って健康になったとかの噂になってブームにでもならないと持ち込んでも在庫抱えるだけになりそう。

あとポイントはにおい。

フェスの会場全てに充満しているタイ料理の香草や砂糖や香水が入り混じった日本にはない香り。

最初は、「あ、このにおいヤバイかも」と思ったが1時間も廻っていると慣れてしまった。

嫌いではなさそうだ。

あとタイ旅行のYoutuber第一人者のワッキーとエンディーも会場に来ているらしいので探してみてたが見つからなかった。

会場には2時間ほど滞在して近くのスタバで休憩して帰宅した。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする