2017年下半期の旅行計画

6月にLCCで北海道へ行った。

7月にバンコク・パタヤ行きは決まっている。

年内に半移住をどうするか方針を決めたいので残りクアラルンプールと福岡、仙台に行ってみたい。

あとバンコクも雨季ど真ん中の旅行なので気に入ったら乾季にもう一度行って確認したい。

クアラルンプールはバンコクのような三季ではなく二季(雨季と乾季)なので10月以降の乾季シーズンになりそう。

マレーシア・クアラルンプール 雨季5〜9月、乾季10〜4月

タイ・バンコク 雨季6〜10月、乾季11月〜2月、暑季3月〜5月

バンコクの乾季は年中一定のクアラルンプールよりも最低温度が低くので過ごしやすいだろうから二つの街の気候を肌で感じてくることも大切だ。

福岡、仙台については青春18切符を使って期限の切れる9/10までに行ってきたい。

中部からみて対極にある両市なので一度に周るというより18きっぷをバラバラに利用するのがよさそう。

体力考えたらLCCだが、この時期LCCも高速バスも大体往復2万円かかる。

新幹線ならその倍ほど。

18切符ならうまく経路を考えれば往復5000円弱になる。

安いがトレードオフで時間がかかるわけだが無職なので時間はいくらでもある。

乗り鉄でも撮り鉄でもなく一般市民なので長時間電車に揺られるのは得意ではない。

しかし一生に1回のことなので18切符使って周ってみるのもいいか。

札幌、仙台、福岡、バンコク、クアラルンプールは決めていたことだがそれ以外にもベトナム、ラオスあたりには行っておきたい。

出来るなら中国、韓国以外で行っていないアジアは是非周りたい。

毎年アジア各国をビザ切れるギリギリまで歩き回るバックパッカー生活にも憧れる。

ただこの歳まで宿泊はまともなホテルばかりだったのでドミトリーに泊まる勇気がない。

旅費は航空費と宿泊費が大半なので決まった土地ならアパートメントを契約して宿泊費を抑えることができる。

周遊するならどうしてもドミトリーやホステル使わないと宿泊費が莫大になる。

バンコクやクアラルンプールにアパート借りて拠点を置いてもそれ以外の土地ではどんな物価が安い国でもなぜかホテルは日本のビジネスホテル並みの価格なのでドミトリー利用は必須になりそう。

一度どこかでドミトリーに初挑戦してみるか。

関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Close your account?

Your account will be closed and all data will be permanently deleted and cannot be recovered. Are you sure?

Are you sure?

By disagreeing you will no longer have access to our site and will be logged out.