IIJmioからイオンモバイルへMNP

スポンサーリンク

クラウドマイニングで30万円近く詐欺られたかどうかの瀬戸際で月々400円、500円の節約している場合だろうかと考えながらイオンモールへ向かった。

目的はIIJmioの3GBプランをイオンモバイルの500MBのSIMへMNPするためだ。

バースト機能付きMVNO最安値はどれ?
モバイル回線は現在FUJI WiFi(100GB)とIIJmio(4GB)の2回線を使用している。FUJI WiFiはメインのインターネ...

まずイオンモバイルの窓口で1円SIMのキャンペーンをしているか確認して500MBの音声プランへMNPしたい旨を伝える。

MNPで契約に必要なのは

  • 免許証等の身分証明書
  • クレジットカード
  • MNP予約番号

の3つ。

紙に記載するのではなく申込みは全てiPadだった。

これならWEB申込みとなんら変わらないがしばらく待てばその場でSIMがもらえるのは便利だ。

約1時間20分ほどイオン内を散策してSIMをもらいにいった。

そのまま受け取って帰ろうとしたところお客様お支払を、ということでお互い笑いながら1円を支払ってイオンモバイルカウンターをあとにした。

外で早速SIMをスマホに差し込む。

回線はどちらもIIJmioなので設定はいらないかなと思いきや、イオン独自のAPN、user、passwordを持っていた。

結構古いスマホだったがイオンモバイルのプリセットを持っていたので変更して設定完了だ。

これで月額1728円から1220円へ変更。

3GB(9月まで4GB)から0.5GBに変更してこの価格差は微妙な気もするがパケット使わず捨てているならプランを変えるなりMNPするなりして安くした方がいい。

あと3240円の事務手数料をIIJmioから請求されるので実際に節約できるのはこの手数料の回収を終えた7ヶ月後からになる。

イオンモバイルの速度切り替えアプリもインストールしてあるが翌日まで使えないので低速モードへ変更するのは明日のお仕事。

普段は低速モードにしておきWiFi接続で使い例えばFUJI WIFIのモバイルルーターを忘れた時や海外旅行のため国内用ルーターではなく海外用ルーターを持って行く時だけ高速モードにして使用する。

滅多に高速モードにすることもなさそうなのでDMMモバイルの低速モードのみのライトプランでもいいのだがこちらの方が月額料金が高い。

それだけイオンモバイルの500MBプランはお得。

最後にIIJmioはSIMの返却が必要なので封筒に入れて郵便で送った。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする