幅広・甲高・扁平足で病院へ2 〜 医療インソールはおいくら?

スポンサーリンク

1週間後に再来院した。

義股装具士に足型を取ってもらうだけかと思っていた。

しかし足の固さや立った時の状態を確認してもらってから費用の確認をして足型を取った。

型は粘土ではなく押すと凹むスポンジだった。

驚いたのは足にフィットするインソールを作る訳ではなく足に合わせて症状が緩和するような凹凸とクッションをつける。

(これは所属する会社によって方針があるようでフィットさせるインソールを作る義股装具士さんもいるようでこちらの方が技術は要らないし失敗も少なそうだ)

自分の場合だと診断の結果は次の通り。

  • 土踏まずのアーチが低め
  • 指の力が弱い
  • 足首の縦の動きが硬い
  • バランスが後ろに偏っている

だから指の踏ん張りがないので付け根で支えようとしてアーチもないので足底筋膜が張る。

足首は本来縦の調整をして足裏を調整しようとするが固いので楽な横の動きで調整するために内側に負担がかかる。

これによって人差し指と中指の付け根とかかとが痛くなる。

痛みはまさにその通り。

初診でそこまでの情報は伝えていない。

足を数分触っただけで装具士は分かったようだ。

更にわかりやすく普段通り立って腕を前で組んだり後ろに組んでどちらに倒れやすいか確認してくれて後ろに倒れやすいのを実感させてくれた。

そこに簡易的なつま先側を持ち上げるようなインソールを入れると後ろに倒れにくくなった。

力学的には逆なのでマジックのようだ。

診断を聞く限り扁平足よりも指先の力と足首の固さで足裏の痛みが起きている。

このバランスを取るインソールを製作してくれる。

本来はかかとは固い素材を使うのだが痛みが出るので柔らかめに調整するらしい。

たまたま扁平足だったから医療用インソールの保険が効くので病院に行ったが扁平足で無くて同じ症状だったら諦めていた。

扁平足さまさまだ。

足にフィットさせるスポーツインソールをdisることは無かったがあれでは効果がないというのが話を聴いてよく分かる。

足の裏が痛くなる場合はプラスチック製で足にフィットするインソールを作るくらいならフラットでクッションがある数百円のインソールをいれた方が痛みを抑えられるらしい。

確かにスポーツサンダルに貼り付けたインソールはフラットでフワフワで夏の間は本当に助けられ神サンダルと思っていた。

装具士の話を聴いていると初診してくれた医師の知識は素人のようなもの。

靴外来に医師の能力は無関係で出入りしている優秀な装具士で決まるようだ。

靴のサイズを聞かれて26cmと答えたらサイズは合っていると教えてくれた。

理由は足型の長さが25cmだ。

何も測っていないし型のスポンジに目印のようなグリッド線もないのにわかるようだ。

自分の足の長さが25cmだったのを初めて知る。

26cmが履きやすいからずっと26cmだと思いこんでいた。

1cmは指先に余裕があった方がいいらしい。

併せて靴の選び方も教えてくれた。

  • 指先は0.5-1cm近く程度空いているサイズ
  • かかと周りは固くてフィットする
  • 横はヒモで調整してフィットできる

サイズは別にして横や後ろのフィット感が高くてかかとが固いといえばニューバランスの靴だ。

ニューバランスの靴がいいかと聞いたらべた褒めしていたので間違いない。

この話からおそらくニューバランス363だったら26.5cmを買うのが正解だった。

先日の靴選びの方向性は間違えていたのかもしれない。

あとスポーツ選手もこの会社にお世話になっているようでドラゴンズの選手も大半がお客様らしい。

彼らの場合は保険は効かないので自腹になるが高給取りなので関係ないだろう。

費用については型を取る前にしっかり説明してくれた。

インソール製作に42000円で全額を一旦負担して保険で7割返還だ。

診察料という名目で型作成のため4400円支払う。

初診 2190円 + 型作成の医療費 4400円 + インソール費用 42000円 x 3割 + 3回目の医療費 ? = 19190円 + α

ほぼ想定の上限だったが信頼できる装具士だと思ったので製作をお願いした。

修正する費用は1回分無料らしい。

人の歩き方はそれぞれ違うので1ヶ月程度様子を見て効果がない場合は修正してくれる。

インソールの相場は県によって異なり愛知県は特に高いらしいので他の県であればこれより少し安く作れるだろう。

保険適用は調査通り1年半で1足までだった。

靴のオーダーメイドは2017/1より保険適用外になっているので注意が必要とのこと。

裏技で靴を1足とインソールを1足保険で作り一方を室内用、もう一方を外出用に使う事は出来なくなっている。

ちなみに義股装具士とは国家資格で元々義足を作るのがメインで需要が減ってインソールを主軸に変えてきているようだ。

支払いも終えて意気揚々と帰宅した。

週間後の出来上がりが楽しみ。

そういえば今回病院行ったのに医師と会わなかったし次回も多分会わないな。

それで診察料取られるのは摩訶不思議。

続き

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする