幅広・甲高・扁平足の靴を探す

スポンサーリンク

以前、扁平足用のインソールニューバランス363という靴を買った。

しかしそれでも観光で長時間歩くと足が痛くなる。

そこで靴外来の病院で医療用のインソールを作ることにした。

幅広・甲高・扁平足で病院へ 〜 保険は効くか?
昔から扁平足対策といえば必ず4Eの靴を買う程度だった。まあ扁平足=幅広ではないのだがおそらく扁平足の人は幅広の靴の方が楽なんだと思う...

ニューバランスの靴も甲高といわれているがインソールを入れ替えると甲が痛くなる。

それに363は4Eだが3Eもなさそうで幅広のインソールを詰めるときつく感じる。

このモデルはひとまわり大きいサイズを買った方が正解だったかも。

そこで自分の足にあった靴がないかと靴屋を1日探し回った。

わかったのは甲高、甲高といわれても本当に甲高の靴は少ない。

特にまともな靴屋ほど置いていなかった。

4Eの靴はそれなりに販売しているのだが履いてみると甲が当たるのばかり。

なんとか当たらなくても今履いているインソールを入れると途端甲がきつくなるのでしばらく歩けば痛くなるのは確実。

違う系列の店やスーパーマーケットの上にある靴屋などを探し回ってようやく見つけたのがダンロップのコンフォートウォーカー。

確認するとショップの店員もダンロップが一番甲高なメーカーだという。

靴巡りで感じたのが靴屋の店員は思ったほど甲高に関する知識がないので適当に話を合わせている気がする。。。

靴って履かないと買えないからネットに取って代わられないと独占商売にあぐらをかいているのではないだろうか。

そのうち家で足のサイズを測る方法が開発されてこのままだと靴も全てネットで買う時代もやってくるかもしれないのに。

見つけたダンロップの靴はジッパータイプだが出来ればヒモの方がスニーカーらしくていい。

そこで他のダンロップのひも靴も片っ端に試してみるがインソールを入れ替えるとどれも甲に圧迫が強く痛くなりそうだ。

今のところ店舗で自分の足に合うダンロップの靴はこれ1種類だけだった。

この靴は横幅も高さも十分なのだが長さにも余裕がありすぎる。

そこでサイズを1つ下げると若干窮屈で甲も痛くなってしまう。

ジャストフィットする靴は見つからない。

探しても甲がきつくない靴が他にないので自分のサイズそのままで買ってみた。

1日履いてみたところニューバランス363よりは痛くならないのでこれでいいかと考えていた。

ただ長さに余裕がありすぎて走りにくい。

大げさにいえば靴の形をしたスリッパを履いている感じだろうか。

下手をするとインソールを貼り付けたスポーツサンダルより不安定な気もする。

実際には少し余裕があるだけなのだがそんな感覚になる。

ダンロップの靴を玄関でチェックしていて悩んでいたところ、ふと下駄箱の古い靴を見てみるとソールが剥がれたスポルディングのマジックタイプの靴が何足か出てきた。

そういえば数年間これを履いていたぞ。

昔アピタだったかピアゴだったかスーパーの安物の靴が並んでいたところで買ったものだ。

当時足が痛くなった記憶もない。

近所のスーパーも回ってみたが安物のスニーカーはタイヤのグッドイヤーや全く知らないメーカーに置き換わっておりスポルディングの靴は見当たらなくなった。

スーパーに並んでいるグッドイヤーなどの安物スニーカーも、もしかしてと片っ端に履いてみたが幅は4Eでちょうどいいが甲の高さが低めに作られているので足を入れた瞬間ダメだとわかる。

たまたま運よく安いスニーカーとしてスポルディングの靴を選んでいたが当時これが入手できる唯一の幅広・甲高の靴だったのかもしれない。

アマゾンでスポルティングを探してみると既に当時のモデルは存在しない。

それにスポルディングは4Eから5Eに主戦場を変えていた。

5Eか。。。

さすがに5Eだと横に靴ずれしそうな気もする。

もしかしたらと期待して以前履いていたマジックタイプで形がよく似ている靴を注文した。

後でレビューで少しサイズが短めと書いてあったのでやってしまったかとあまり期待せず待っていた。

商品が到着して履いた瞬間これだ!とわかった。

過去にスポルディングは3足履いているのでこの靴に足が変形していたのかと思うほどのジャストフィット感がある。

長さもサイズでぴったり。

甲もまだまだ余裕があるので扁平足用インソールを入れてもちょうどいい。

ただしスポルディングは耐久性が無い。

そういえばこれまで履いてきた3足もソールがすり減り底が剥がれてダメになったので買わなくなった。

それにアマゾンのレビューにもある通り滑りやすい。

濡れたところで転んだ記憶もある。

おそらくこの二つはマジックタイプのスポルディングスニーカーの特徴だ。

甲の痛さに目を瞑りニューバランスを履くか、どこも痛くはないがスリッパを履いているようなダンロップにするか、ジャストフィットだが靴としての基本スペックの低いスポルディングにするかの選択になる。

これはスポルディングしかなさそうだ。

耐久性についてはモデルチェンジも考慮して何足か買っておく。

滑りやすいのはそんな靴だと気をつけるしかない。

という事で病院のインソールを入れるのはスポルディングの靴に決まった。

そしてダンロップの靴は真冬の厚手の靴下を履くとちょうどいいので冬用にする。

ニューバランスは下駄箱の飾りになりそうだ。


どれもダサい靴だが幅広、甲高、扁平足では背に腹は代えられない。

後日に遠出をした時にとあるスーパーのスニーカーコーナーでスポルディングを発見して履いてみた。

スリッポンタイプで甲が柔らかくて使えそうだ。

柔らかすぎてホールドが弱いがダンロップDC138程ではないので充分使えそうだ。

普通の靴屋では見かけなかったダンロップのマジックテープタイプも置いてあったので履いてみた。

こちらはスポルディングJIN2520より長さがほんの少し短いがスポルディングの在庫がなければ代替え品になりそうなくらいフィットしている。

色々試してその店にあったGoldenBearというメーカーの靴がいける。

フットプリントがスポルディングともダンロップと違っていて違和感があるものの甲は高い。

説明が難しいが土踏まずがスカスカする感じだ。

それと足の前方に少し圧迫を感じる。

履いたのは3Eなので少し足が細めで甲高の人にはいいかも。

4Eであれば自分の場合はちょうどいいはず。

国内の廉価スニーカーではスポルディング、GoldenBear、ダンロップが甲高の靴スリートップだと分かった。

幅広・甲高ならこの3メーカーの靴から選んでおけば間違いはなさそう。

ただしやはり靴は実際に履いてみないとサイズもマチマチなのでいきなりアマゾンや楽天で買わずまずは店舗で履いて購入し同じモデルなら2足目からアマゾンなどで買うのがいい。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする