福岡旅行記1日目 〜 博多でオープントップバス

朝から曇天模様の小雨日和。

旅行にはあまり嬉しくない天気だ。

肌寒いので半袖にスウェットにフリースも着込んだ。

自分が旅行をするとなぜか日本に寒気がやって来る。

荷物はリュックサックに着替えと日用品を3kgほど詰め込んだ。

5時起きで9時前の福岡行きの飛行機に乗る予定。

ジェットスターでオンラインチェックインを済ませてあるので国内線はもう少しゆっくり出発しても余裕だが通勤ラッシュは避けたい。

ボーッとした状態で電車に乗り込む。

旅行の事前調査をしていなかったのでフライトまでに食事の場所は決めたい。

スマホを見るとWiFiが飛んでいないことに気が付きボディバッグからポケットWiFiを探す。

ありゃ、無い。

朝から嫌な感じ。

意識がはっきりしてきたのか昨日ボディバッグからリュックサックに入れ替えた事を思い出してポケットWiFiを発見。

これが無いとネット環境が制限される。

福岡は3泊する予定のノープラン。

福岡は昨年香港エキスプレスの悲惨な対応のおかげで福岡空港から飛んだときに前泊した。

その時に太宰府行きのバスを見つけたので大宰府には行くことにしよう。

あとは海の方に目がけて美味しい海鮮屋さんでも探すことにする。

天気予報は全日晴れなのでレンタサイクルで街中をうろつくのがいい。

乗り換えで大きなスーツケースを持った人がまばらにいるのでこれからセントレア(中部空港)へ行くのだろう。

相変わらず周りにマスクもせず鼻をすすったりクシャミをする奴が集まってくる。

金山駅にたどり着いたが名鉄は乗車位置が分かりにくい。

名鉄名古屋駅は敢えてわかりにくさを売りにしているのでいいのかもしれないが金山駅は案内の表示板すら無いのでもっと分かりにくい。

経路案内で時刻表を確認してその辺りに到着する特急並んで乗り込んで気がついたら豊橋行きだったorz

中部空港とは別の方向。

特急なので次の降車駅は知立。

今回の旅行はおわった。。

レガシーキャリアのキャンセル待ちをするくらいなら全部キャンセルしてホテル代払って仕切り直した方がいい。

焦って経路案内で時刻表を確認する。

ラウンジでゆっくりする時間を入れてあったのとオンラインチェックインを済ませてあるのでUターンでギリ間に合うようだ。

ラッシュ時間に嵌まるが避ける余裕もない。

まあ電車なので自力で何もできるわけでもないので間に合うとわかれば焦ることもないが朝から疲れた。

そして知立駅からまた乗り間違えた(´;ω;`)ウゥ…

特急で戻るべきところ急行に乗り込んでしまった。

途中駅で後続の特急を待つ。

面倒なのでホテル1日のキャンセル代だけ払って家に帰ろうか。

観光名所が少ないのも理由だが分かりにくい名鉄も名古屋に観光客が集まらない理由じゃないだろうかと八つ当たりをしてみる。

そういえばペナン旅行で連れも名鉄で空港線を乗り間違えて遅れてきたのを思い出す。

諦めていたが、戻る途中調べると中部空港までは一つ手前の神宮前駅で乗り換えられるので快速急行に乗って間に合った。

朝っぱらから三河旅行をしてしまった。

搭乗開始しているが喉が乾いたのでラウンジでコーヒーを頂いた。

中部の国内線セキュリティチェックはいつもガラガラだし大丈夫だろうと考えていたが中学生の修学旅行だろうか国内線の保安検査が混んでいる。

ホントにギリギリ

ボーディングブリッジじゃなくてバスか。

久々のジェットスターはこんな感じ。

席は3Bの真ん中。

隣の80過ぎのお婆さんがとんでもない量の手荷物をラゲッジに上げず抱えていたので座るのに苦労させられた。

フライトは約1時間なのであっという間。

到着しても予定が決まっていない。

乗り間違いで調べる暇がなかった。

まずは地下鉄で博多駅に移動する。

博多駅とうちゃーく

7ヶ月ぶり。

昼飯でも食べながら考えるか。

KITTE博多ビルに入り地下の天乃へ。

博多で前回来た時に入った店。

メニューの最初に書いてある刺身ランチを頼む。

ありゃ量が少なかった。

女性や老人向けかな。

それに1056円とそこそこする。

刺身は新鮮。

名古屋の和食チェーン店の嘉○に比べれば天と地でおいしい。

でも昔通ってた錦の竹○の方がおいしいかな。

高給割烹なのでランクが違う店と比べちゃいけないがでも肉薄する。

百貨店をうろついてホテルに戻ると名古屋駅付近に居るのと大差がない。

仕方がないので観光しよう。

レンタサイクルは時間が中途半端だし太宰府は荷物をホテルに置いた方がいいのでオープントップバスがいい。

日本人というより外人相手だろうが問題ない。

予約のため電話する。

つながらない。

オペレーター待ちになる。

何度か繰り返しかけたらようやくつながった。

14:30の街を巡るバスを予約する。

60分と90分のコースがあり60分の街中を周るコースを選んだ。

大人は1540円、食べ物は持ち込み禁止、ペットボトルなどの飲み物はOK。

20分前には福岡市役所の切符売り場にいく必要がある。

本日の福岡の最高気温が19度。

肌寒いし博多も天気予報外れてて曇天だ。

吹きさらしで大丈夫だろうか。。

まだ時間があるので中洲川端駅に移動してファミマでコーヒーを頂く。

そしてアクロス福岡に移動。

目指して来たわけでもなく市役所の隣だったから。

文化会館みたいなところで何もなかった。

移動するのも面倒なので公園で休憩。

グルメフェスでも準備していると天神中央公園でググると北海道フェアが明日からあるらしい。

札幌旅行よりグルメフェスの方が効率よく名物が食べられていいかも。。。

と考えたら身も蓋もない。

公園なんて10分も居たら飽きるので歩いていると天神駅についてしまった。

こっちの駅から市役所へ行った方が近いようだ。

福岡市役所で太宰府のガイドマップ発見。

市役所の中庭みたいなところで近づいてくる人懐っこい鳩とガイド見ながら明日の予定を考える。

レンタサイクルで電アシ自転車もあるので明日は楽しみ。

そしておのずと明日は太宰府に行くことに決まった。

そういえば博多駅周辺にはレンタサイクルが見つからなかった。

(1000円/日以上のボッタクリは除外)

オープントップバスのチケット売り場を市役所で探す。

売り場は案外気が付きにくい。

購入した。

黄色のエリアの西鉄バスも無料で乗れるらしい。

乗り場はチケット売り場の真ん前。

こんなバスだ。

乗車した客は半分が韓国人、半分が日本人だった。

年寄りばかり。

そして寒い。

ただ我慢できない程ではなかった。

香港の音声案内のオープントップバスと違いガイドさん(バスアナウンサー)が同行するので日本語のなま案内が聞ける。

博多の街を観光するには楽でいいが歩行者に手を振られたりガン見される。

途中下車可能なので目的地があるなら降りてもいいがさすがにもったいない。

1時間の乗車だったが街の様子を知るにはいい。

観光だけじゃなく他県から引っ越してきた際に街を知るのに乗るのもいい。

担当のバスアナウンサーさんは東京から来て5年目らしいので九州弁ではなかったが語尾のイントネーションなども工夫して頑張っている印象だった。

個人的に楽しかったが観光地を周るわけでないのでインスタスポットはないかも。

インスタ映えなら街中のコースではなく海沿いを周る「シーサイドももち」の方がいいのかも。

個人的な価値観で先日の台湾旅行の台北101の展望台で2000円以上払うならこのオープントップバスの1540円の方がいい。

香港のオープントップバスとどちらがいいかといわれても運賃がTDLより高い8000円もするので比較は不公平だ。

せっかくなので乗り放題チケットで西鉄バスを使い博多駅に戻った。

しかしバスは思ったより時間がかかり16時過ぎに到着。

寒さのせいか腹が減って倒れそうなので駅の中の地下に行き、

まるとく食堂に入った。

色々おいしそうだったけどサバみりん定食にした。

それとハッピーアワーで生ビールが190円だったので頼まないわけにいかない。

これで1180円。

駅ビルでこの価格で食べられるのが素晴らしい。

それに大量の生姜のツマがいい。

お腹も膨れたし一旦ホテルにチェックインする。

泊まるのは3泊共にエトスイン。

内側は外部に面していてアパートみたいな作り。

ヴィラフォンテーヌに似た作りのホテルがあったような。

そして部屋は狭い。

しかし5000円台なら十分だ。

それにバス、トイレがセパレートしている。

破格ではないだろうか。

前回博多で宿泊したホテルは臭いがきつかったけれどこちらは大丈夫。

理髪店のような匂いがするがビジネスホテルにはよくある。

ベッドはチクチクしなかったのでクリーニングは行き届いているようだ。

オープントップバスで体が芯まで冷えているのでお風呂に入って出かけることにした。

撮れ高もあるので旅行記はここまで。

2日目

関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Privacy Preference Center

Close your account?

Your account will be closed and all data will be permanently deleted and cannot be recovered. Are you sure?