伝説のアイドル西城秀樹さんが逝く

西城秀樹さんが63歳の若さで亡くなられた。

ファンでなくとも同世代なら子供の頃によく8時だよ全員集合やベストテンで彼の歌を聴いて育ったはずだ。

当時、新御三家の中で野口五郎は屁理屈が多くて変な人、郷ひろみは中性的でプライドの塊というイメージがあった。

野口五郎はカックラキン大放送に出演して刑事ゴロンボで面白かったものの面倒な性格というイメージを持っておりそれは最近の審査員などの発言からも当時のイメージは変わらない。

郷ひろみは昔はジャニーズ事務所なのでナヨナヨした感じは仕方がないがその後ニューヨークに住んで歌番組には出演拒否の時代が続いたのでプライドが高そうな歌手だとイメージが定着した。

その後GOLDFINGER99などで再ブレイクしてイメージが変わったが。。

その点西城さんは3人の中で抜群の歌唱力で性格にもアクが少なく気さくな庶民派アイドルという感じで自分より上の普通の女性に人気があった。

だからちびまる子ちゃんのお姉ちゃんの”さくらさきこ”がフアンという設定だったのはよく分かる。

彼女の生年月日は1963年3月21日と自分の4こ上なのでジャストミートだろう。

最近の若い子は残念ながらリアルの西城さんを知らないようでちびまる子ちゃんのお姉ちゃんが熱中するアイドルの西城秀樹として有名だったようだ。

そしてさくらさきこ役で二年前に亡くなられた水谷優子さんの命日と1日違いで西城さんが亡くなったというツイートを見た時には何かの縁があったのかなと感慨深く感じる。

水谷優子さんのさくらさきこ役の声がとても好きだったので当時亡くなられてショックだったのを思い出した。

声で思い出したがBOØWYが世に出てきた頃「このボーカル西城秀樹じゃない?」なんていってた記憶もある。

それだけ当時のアイドルの中では歌唱力が飛びぬけていた。

西城さんが亡くなられて国内ではギャランドゥ、傷だらけのローラ、YOUNG MAN、海外ではガンダムシリーズの主題歌ターンAターンなどがフューチャーされている。

自分の中では”ホップ・ステップ・ジャンプ”を子供の頃引っ越しをする際にクラスメイトに歌ってもらったので今でも聴くと当時を思い出して泣けてしまう。

同年代以上の皆さんも何かしら西城さんの歌には思い出があるのではないだろうか。

本当に伝説のアイドルが亡くなった衝撃的なニュースだった。

近いうちにカラオケで西城秀樹の隠れた名曲ちびまる子ちゃんエンディング「走れ正直者」を歌って偲びたい。

リンリンランランソーセージ(双生児) ハーイハイハムじゃない♪

そしてちびまる子ちゃんの次回放送でこのエンディングに差し替えてくれることをひそかに期待している。

謹んで西城秀樹さんのご冥福をお祈りいたします。

関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする