さよなら札幌2018夏

札幌滞在の最終日がやってきた。

ニュースでは連日、本州で40度だ、体感気温は45度だとか報じている。

札幌滞在期間は雨の影響か20~25度を推移しており過ごし易かった。

それどころか夜はファンヒーターを使っていた日もあった。

去年の札幌旅行は暑くて避暑にならなかったが今年は雨天で温度も低くホント助かった。

札幌のテレビ局が週間天気予報で週末に30度という猛烈な暑さがやってくると言っている。

これから39度の世界に向かう自分はどうすりゃいいんだ。

帰りたくない。。(^^;

1カ月マンションを追加で借りられれば再度滞在することも出来る。

一旦戻ってから考えよう。

まずは撤収の準備をしよう。

ルームウェアなど増えた荷物があるので札幌にヤマトで送った段ボールに収まるか心配だったが衣類を踏んづけて何とか梱包できた。

一つ上のサイズ120の段ボールは近所のスーパーで見つからなかったので収まらなかったら2つに分けることになり倍近い運送費になっていたので助かった。

帰りはヤマトじゃなくて郵便局にした。

100サイズが北海道→愛知で1740円だった。

面倒だったのは自己申告で予備のスマホを同梱したといったら内蔵されているリチウムイオン電池を空輸するために別途書類に書かされた。

翌日は新千歳空港へ朝直行なので最後のランチは札幌駅の根室花まるのランチセットにした。

花まるは計5回の来店になる。

昼食でお世話になったお寿司屋さん。

ネタはトリトンの方が少し上かもしれないがコスパは断然このランチセットだ。

これまで汁物は納豆汁、ホタテ味噌汁、あら汁の3種で個人的にはあら汁が好きだったかな。

茶碗蒸しはかなり甘めだがそれはそれでおいしい。

今回エンガワが分厚くて噛み切るのが大変だった。

そして札幌駅に来た目的である駅中のおみやげ屋さんにてバラマキ用を購入する。

200円以下のキャラメルを10個と定番の白い恋人を買った。

戻ろうと駅のインフォメーションに目をとめる。

知らなかった。

こんな割引列車があるのか。

そういえば昨年に小樽駅でこのパンフレット見て大人の休日倶楽部に入会したいと考えていたのをすっかり忘れていた。

年会費2575円で青春18切符より使い勝手がいい切符が手に入る会員だった。

ただクレカの審査は厳しいか。

そして今回もすっかり忘れる。笑

札幌駅からマンションに一旦戻り最後の買い物を終えて1カ月お世話になった中古自転車を無料で引き取ってもらった。

雨が多くて大活躍とはいかなかったがおかげで行動範囲が広がった。

部屋の掃除でもったいないけど残っていた調味料の中身を捨ててゴミを分別し札幌で最後の晩餐にした。

最後はハンバーグ!

西友のアンガスハンバーグ(小サイズ200円)を漕げるほどしっかり焼いた。

最後は肉がいい。

出来合のハンバーグのタネってまずいのが多いんだけどここのは好きだ。

明日は5時起きなのでサッサと寝た。

朝起きて食事を済ませゴミを捨て電気を全て消して1ヶ月滞在した部屋に別れを告げる。

(セキュリティの観点で鍵の返却のくだりはカットしています)

1ヶ月だとまだ部屋に愛着も想い入れもないが最初にやってきた日を思い出した。

もう自転車は無いのでJR琴似駅まで歩く。

朝昼晩は車と人でごった返しているがこの時間は静けさを実感する。

普段は自転車で走っていたところを歩いてみるとまた違った景色が見えてくる。

涼しいので薄手のパーカー羽織っていた。

気温は20度だ。

さて2倍の40度近い無間地獄へ帰ろう。

大変お世話になったJR琴似駅と駐輪場。

朝は直通ではなく札幌乗り換えで新千歳空港まで。

JRは運よく座れた。

空港への移動の間に滞在期間の費用を算出してみた。

食費 48,370円

航空券 4,780円

宿泊、交通費 102,971円

(自転車、レンタカーも含む)

これ以外に夜遊びもあるがそちらの支出は別なので札幌の生活にかかったのは15.5万円だった。

そのうち地元で食費は約4万円なので差し引くと11.5万円が札幌滞在のためだけにかかった費用だ。

月予算は24万円なので高い買物や海外旅行の航空券やホテル支払いをしなければ札幌に数カ月滞在しても問題ない。

経済的には問題ない。

来年以降も北海道滞在を続けたいかを含めて感想をまとめるつもり。

新千歳空港でエアアジアのチェックインをする。

マレーシアの国内線ではツレがチェックインできず自分の帰りのステータスもおかしくなっておりカウンターで対応してもらった。

エアアジアの自動チェックイン機には軽いトラウマがあるがそんな心配をよそに窓側を確保できた。

三階のスーパーラウンジへ。

朝早いせいかガラガラだ。

こちらのラウンジはカードラウンジは下記ゴールドカードか1080円で利用できる。

JCB、ダイナース 、VISA、UC、トヨタファイナンス、AMEX、オリコ、ライフカード、楽天カード、エポスカード、三菱UFJニコス(MUFGカード、DCカード、NICOS)、エムアイカード、アプラス、スルガ銀行、ジャックス (2018/7現在)

広いがビールはない。

無料ビールサーバーがある中部セントレアの2つのカードラウンジが太っ腹すぎる。

荷物をロッカーに預けて1時間ほどゆるりとする。

仮想通貨(BTC)が10%騰がっているので乗ろうかスルーするか考えてCoincheckに入っていた数万円分を一旦BTCに換金してBitflyerへ送金した。

これでCoinchekの資産残金は10円となった。

Bitflyerの10万円分を送金してマイナーなアルトコインでひと稼ぎしようと企んだのだがNEMとRippleとCoincheckにはひどい目にあった。

それでもマイニングは未だコツコツ採掘を続けてくれているようなので売り買いせず放置すれば元金分は戻る可能性もある。

怖いのは仮想通貨の値動きが激しくなったら指をくわえてみていられるかだ。

株はDACHDやマツダで遊んでいたが直近はじげんがメインで下げトレンドの中で回転させながら稼ぎを出して終えた。

(DACHDをもう少し持っていれば倍になっていたというオチがあったりするが毎度のことだ。。)

主戦場は別の銘柄に移して利益をあげられるか微妙なところだ。

ここも空売り外資証券が噛んでいるので個人は損させられそう。

しばらくダウも日経平均も上げているのに沈んでいくグローバルロボテックス。

もう一度AI銘柄のテーマ買いでも特集してくれれば売り抜けられるんだけど。

定刻を数分遅れ出発し定刻通り到着した。

暑い。

温度はまだ耐えられるが湿度がひどい。

サウナかプールの中にいるのかと勘違いする。

中部空港がある知多は30度なのでましだったが最高気温が39度ある名古屋に戻ると身体に不調をきたさないか心配になってきた。

電車から外を見るとエゾ梅雨の札幌では見たことのなかった晴天が広がっている。

お腹が空いているので途中でランチを食べて帰途につくことにした。

店内まで暑い。

電力供給を気にしてか28度に設定している。

血糖値が上がり体温も上昇するので余計に暑い。

そろそろ日本もタイを見習った方がいい。

バンコクでお店に入ったらどこも23度設定ではないかというほど冷えていてTシャツだと激寒だ。

これだけ暑いと室温と外気の温度差どうのこうのより、もはやそうしたほうが安全かもしれない。

自宅に帰ったらiPadが深放電でお亡くなりになりプログラムリモコンとNASが暑さのためか壊れていた。

夏に1カ月家を空けるとなにか壊れるものだと感心した。

うだるような暑さなので夏が終わるまでエアコンかけっぱなしで家にこもるか。。

関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする