ゴミ箱消臭最強という噂の怪力くんを使ってみた

梅雨や初夏のジメジメした時期になるとゴミ箱が臭くなる。

さすがに数日置くとヤバそうな魚料理の残骸は二重のビニール袋に入れて冷凍しているがそれ以外の野菜や肉の残骸はそのまま捨てているので臭いの元になる。

ドラッグストアで消臭剤を買って貼り付けたりしたが効果を感じる消臭剤はなかった。

そこでネットで比較サイトなどを調べると「怪力くん」という商品にかなりの効果があるらしいと知る。

発売元の株式会社DENDENは愛知県安城市に本社があり電電公社の民営化にでイッパツ当ててやろう!と設立した会社の主力商品のようだ。

電電公社の民営化は1985年でいまや電話業とまるで関係ない業種になっているのには紆余曲折あったはずだ。

創業者もまさか30年後に消臭剤が主力商品になっているなんて考えてもみなかっただろう、と思いを馳せてみる。

そんな会社の消臭剤が研究開発費をふんだんに使えるエステーやらP&Gなど大手メーカーの製品より優れているのかよく分からないが結果がすべてなのでとにかく使ってみたい。

この製品は消臭には金属フタロシアニン誘導体を使用している。

化学でも専攻していない限り普通の人は聞いたことがない物質だろうが大昔にCD-Rの評価サイトを運営していたのでアゾ系、シアニン系、フタロシアニン系といえばメディアの色素として非常に馴染み深い名前だ。

そんなものが加工によって消臭効果があるとは全く知らなかったが少し親しみが持てた。

早速購入しようと調べると定価は504円だった。

しかし近所のドラッグストアに販売していない。

楽天やヤフーショッピングで見つかるが送料込みだと1000円になってしまう。

検索していると東急ハンズが上位に表示されるので名古屋駅のハンズへ直接行ってみた。

6階のキッチン用品コーナーで見つけることができた。

価格は税込308円とお安くなっている。

パッケージ表

パッケージ裏

まず商品はペラペラで表には小さく活性炭の約100倍の消臭と書かれている。

物量作戦でかなり分厚い形状をしているのかとイメージしていたら10円玉三枚程度の厚さしかない。

パッケージは素人っぽさしか感じない。

情報がなければ絶対買わないパッケージだ。笑

実際に何人か消臭剤コーナーにやってきて消臭剤を手に取ってチェックしていたが怪力くんを手に取る人はいなかった。

裏面には一応それっぽいデータを載せているがよく分からない。

そんなアピールよりパッケージの表に目立つように『評価サイトのマイベストでゴミ箱消臭剤でNo1の評価を頂きました(2019)』とだけ書いた方がいい。

純粋にニオイが消えていると感じることができたのはこの商品だけとべた褒めを利用しない手はない。

もし事実高性能だったら使い続けたいのでコンスタントに売れてくれないと製品性能が良くても消えてしまうのが世の常だ。

すぐに家に持ち帰って夜にゴミ箱の蓋に貼った。

そして朝ゴミ箱の蓋を開けると臭いが大幅に減っていると実感できた。

蓋をして離れたら全く気にならない。

これまで数種類有名メーカーの消臭剤を利用したが明らかにそれらと出来が違う。

特に分かりやすかったのはゴミ回収日にゴミを捨てた後のゴミ箱が完全に無臭になっていたこと。

この時期にかつてない経験だ。

活性炭の100倍の消臭という謳い文句は伊達でない。

価格も安いし1年もちサイズも小さく凄いぞ怪力くん。

デメリットは両面テープの面積が狭いため汚いゴミ箱に貼ると剥がれるので両面テープを追加した。

東急ハンズで約300円で購入できるのでゴミ箱の悪臭に悩まされている方や嗅覚が過敏な方に一度試してもらいたい逸品だ。


おすすめ記事

ためになる記事だと思ったらシェアおねげえします

フォローする

コメント

  1. しげ より:

    おらさん

    いつも拝見させて頂いております。
    買いました!
    これすごいですね。あっという間に消臭してくれます。
    重宝したいと思います。
    紹介して頂き感謝です。

    • ohrat より:

      コメントありがとうございます。
      早速購入したんですね。
      いいですよね怪力くん。
      本当に1年もつかは心配ですがこの時期にあれだけ消臭してくれれば充分かなと思っています。