アンティーク金貨を買おう ~ 第2回名古屋コインショー

自宅から近いがプランのおまけの夕食のひつまぶし目当てで名駅のホテルに泊まった。

朝食はバイキング形式だ。

昨日食べ過ぎたので少なめに盛り付けたが種類も豊富でフルグラもあって満足だった。

しかしバイキングってトングやばくない?と思うかもしれないが入口にビニール手袋があり着用をルール化してあった。

これならいい。

夫婦でやってきた一組は正しく手袋を着用していたが後から来たオッサン達は未着用。

ひとりは当初は着けていたがおかわりでは面倒になったのかもう1人がつけてなかったためか手袋無しでトングを扱っているしもうひとりは最初から着ける気すらない。

残念な感じだ。

TBSのワイドショーがよく囃立てる〇〇警察ではないが目に入ってしまうものは仕方ない。

こういう人々がホテルが頑張って考えた感染対策努力を無に帰しておきながら国や自治体は何もしてくれない!って騒いでいるんじゃなかろうか?

知人にいるアベガー自助ガーな人がまるでルールを守れないのでどうしても結びつけてしまう。

朝からあやをつけてしまったとスマホを見たら7月末のしまなみ海道のGOTOトラベル事後還元申請の案内メールが楽天トラベルから届いていた。

申請開始から半月経ってようやく開始か。。

銀行口座振込だと12月、楽天ポイントだと11月付与になっている。

普通なら口座振込だが12月っていつだよ。。

当然楽天ポイントなら通常ポイントだろうから現金は諦めて楽天ポイント還元にした。

楽天はずるいな。もうGOTOは楽天なんて使わず全てじゃらんにしよう。

というか、GOTOはじゃらん一択だ😏

(これは8月時点の話です)

気を取り直して9時過ぎにコインショーへ向かう。

今日もいい天気だ。

ウィンクあいちに到着した。

開始は10時だった。

そして中へ

残念ながら撮影禁止だった。

入口ではお姉さん2人が入場者を見張って検温とアルコール手洗いマスクが必須になっていた。

出店ブース

雰囲気としてはこんな感じ。

(店員の前でコインをスマホで撮りまくっている人が何人か居たので最初は撮影禁止と知らずに1枚撮ったのをモザイク加工してオリジナル写真は削除した。バシャパシャ撮ってたのは撮影許可を得てたのかな?)

かなりの数のバイヤーと客が居た。

先に誰かに取られまいと探すあまりに視野狭窄を起こしているコレクターもいるのでうまく回らないと接近されて3密だ。

並んでいるコインは様々で日本のものだと明治大正昭和のお札や古銭や更に古い小判や四角い小さな金銀貨など。

オリンピックなどの記念コインや記念硬貨もある。

現役硬貨のイレギュラーモノや希少年号や記番号のキリ番なども売っていた。

おかね収集に限っても色々なコレクターがいるものだ。

あと2〜3割は海外のアンティーク金貨や銀貨やモダンコインなど。

観察するとほとんどのお客は日本の古銭やお札狙いのようだ。

外国人も数人いてこちらも日本古銭を真剣な目で眺めてた。

自国に持ち帰って売り捌くブローカーかな?

お年寄りではお札の番号や硬貨の年号縛りで探している人もかなりいた。

年寄りばかりかと思えば20〜30代のコレクターもいる。

自分は日本硬貨には興味がない。

ディープ過ぎてよくわからん。

客を縫って全ブースをふた回りして目当ての金貨を探す。

目当ては1枚しかなかった。

それも以前にネットで見つけたのと同じ商品だ。

買うかやめるか小一時間悩んだ。

できれば記念すべき1枚目の金貨はグレーディングMS60以上の綺麗なコインが欲しい。

AU55が1枚しかない。

グレーディングとは例えば中古スマホの状態の未使用、S、A、B、C、ジャンクみたいなコインの見た目の新しさや美しさ。

スマホよりも細かく70段階に分類され数字が大きい方が綺麗だ。

当然ながら同じ種類のコインなら状態がいい方が高価でレアで綺麗であれば極端に高くなる。

これをアメリカの民間企業2社が設定している。

簡単に取り出せないプラスティックのスラブケースに入っておりNGCとかPCGSと書かれているものが鑑定済みコインになる。

何度も他のブースで目当てが売られていないかネットでも販売していないか探して買うかやめるか悩んだ。

探しても市場に出てくる数が少ないのはレア度が増している気がする。

そのうち国内で見つからないかも?

1枚あったのは何かの縁だと決心した。

価格は32万円(税込)だ。

買ったのは英国領インドモハール金貨になる。

肖像はアレクサンドリナ・ビクトリアである。

出典 https://www.christiantoday.co.jp/

ご承知の通り大英帝国の女王でありインド統治下の初代皇帝だ。

在位期間も長くコイン界でも有名な女王様だ。

同女王の肖像の「ウナとライオン」は最高鑑定額が1億円を突破した。

買った金貨がそこまで値上がりする可能性はない。

お店の方はもうワンランク上でもいいほどの品質ということだったがリップサービスだろうし、いくら綺麗だろうが所詮鑑定のグレーディングで価格は決まってしまう。

1862年製で一番流通数が多いタイプなので相場として少し高い気がするが他に見当たらないので仕様が無い。

素人の相場観で今オークションに出すと25〜28万円というところだろうか。

古銭商も利を出さないといけないので仕方ない。

PCGSの過去のオークションプライスを見るとこの金貨の上位グレーディングが値下がりしてるのが気になる。

ビジネスで成功して今後生まれるインドの金持ちの一部がアンティークコインに手を出すことを期待しよう。

でも日本は諸外国の統治下に置かれたことがほぼないので理解し難いが例えばマッカーサーの肖像の金貨があったら欲しいかと言われると明治天皇や昭和天皇の肖像の1圓コインの方がいいのでお金持ちなインド人が統治下時代の英国女王の金貨を集めるか?と言ったらよくわからない。

「モハール金貨もインド人がこれから金持ちになるから先回りして買っとこう」→「でも植民地時代の金貨をインド人が欲しがるのか?」で上がって下がった気がするw

買ってから知ったが金貨の種類毎にPCGSやNCCが何枚鑑定してどのグレーディングに何枚あるかわかる。

発行枚数ももちろんだができるだけ鑑定枚数が少ない方が有利だろう。

今回買った1862年のノーマルタイプは30枚鑑定済みがありほとんどが上位グレーディングなので少し残念な感じだった。

上位が値上がりしなければ下位が上がるわけがない。

これも勉強だ。

どちらにしろ金庫に入れて10年以上放置するので目先の損は忘れよう。

それでも投資半分趣味半分なので差額分を購入費として家計簿には計上しようかと考えている。

素人1枚目はナポレオン100フラン金貨あたりが見栄えもいいが流通数に対して既に上がっているので期待値が低そう。

タイ金貨あたりがお手頃価格で売っておりゴールド大好きな国民性と相まって金貨ブームが起きれば爆上げする可能性も秘めているが金貨より装飾品の気もする。

中南米金貨が今後のお勧めと言ってる人もいるがあまりコレクターが増えない感じが。

古代金貨も面白そうだがやっぱりもう少し新しい年代がいい。

ローマ時代の金貨はありだと思うが何せ当時は手作業でトンカン作った物なので超器用な人なら金地金買ってきて模造品を作れそうな精度で怖い。

絵画など美術品の贋作に比べて模造が簡単だろう。

モハール金貨は現金購入だと2パー安くしてくれるという事でカード払いではなく現金にした。

でも現金調達に苦労した。

ネット銀行のキャッシュカードは制限をかけてありこれだけの金額を下ろせないので大手のATMを探したがこの辺り少ない。

諦めてコンビニATMで下ろした。

誰が購入を見てるかわからないので金貨を受け取りそそくさと家路につく。

そして家でじっくり金貨を眺めているとブースで見たときより摩耗が少なく綺麗に見える。

古銭商のいう通りもう一段上にグレーディングされてもいいかも🤔

なんてテキトー

これが初アンティーク金貨だが今後もインドや東南アジアでGDPが急上昇しそうな国の金貨を狙って年金生活に入る前にはゴールドと同じくらい購入しておきたい。

アンティークコインの取引の本拠地のアメリカ金貨も押さえたい。

リバティヘッドを買いやすい価格帯で探そうかな。

取引も需要もアメリカがぶっちぎりなので希少性が高ければ価格も跳ね上がる。

歴史が浅いアメリカは自国の骨董品が少ないのでとんでもない値段をつける傾向がある。

既にかなり高くない?というのが難点だ。

今回買ったモハール金貨のライオン柄も見つかれば欲しい。

できれば対でコレクションしたい。

但しこちらは状態によるが80万円〜みたいに手が届きにくい価格帯になっている。

今回はあまり難しく考えず1枚目を買った。

この1枚に踏み出すのがアンティーク金貨に興味を持ち続けるために必要だと考えている。

今後は一気に集めずに調べながら少しずつ増やしていこうと考えている。

名古屋コインショーが定期的になればその都度1枚買うくらいでも十分かな。

モダンコインには手を出さずあくまでアンティークだけにする。

世界がこのままインフレ方向であれば普通に上昇し続けるはずだが世界デフレに弱そうなコイン投資は保有しても資産の10%以下いや5%か3%くらいがいいのではないかと。

あとアメリカが主要取引市場なのでドル安もアンティーク金貨が下がるリスクになりそうだと先程のオークションプライスから気がついた。

そしてアメリカでデフレが起きても下落要因になる。

世界で金余りが続き銀行の金利が上がらず新しい投資先が見当たらない情勢でインフレ基調であれば特定のアンティーク金貨は上がっていくのだろう。

金貨で色々ググっているとアンティークコインのYoutube動画に誘導されて今後上がるしかない!みたいな煽り動画を観せられることになるが投資に絶対はないし実際に今回買ったモハール金貨のオークション価格は下がっている。

アンティークコインが値上がりし続けているチャートを持ち出して確実に儲かりそうだよ?と煽るサイトもあるけれど世界的にインフレが続けば株やファンドだって大抵の価格は上がり続ける。(日本がちょっと特殊なだけ)

株だって倒産する会社もあるし業績低迷の会社もある。

牽引しているのはGAFAのような業績のいい企業。

コインも同じで先程のウナとライオンみたいな一部の人気化したレアコインが価格上昇を牽引している。

だから当たり外れはあるわけだ。

とにかく投資は自己責任で。

実はこの金貨を買う前はモダンコインどころかメープルリーフ金貨みたいな地金型金貨とアンティーク金貨の違いすらよくわからないド素人でグレーティングすら硬貨の型番?程度に思っていた。

ターゲットにしてたモハール金貨もこれから伸びるのはインドや!ということで「インド 金貨」で調べて見つけてビクトリア女王の肖像だしこれでいいかという浅はかな考えだ。

MS60以上がいいと思ったのもその場でググってAU55がグレーティングを示していると分かり他の金貨でも評価が高いのはMS以上じゃないか?と上位グレーディングがいいと考えた。

だからコインショーを回って購入しようか悩んでる間にスマホでググって調べたにわか知識なのでコインに関する質問は受けられません😊


おすすめ記事

ためになる記事だと思ったらシェアおねげえします

フォローする