強火でエバークックのフライパンの寿命

1年以上使ってきたエバークックのフライパンそろそろ使い勝手が悪くなってきた。

主に取手の反対の端側のコーティング剥げて焦げついている。

端で焼かなければ炒め物などどうということもなく洗う時だけ面倒だったので買い替えはアマゾンプライムデーギリギリまで粘って安くなったところを狙っていた。

そしてようやくプライムデーがやってきた。

ここ数回のアマゾンセールだと1800円前後ま下がっていた。

しかし今回は渋ちんで2500円だった。

仕方がないので前日に入手した中小企業クーポン使って購入した。

さて主題の焦げついたエバークックフライパン寿命はどれくらいだったか?

エバークックは通常モデルとエバークックαという上位モデルがあり前者が1年保証で後者が2年保証になっている。

使っていたのは通常モデルで仕様上は1年持つといわれている。

但し条件があり使っていいのは中火までだ。

はっきり言って中火だけで調理していたらいつまで経っても焼けない。

だから使用条件無視で強火をガンガン多用していた。

よくガスコンロの温度センサーが高温焼き付きを感知して勝手にトロ火に下げるので火を付け直して強火で焼いていた。

温度センサーカットボタンもあるけど何故か使っても火が消えるから。

ニトリの一番安いフッ素コーティングのフライパンを4カ月でコーティングを剥がし5〜6ヶ月で捨てている人間が同様に調理した結果として、

1年弱でコーティングが端から剥がれ始めたが1年2ヶ月まではこびりつくこともなく使えていた。

そしてこびりつきが起き始めて1年4ヶ月で交換に至った。

あくまで強火で使った耐久性だ。

他のブロガーの方のように中火に制限して優しく洗ってメンテナンスしてあげれば数年とか長持ちしそうだが、強火で調理して終わったらたわしでゴシゴシ洗えないとフライパンではない。

使用頻度も料理の量も空焚きの時間も家庭によって違うので一概にいえないがニトリの最安フッ素フライパンを4ヶ月で剥がし始める人なら同じくらい使えるのではないかと思う。

エバークック28cmの通常価格が約3千円。

ニトリの最安フッ素フライパンが800円くらい、

なのでコスパだけ考えたら剥げたら交換でニトリで買い替えた方がいい。

でも4〜6ヶ月の頻度で買いに行くのは面倒なのでエバークックを買い直した。

購入時にサイズを間違えてしまったようで、

28cmではなく26cmを買ってしまった。

でも蓋は同じサイズがのるのでどちらでもいい。

またこれで強火で攻めて1年以上使うぞ(^^)

しかしメーカーが想定していない使い方なので強火で使って短命に終わっても自己責任でお願いします。


おすすめ記事

ためになる記事だと思ったらシェアおねげえします

フォローする