日本側も移住しちゃおう(札幌)

スポンサーリンク

親が癌になった今こそ移住計画を再度検討しておこう。80歳超えているし長く生きても2年だろうし、反対に安定してしまえば90迄は行ける家系なので、癌対応の老人ホームに入って貰えばそれ程長く対応の必要はないと考えている。 進行が早ければ病院で終末期を迎えるのでそれなりに対応が必要で移住計画を忘れそうなので今考えておく方がいい。

以前、半移住で年の4〜5か月程度タイのバンコクで生活することに決めたが、

タイ移住の検討 – 退職しよう

日本側も別に現在住んでいる土地である必要はないので、夏涼しい北海道あたりでもいいかと考えている。夏は涼しい北海道で美味しいものを食べて、冬はタイであったかい季節を辛いものを食べて過ごす。タイの夏は雨季のようなのでこれがベストではないだろうか。なんて幸せな老後だろう。ただし北海道の国民保険は結構高い。

あなたの年齢と年収からお住まいの市区町村の国民健康保険料を自動計算します。

ここで調べてみると、収入なしだとどの市でもさほど国民保険の支払額は変わらないのだが、65歳を超えると年金生活になり、収入が入った途端市によって保険料は大きく変わる。年金が年180万で今の地域と北海道札幌市の保険料を比較すると今が5600円に対して札幌市が8000円である。年間で3万円ほど違うのは少し気になるが札幌市移住を否定する材料にまではならないか。

更に気になるのは札幌からバンコクまでの航空運賃。年に最低1往復、場合によっては年に2〜3往復するので大きく違うとバカにならない。今住んでいる地域の飛行場からだとLCCで片道32000円で千歳空港からだと38000円が相場のようだ。往復で1万程度違うがこれもなんとか許容範囲だろう。

次に北海道の住処だがどこでもいいというわけにはいかない。といっても観光でしか行った事がないからどこがいいのかさっぱりわからない。ショッピングモールがそれなりにあれば日がな一日過ごしても空調はいいだろうしものを買うにも便利なので、札幌駅近くてモールがいくつかあって治安もさほど悪くないエリアで探してみると地下鉄東西線の西側がよさげで琴似駅から札幌駅の間で見つけるのがいい。このエリアなら病院も揃っている。

中古マンションか賃貸かで悩んだ場合、投資した場合の利回りがどの程度になるかで決める。

もちろん利回りが出る物件なら買っておいていらなくなったら貸すか、売っても投資物件になるなら高値で売却できるからだ。

このエリアでワンルームや1DKで30㎡の賃貸相場は2万〜3万。その中古マンションはといえば、ほぼ売っていない。あまり北海道に単身赴任なんて聞かないので需要が少ないのかな。

安めのマンションを探すと占有面積40㎡〜70㎡あたりからで1977〜1982年の40年物が400〜600万の価格帯。マンション寿命60年としてあと20年では少し足りないので、1990年以降で探すと600〜700万の価格帯。50㎡〜70㎡の家賃相場が5〜7万といったところ。貸して利回り約10%。一見よさげだが、北海道の空室率は高く利回りも高めに設定してあると聞いた事があるのでこの相場ではイマイチ。

札幌市内で引っ越すことも考えてとりあえず3万の家賃の1DKに住んだ方がよさそうだ。いい物件が見つかったら買うのもあり。そして今の家を貸しに出せば固定資産税や積立金など差し引いてもほぼ空室なしで8万は入るので5万は生活費に回せる。今のところに住んでいれば積立金と管理費もかかりこれをたなこさんに払ってもらえれば負担が下がる。札幌で8万の家賃でもいいが、年食って荷物が増えて引っ越しするのも大変だし、今は3部屋あるといっても一部屋は倉庫でもう一部屋はほぼ使っていない状態なのでもったいない。築20年なので自分が死ぬまでは不労所得を生んでくれそうだ。

光熱費は暖房費が本州の数倍かかるイメージだが冬春はタイにいるので夏秋なら逆に冷房費が少なく安いのではないだろうか。とりあえず移住計画こんなところ。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする