年末なので今年の貯蓄額を算出したら思わぬ結果になった

スポンサーリンク

実はいくら貯蓄しているのかざっくりとしか把握していない。

ボーナス200万に給与10万でアパート経営が税金分赤字で合計300万だろうと大雑把に考えていた。

アパート経営のキャピタルゲインはそれなりに成果が出てインカムゲインの損失を補って余りあったが、借り上げしていた会社が計画倒産したので家賃収入のインカムゲインが散々でここ5、6年は貯蓄額を正確に把握したくなかったから。

管理会社のミニミニの搾取も年々色々理由つけて厳しくなっていくので尚更だった。

おそらく把握すればするほど不愉快になっていく。

投資家として失格だがそのおかげで10年間売らずに保有してそれなりの収益になったので結果オーライ。

来年こそは退職するのでこの機会に今年の貯蓄額を1円の単位まで決算してみよう。

細かい収支をつけているわけでないので方法は複数ある口座の通帳の1月時点の残高を確認して現時点の残高から引けば貯蓄額が出る。

しかし今年はアパート売却益もある。

買値から減価償却を引いた価格以下で売却したので税制上は売却益はゼロだが収入であることに変わりない。

この売却収入は除外して計算した。

推定では今年は車を買い換えて追金に75万使っているので300万ー75万で225万の貯蓄のはず。

メインバンクとサブバンクがありサブバンクはわかりやすく月10万円の貯蓄。

メインバンクにボーナスと残りの給与を振り込んでおり生活費も引いた残りが貯蓄なので分かりにくい。

12月給与前の残高から1月の残高を引きアパート売却分を引いて120万円を足してみると結果は、、、

4,414,279円

だった。

あれ?

想定より200万以上多い。

それに車替えていなければ500万貯蓄していたことになる。

いくらなんでもおかしいので通帳記載の支出を月ごとに足してみた。


今更すごいことがわかる。

今年の生活費は車代除き300万届いてない。

441万貯蓄、75万車、296万生活費なので合計812万円

ほぼ手取り額なのでこれで収支が合う。

12月は少し節約していたがそれ以外は特に質素だったとは思わなかった。

だから辞めても今年のような生活レベル続ければいい。

これなら東アジア半移住以外にも選択肢が広がりそうだ。
心強い証明。
車以外にも洗濯機も買っているし親にiPad買ったり第一生命老齢年金保険に2万貯めているのも含んでいるし12月に週1通っていたマッサージもやめたので実態は更に少ない。

300万から40万は引ける。

あと管理職としてのおごりや会社がケチで出さないため社員への報奨金もポケットマネーだったので実質生活費は250万程。

退職後の予定支出は月21万なのでぴったり。

今年は特に社食が多く食費がかかっていないので月2-3万は追加でかかりそうだがどこかで車をやめればトントン。

一方、あと1000万あれば希望退職なしでも辞められる計算なので年間500万預金ができそうと分かったので最悪2年勤めればいい。

これはかなり気楽になった。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする