次は田中貴金属でプラチナのインゴット100g購入してみた

スポンサーリンク

ゴールドショップ三菱で金のインゴット買ったので年内にもう一個追加しようと思ったが先にプラチナも買ってみようと田中貴金属に行ってみた。
買うのは金と同じく100gのインゴット。

目的はもちろん退職後の資産形成。

ポートフォリオのひとつ。

安っぽい普段着で行ったせいか対応がよくない。

宝飾コーナーで待機していた店員にインゴットがほしいといったらほぼ無言で取引コーナーに通された。

三菱と違いちょっとかんじわるー

取引コーナーでは店長っぽい人に内容を聞かれてまた銀行のローン相談窓口のようなところで取引となる。

40万の札を渡してインゴットに替えてもらう。

こちらは免許証不要だった。

三菱と違いプラチナのビニールケースは密封されておらず、店員がおもむろに手袋をして取り出した。

何をするかと見ていると計測器に乗せて重さを計った。

100.03gあり、「100g以上あります」と重さを確認してくれた。

これは三菱にはなかった。

三菱の場合はビニールに密閉されていたので取り出すことができない。

それに天下の三菱(グループの恥の三菱自動車じゃないよ)だから大丈夫という安心感があるので個人的には密閉されていた方がいい。

明細を見て手数料なんて同じだと思っていたら16200円だ。

高い!

三菱と同じように5400円程度だと思ってた。

まあ調べていかなかった自分が悪い。

コインかインゴット買ってたのはおばさんばっかりだったのでここで買うのは手数料気にしない金持ちか情弱のどちらかだろう。

自分は後者の情弱だな(笑

2016/12/29の1gの小売価格は3775円。

そこに手数料を乗せて100gインゴットで393700円也。

売値は3635円から手数料の16200円を差し引いて347300円。

差額46400円。

買った時点で10パー以上溶けてる。

ダメだこれは……

金の5パーなら許容範囲だがさすがに10パーはない。

日本マテリアルなら38万で買えたようだしタクシー走らせていってもまだ安かった。

宝飾屋さんでインゴット買うのは間違いだった、やっぱここは宝飾買うとこだ。

愚痴はさておき自宅で開封。

封筒は宝飾っぽい。

出してみる。

逆さだった。
面倒なので取り直しはいいだろう。

今回は雑だ(笑

表面にはTANAKA TOKYO MELTERSの丸いマーク、PLATINUM、99.95、100g、バーナンバー(マスク済み)の刻印がわかる。

ステンレスのような色なので持ってみると金より更に重く感じる。

そして紙切れがついている

購入計算書と書いてある。
三菱は小売取引確認書だった。

これは売却時に利益が出たか証明するためのもので、紛失すると損していても5%を利益とみなされて税金取られるので大切な書類。

盗難された場合を考えてこの紙と現物は別々に保管してくださいと店員に言われたが盗難されて戻ってくる可能性なんてあるんだろうか。

先日買った金のインゴットと並べてみた。

三菱のはぷっくりしてて小さめ。

田中貴金属のはフラットで大きめ。

日本マテリアルも同じフラットのようだった。

保管にはフラットの方がいいかも。

そういえば少し前にプラチナガンダム売ってたな。


出典 ITmediaニュース

1.4kgで2900万ということはグラム2万円。

作ったのは田中貴金属。


純金バージョンは去年出てた。

実はこれの純銀バージョン出た時に本気で買うの悩んでた(笑

手数料込で売値がもし40万を超えてきたらプラチナはチャッチャと売っちゃおう。

GANZとか進撃とかリアル鬼ごっこに出演してる本郷奏多がすごい勢いでテレビでプラチナ薦めてたの観て引いたが(大丈夫か?この子すら思った)手数料低いところならありかと思う。

もちろん投資は自己責任で。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする