肝臓の数値が・・・

スポンサーリンク

持病のLOH症候群のため毎月病院に通い半年に一度健康診断より細かい血液検査をしているおかげで体の状態を完璧ではないにしてもある程度把握できている。

病院に5年間の情報があるので簡単にグラフ化できる。

肝臓

青字がγGTPで赤字がGPTになっている。

元々肝臓の値が高めで推移しており気にしていたのだがここに来てγGTPが危険水位まで上がってきた。

GPTも完全に閾値の30を大幅に超えているものの安定しているのでそれほど気にはしていない。

以前記事にしたとおり若干高いのは高脂血症の薬のスタチン系のリピトールの副作用だと考えている。

昨年後半に念のため肝炎ウイルスの検査をして陰性の判定を貰っているので一安心していたがこの上昇は異常だ。

もちろん酒飲みなら酒をやめればいいのだが昔は無茶苦茶飲んでいたものの今は基本週4日以上休肝日を設けており連日飲む事はない。

12月は比較的飲む日数が多かったとはいえ検査したのは月曜日でその前の土日は全く飲んでいない。

アルコールの影響は考え辛い。

親が転移性肺癌からの肝臓癌になっておりγGTPが一年高いのを放置していたため手遅れだったのが気になってしまう。

肝炎ウィルスは検査の結果否定できるので癌以外に考えられるのはこんなところ。

  • 薬剤性

        年末風邪を引いて抗生物質飲んでいた影響

  • 肝硬変、脂肪肝の悪化

        スタチン系の薬剤影響ではないとするとこちらの可能性が高い

  • サプリの飲み過ぎ

         それほど飲んでいないのだがビタミンBやビタミンCは肝臓に負担をかけている気がする。

  • 胆管結石などの肝臓病

          そこまで値はひどくない。

  • 肝臓の弱り

胆管結石以外の全てが影響していそうだがこの頃は風邪も治っており体調もそれほど悪くなかった。

サプリもかれこれ10年近く同じものを飲んでいるしスタチンも同じ期間飲んでいるので急激に上昇する原因とは考えにくい。

思い出してみると2016年11月に深酒をした時に翌日右肩が痛くなったことがあった。

ググってみると肝臓が弱っていると知り気にしていた。

肝臓は沈黙の臓器。

なんだか嫌な感じがするので来月再度血液検査をしてγGTPが下がっていないようだったら通っている病院でCTを撮ることを医師にお願いした。

みなさんも肝臓の値が悪いのをそのまま放置だけはしないようにしてください。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする