イオシスでタブレット購入

スポンサーリンク

9月に東京に所用があり前乗りで一泊した。

今回の高速バスは4列シートで名古屋駅から東京駅直行便。

予約時には隣ありで厳しそうだったが席を移る人が少なくぎりぎり1人で2席使えた。

平日でも朝の東京駅行きはそこそこ混んでいる。

5時間のバス旅行。

前日は適当に秋葉原で中古スマホかタブレットを探して新宿でフラフラしよう。

PA2回休憩して予定通り5時間で到着。

4列シートで満席だと5時間の旅はかなりきつい。

トイレ付にしているが使ったことないし次からは3席独立シートのトイレなしの方がよさそうだ。

東京駅から秋葉原に移動し早速スマホとタブレットを物色した。

iPhone6s plusかGALAXY S7の4万円以下の安いのか最新の8インチタブレットdtabの最新を未使用2万円以下で探す。

iPhoneは相場が1万円以上違っていたので手が出ない。

Galaxyは物がないので相場すらよく分からない。

S8の未使用は在庫が多いのだがどこのお店に行ってもS7は1つ、2つしかなくS6が4万円近いのでこちらも諦めた。

中古スマホを色々見ていて悲しかったのは未だメインで活躍中のAcend Mate7が1万円台前半で売られていたこと。

来年には新しいスマホに変えないとまずいかなぁ。

8インチタブレットのdtab d-01Jはイオシスで2.2万円で売っている事を調べてあったので店舗に行ってみると普通の未使用品の他にネットワーク制限有りの未使用品がなんと1.78万円で売っていた。

このタブレットはベンチマークantutuで8万近いので手持ちのiPad mini4とスペックで遜色がない。

スマホでいえばHuawei Honor 8と同じKirin950を使っている。

但しROM16Gなのでアプリを大量にインストールするのは厳しい。

でもアップル製品と違いMicroSD挿せるので大量データを扱うのは問題はない。

iPad mini4はどうせブラウザしか使わないだろうと16GのROM版を買ったのだが容量不足だしデータのやり取りでいちいちiTune使うのも面倒。

それにマイクロソフトオフィスも同梱されているのでキーボードとマウスつなげば大抵のことが出来てしまう。

もし使い勝手が良ければ以前購入したChromebookを売却すればさらに安く買えたことになる。

現役のiPad2台あるのに今更Androidタブレットを買うのは家に眠っているサターンやPS1のゲームを海外旅行の旅客機の中で遊ぶのが主な目的。

HuaweiのAsend Mate7にゲームのエミュレータをインストールしてサターンやPS1のソフトCDから吸い上げてisoファイルにして遊べるようにしてあるが老眼で6インチじゃ30分も遊ぶと目が痛くなる。

iPadは脱獄でもしない限りエミュレータがインストール出来ないのでOSはAndroidに限られる。

だから8インチのAndroidタブレットとなる。

これがあれば7、8時間ネットワークがない環境でも暇を潰せる。

最近のまともなスマホゲームはネットワーク接続が前提になっているので気軽にフライト中に遊べないのだ。

一方PS1やサターンの頃はソフト1本の販売規模が大きくハードは今ほどでなくても開発費は今以上に潤沢にあったはずなので名作が揃っている。

手持ちのYu-noやeve burst errorなどをisoファイルにして海外旅行専用ゲームにすればいい。

dtab d-01Jのもう一つのメリットとしてGPS受信機を内蔵していること。

旅行にGPSの無いタブレットを使うのは厳しい。

iPad mini4もSIMが使えるセルラー版を買えばGPSがあるのだが手持ちのWiFi版には入っていない。

もちろんマップを見ればWiFiとSIMのデータ通信で位置情報を取得できるが僻地であればあるほどいい加減になるので衛星のGPS信号を受信できた方がいい。

dtab d-01JもセルラーモデルなのでGPSが付いてて当然なのだがベースとなっているHuawei Mediapad M3のWiFi版にさえGPSが付いている大盤振る舞い。

ちなみにベースになっているMediapad M3のLTE(セルラーモデル)は3.4万円で販売されている。

違いは主にOSとROM32G→16G、RAM4G→3Gとdtabの方がダウングレードされている。

mediapadでも充分安いのがdtabのネットワーク制限品だと1.78万円で買える。

2K液晶でantutu8万弱がこの価格帯で買えるなんて驚き。

以前この価格帯だとONDA、Chuwi、teclastなど日本に馴染みのない怪しい中華タブしか買えなかったが今は中華でもスマホ世界シェア3位のメーカーのタブレットが買えてしまう。

いい時代になったものだ。

前置きはダラダラ長かったが店内で見つけて10秒で即決購入した。

そして秋葉原のサイゼリヤに持ち込み動作確認を行った。

未使用品とはいえ初期不良があるかもしれない。

1ヶ月のショップ保証が付いているもののタブレットの調子が悪くてまた東京出張とはいかない。

不具合があれば直ぐにショップに行ける場所で確認した方がいい。

箱を開けると保証書も来年の8月末まであるので最悪ドコモショップで直して貰えばよさそうだ。

1時間ほど使ってみたがひとことで使用感はiPad mini4に及ばないもののChromeがヌルヌルで2万円タブレットとしては優等生な仕上がりだ。

スピーカーにもこだわりがあるようでiPad mini4と比べてみると若干低音は弱いものの縦に2個配置されているので広がりはiPadより上だ。

暇があればいつかレビューしてみよう。

約10年ぶりの秋葉原だったが他にうろつく理由もないのでサイゼリヤで夕方まで過ごしてホテルに荷物を置いて新宿の街に消えることにした。

東京はちょこちょこ移動しても運賃が安くていい。

住居さえ何とかなるなら東京移住もありだけど地方の賃料と比べ物にならんか。

追記

後日dtabにブルートゥースキーボードとマウスをつないでブログ更新に使えないかと試してみたところソフトウェアキーボードが消えないので画面が狭くて使えない。

他のandroidスマホやタブレットでは物理キーボードをつなぐとソフトウェアキーボードは必ず消える。

いまどきこんな不具合はありえないがファーウェイはこれが仕様らしい。

やっぱりスマホメーカーとして生まれた会社なのでパソコンみたいな使い方を想定していないのかもしれない。

同じような問題で悩んでいる人がおりキーボードレイアウトから高さを1番低くして使っているようだ。

あとChromebookを売りにいったら上限5000円といわれて凹んでしまった。

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする