5回目の雇用保険受給認定

今回の雇用保険認定の時刻は9:00〜9:30だった。

そして次回が9:30~10:00なので偶然ではなく認定時間を9時と9時30分開始を交互にしている。

何の理由があって毎回時間を変えるのか分からないが同じ時間の方が忘れにくいんだけど。

8:40分頃に到着して認定の申請をした。

今回はセミナーの予約のための職業相談とセミナーを2回受講する予定だった。

しかし高熱が出たため2回目のセミナーは電話で連絡してキャンセルした。

従ってセミナーの予約のための職業相談と1回分のセミナーが求職活動としてカウントされて無事認定された。

ハローワークによってルールが異なるかもしれないがセミナーを受講される場合、職業相談で予約を行い雇用保険受給資格者証にゴム印を押してくれるところであれば「セミナーの予約だけで1回の求職活動としてカウントされる」ので楽でいい。

これで5回の認定が終わった。

支給残日数が22日となり次回で雇用保険支給が終了となる。

今回の認定日と最終回の認定日の間を縫って長期旅行をする。

次回の求職活動のためにと受付横にある1月のセミナーの日程を見て困惑した。

なんとセミナーが旅行中に集中しており受講できそうなのが旅行前日のみだ。

職業訓練説明会の予定を見たがこちらも旅行中のみの日程しかない。

仕方がないので帰国後にでも職業相談を2回するかと考えていた。

そして嫌な疑問が浮かんできた。

残日数が22日なのでそれまでに求職活動をしないとまずいのではないか?ということ。

旅行から帰国して土日を挟むので実質2日しか猶予がない。

そして帰国翌日は動けないだろうし翌々日と最終日は予定が入っている。

これはやばいと取り急ぎ職業相談にて旅行前日に予定されている2時間のセミナーの予約をした。

もちろんセミナーを受ければ条件クリアだ。

ただ旅行前に2時間もセミナーなんて受けたくない。

ハローワークに来る人は精神的にも弱っているので風邪をひいている確率が高そうだ。(個人的な憶測)

自分自身免疫力が低下しているのかすぐ風邪をひくようになった。

それに朝のニュースで流れていたが今まさに複数の型のインフルエンザが流行っているようだ。

ハローワークで認定を待っていたらインフルエンザで認定日に行けず治ってから来たようでその証明に関する相談をしているおばさんがいた。

インフルにかかった証明として病院の領収書を持ってきたようだが、認定日が通院の数日後だったので当日インフルにかかっていた証明にはならないらしい。

相談の末、認定日まで薬を処方されていたことを証明するため処方箋(薬の袋)を家で探して持ってくるか病院で再発行してもらうことで決着していた。

認定日来なかった(&おそらく当日連絡していない)人にはルールが厳しいようだ。

あれ?何の話だったか、、そうそうハローワークにインフルにかかった人も来るくらいなので2時間のセミナーなんか受けたら風邪かインフルエンザに感染する確率が高まるじゃないか。

旅行前は家の中で安静にしていないと。

去年は9月以降全ての旅行前に風邪をひいたので今回こそは元気に行きたい。

そこで問題になるのが残日数22日以降の求職活動がカウントされるかだ。

セミナー予約時に職業相談の担当者に聞いたところ分からないので受給受付で聞いてくれといわれたので再度認定の申請をした受給窓口に並んだ。

ちょうど9時から認定を受ける人でごった返していたので列で待つこと3分。

さすが本職で明瞭且つ簡単に教えてくれた。

「残日数が何日であろうが認定日前日までの求職活動をカウントできる」ということだった。

考えてみれば当たり前か。

もしアルバイトなどで給付日数がずれ込んで残日数が1日しかないとルール上1日で2回の求職活動はカウントできないので1日残の人は受給できない事になる。

だから残日数が何日であろうが次回認定日前日までの求職活動を認めるわけだ。

旅行から帰っても1週間ほど猶予があるので何とかなるだろうということで旅行前日のセミナーは当日風邪とかでキャンセルすることにした。

セミナーを全てキャンセルした場合に予約で職業相談にて押してもらったゴム印が無効になるのかはよく分からないので、帰国後2回職業相談に行けばいいや。

もしくは2月は全く予定がないので求職活動の条件クリアできずで2月のセミナーを受けてもいいか。

最終回

関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする